Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】上沢直之に完封負け。千賀滉大がアルシア、レアードに初回に連続ホームランで勝負は決まってしまう。【プロ野球試合結果(対日本ハムファイターズ10回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

スポンサーリンク

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1
4 0 0 0 0 0 1 0 × 5 7 0

勝 : 上沢直之(7勝2敗0S)

負 : 千賀滉大(5勝3敗0S)

【本塁打】

ソ :

日 : アルシア 5号(1回裏3ラン)、レアード 14号(1回裏ソロ)

【投手陣】

ソ : 千賀(6回)、岡本(2回)

日 : 上沢(9回)

【戦評】

1回裏にファイターズは二死一、二塁からアルシア選手のスリーランホームラン、二死走者なしからレアード選手のソロホームランで4点を先制する。7回裏にファイターズは二死一、三塁から大田選手のタイムリーヒットで1点を追加する。ホークスは上沢投手に2安打に抑えられ今季2度目の完封負けを喫した。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

千賀投手は期待外れでしたね。

今シーズンの千賀投手は

いい時と悪い時の差が激しいです。

それじゃ困るんですよね。

立場的には先発一番手として

投げてもらわないと困る投手ですから

この内容じゃお話になりません。

今日の千賀投手は制球が悪かったですが

初回はかなり助けてもらっただけに

あの4失点はいただけません。

ストレートで簡単にカウントを取るだけでなく

カーブやスライダーなども

もっと駆使してほしかったです。

最近はピッチングが単調すぎるので

もっと工夫して投げてほしいですね。

岡本投手も失点は余計でしたね。

立場上のことを考えたら

たとえ4点ビハインドの場面でも

失点はしてはいけません。

これではいつまで経っても

敗戦処理としてしか投げれないので、

無失点で抑えることを心がけてほしいですね。

野手陣

打線に関しては上沢投手が良すぎたし

初回に4失点した段階で厳しいので

切り替えて明日は打ってほしいですね。

ただ、中村選手の打撃については

個人的には気になります。

今シーズンはここまでホームラン7本と

長打力も出てきています。

しかし、元々そういう打者ではないのに

それに味をしめて引っ張りな傾向なのが

非常に気になります。

中村選手といえばセンターからレフトへの

コンパクトなバッティングです。

引っ張ってほしい場面や

長打狙いな場面はありますけど、

基本的にはセンターからレフトの方向を

心がけてほしいですね。

このままではどんどん打率が下がりますから。

あとは甲斐捕手のリードですね。

初回のリードは疑問しかありません。

千賀投手が調子悪いからって

立ち上がりにストレートばかりでは

そりゃあ打たれますよ。

2回以降みたいに変化球を織り交ぜるのを

なぜ初回に出来なかったんですかね?

相手が上沢投手である以上は

初回に大量失点だけはしてはいけませんし、

それがない配球をしないといけません。

もっとちゃんとリードしてほしいですね。

今年の甲斐捕手のリードは

何度も疑問に感じますから。

もっとちゃんとした配球をして

リードを心がけてほしいですね。

明日(6月27日)の予告先発

水曜日は那覇で18時30分から

ファイターズとの11回戦が

予定されています。

ホークスは攝津正投手

ファイターズは上原健太投手が予告先発です。

結局は武田投手が中継ぎで

攝津投手がオールスターまでは

先発で投げることになりました。

スワローズ戦こそ炎上しましたけど、

ここまで2勝1敗と上々の成績です。

6回くらいまでだったら

クオリティースタートくらいは

期待できる投球内容です。

粘り強く投げることはできるし

ベテランらしく投球術はある投手なので

それを明日も発揮してほしいですね。

攝津投手という人物については

下記記事を参照してください。

相手の予告先発は上原投手です。

上原投手とはあまり対戦してないですが

今シーズンは中継ぎで一度対戦していて

得点を挙げています。

昨年も結構打っているので

嫌なイメージはないです。

ただ、今シーズンは課題の制球が

だいぶ良くなってきています。

タイプとしては技巧派タイプの投手ですし

今シーズンはチェンジアップがいいので、

それが決まってくると厄介ですね。

ここまでは四球を出して崩れることが

多い投手ではあったので、

粘って四球も絡めながら

甘いボールを仕留めたいですね。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。