Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】攝津正が6回無失点も森唯斗が試合をぶち壊して痛いサヨナラ負けで2連敗。【プロ野球試合結果(対日本ハムファイターズ11回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

スポンサーリンク

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 1 0 0 0 0 1 0 2 8 0
0 0 0 0 0 0 0 0 3 7 0

勝 : 石川直也(1勝2敗5S)

負 : 森唯斗(0勝3敗16S)

【本塁打】

ソ :

日 : アルシア 6号(9回裏ソロ)

【投手陣】

ソ : 上原(5回)、井口(2回)、鍵谷(1回)、石川(1回)

日 : 攝津(6回)、モイネロ(1回)、加治屋(1回)、森(2/3回)

【戦評】

3回表にホークスは一死一、三塁から中村選手の犠牲フライで1点を先制する。8回表にホークスは二死二塁からデスパイネ選手のタイムリーヒットで1点を追加する。9回裏にファイターズは一死走者なしからアルシア選手のソロホームラン、二死一、二塁で田中賢介選手のタイムリーヒット、二死満塁から大田選手が押し出し四球を選んで3点を奪ってサヨナラ勝ちを収めた。ホークスは森投手が試合をぶち壊した。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

攝津投手は完璧でしたね。

四球はありましたけど

制球が全盛期並みでしたね。

本当に勝ちをつけられなかったのが

申し訳ないレベルです。

今年は本当に調子がいいので

このまま先発ローテの一員として

頑張ってほしいですね。

モイネロ投手は

三者凡退でナイスピッチングでした。

加治屋投手もピンチの場面ありましたが

三振を奪えるのは素晴らしいですね。

本当に抑えをやってほしいくらい

いいボールを投げています。

このピッチングを継続してほしいですね。

そして、森投手。

今日はさすがに擁護できませんね。

今までよく頑張ってましたけど、

それは全て帳消しになるレベルでした。

明らかに制球が悪くてボールが甘いです。

勤続疲労もあるでしょうから

一度2軍で再調整も本気で考えるべきです。

抑えれば何も言わないし

打たれるなら実力不足ですけど、

最後の連続四球はないですよ。

代えない監督も悪いですけど、

あんな姿は見たくなかったです。

しばらくは森投手に関しては

しっかりピッチングを見直してもらって

制球もちゃんとできるようにしてほしいですね。

しかし、やはり空振りが取れない投手が

クローザーを務めるというのは

厳しいですね。

野手陣

打線に関しては2点しか取れてませんが

今日はとやかく言いません。

次回はもっと得点を挙げて

投手陣を楽にしてほしいですね。

明後日(6月29日)の予想先発

金曜日はヤフオクドームで18時から

マリーンズとの8回戦が

予定されています。

ホークスは石川柊太投手

マリーンズは涌井秀章投手が予想先発です。

※違う場合もありますが、ご了承ください。

石川投手はここ最近勝ててないですが

前回は7回3失点と試合は作りました。

ただ、失点の仕方が悪いです。

ホームランや連打で一気に失点するので

どうしても試合の流れが悪いです。

基本的にテンポがいい投手なので

それが単調になってしまわないように

自分のペースで投げてほしいですね。

相手の予想先発は涌井投手です。

涌井投手は状態は悪いですが

それでも嫌な相手ではあります。

粘り強い投手なので

チャンスを作った時には確実にモノにして

涌井投手のペースにならないように

していきたいですね。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。