Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】内竜也から上林誠知の逆転タイムリーで全てを救う大きすぎるサヨナラ勝ち!【プロ野球試合結果(対千葉ロッテマリーンズ8回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

スポンサーリンク

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 3 1 0 0 1 0 0 5 10 0
2 0 0 0 0 0 0 1 6 10 0

勝 : 嘉弥真新也(2勝1敗0S)

負 : 内竜也(1勝3敗17S)

【本塁打】

ロ : 井上 11号(7回表ソロ)

ソ : 柳田 18号(1回裏2ラン)、上林 11号(8回裏ソロ)

【投手陣】

ロ : 涌井(7回)、益田(2/3回)、松永(1/3回)、内(2/3回)

ソ : 中田(3 1/3回)、岡本(2/3回)、武田(3回)、寺原(1回)、二保(2/3回)、嘉弥真(1/3回)

【戦評】

1回裏にホークスは二死二塁から柳田選手の2ランホームランで2点を先制する。3回表にマリーンズは一死一、二塁から荻野選手のタイムリーツーベースヒット、一死二、三塁から藤岡選手の2点タイムリーヒットで3点を奪って逆転する。4回表にマリーンズは一死二、三塁から荻野選手の犠牲フライで1点を追加する。7回表にマリーンズは二死走者なしから井上選手のソロホームランで1点を追加する。8回裏にホークスは一死走者なしから上林選手のソロホームランで1点を返す。9回裏にホークスは二死一、二塁から長谷川選手のタイムリーヒット、二死一、三塁から上林選手の逆転サヨナラ2点タイムリースリーベースで一挙3点を奪って劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

中田投手は一度登板を飛ばして

あんだけ調整期間があったのに

何をしていたんですかね?

通算100勝から2回足踏みですけど

前回のカープ戦といい内容が悪すぎです。

結局制球が悪いんですよね。

四球だけじゃなくて

甘いボールを投げすぎです。

マリーンズ打線は淡白な時もありますが、

繋がるととことん繋がるので

もっと慎重に投げてほしかったです。

他に先発はいないので

もっとしっかりしてくれないと困ります。

通算100勝なんて

とっとと達成してもらわないと困るので、

次回はしっかりしてほしいですね。

岡本投手は犠牲フライは許しましたが

最低限の仕事はしましたね。

次回登板も頑張ってほしいですね。

武田投手は井上選手へのホームランが

余計でしたね。

今日は救われましたけど、

この先はあーいう失投だけは

ないように注意してほしいですね。

寺原投手、二保投手や嘉弥真投手は

ピンチもありましたけど、

よく無失点で抑えてくれました。

これが結局勝ちに繋がりましたからね。

次回以降も流れを読み込む投球を

期待したいですね。

野手陣

甲斐選手のバント併殺打で

完全に詰んだと思いましたけど、

その後の選手たちが救ってくれましたね。

福田選手が冷静に四球を選んで繋いだのも

大きかったです。

次が長谷川選手ということもあって

繋ぐ意識があったのも素晴らしかったです。

非常に価値のある四球でしたね。

長谷川選手はやはり得点圏での打席は

頼りになりますね。

ライト前で三塁までランナーを進めたのも

非常に大きかったです。

代打が続くとは思いますけど、

こういう勝負強い打撃を

この先も期待していきたいですね。

そして、上林選手ですね。

素晴らしい以外には出てこないですが、

甲斐選手のバントミスや

中田投手、武田投手の失点、

更には沖縄での最悪なサヨナラ負け、

全てを吹き飛ばしてくれました。

8回にも追撃の一発を放っているし

本当にいいバッターになりましたね。

昨年の悔しさというのが

ここまで成長させたのかもですが、

今ではポイントゲッターです。

同点タイムリーどころか

サヨナラにしちゃう辺りが

今年の上林選手の凄いところですね。

1番を打ったり6番や7番を打ったりと

打順はなかなか固定されないですけど、

この先も頼りにしているので

チームを救う一打を

この先もたくさん打ってほしいですね。

明日(6月30日)の予告先発

土曜日はヤフオクドームで14時から

マリーンズとの9回戦が

予定されています。

ホークスは石川柊太投手

マリーンズはボルシンガー投手が予告先発です。

石川投手は中7日で一日余裕を持っての

登板になりますね。

前回は7回3失点と悪くなかったですが

一挙3点を奪われるという集中打を

浴びてしまいました。

最近はそれが原因で勝ててないので

明日は連打をなるべく許さないように

石川投手らしいテンポのいい投球を

してほしいですね。

石川投手という人物については

下記記事を参照してください。

相手の予告先発はボルシンガー投手です。

ボルシンガー投手には前回7回無失点と

完璧に抑え込まれました。

ボルシンガー投手は9勝1敗と

ここまでリーグ最多の勝ち星を挙げており

安定感が抜群です。

術中にハマるとズルズルいかれるので

序盤のうちに捕らえたいですね。

ここで苦手意識を作ると厳しいので、

四球はそこそこ出す投手なのでそれも絡めて

シーズン終盤のためにも

ここで打ち崩してほしいですね。

ボルシンガー投手という人物については

下記記事を参照してください。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。