Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】酒居知史に完璧に抑えられ、投手陣が12四死球の大乱調で連敗。【プロ野球試合結果(対千葉ロッテマリーンズ10回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 2 0 1 1 0 4 6 0
0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 5 0

勝 : 酒居知史(2勝2敗0S)

負 : バンデンハーク(5勝6敗0S)

S : 内竜也(1勝3敗19S)

【本塁打】

ロ :

ソ : デスパイネ 18号(7回裏ソロ)

【投手陣】

ロ : 酒居(7回)、益田(1回)、内(1回)

ソ : バンデンハーク(6回)、二保(1/3回)、モイネロ(2/3回)、加治屋(1回)、森(1回)

【戦評】

5回表にマリーンズは一死一、二塁から中村選手のタイムリーヒット、一死一、二塁から角中選手のタイムリーヒットで2点を先制する。7回表にマリーンズは一死満塁から井上選手の犠牲フライで1点を追加する。7回裏にホークスは一死走者なしからデスパイネ選手のソロホームランで1点を返す。8回表にマリーンズは一死二塁から平沢選手のタイムリーヒットで1点を追加する。ホークスは打線が振るわず投手陣が12四死球の大乱調で連敗となった。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

バンデンハーク投手は結果だけ見れば

6回2失点と試合は作りましたけど、

内容が悪すぎましたよね。

とにかくボールが高いですし

四死球が多すぎです。

それが結局攻撃の方にも

リズムがいかない原因ですよね。

試合を形だけ作るのではなく、

攻撃にリズムを与えるピッチングを

もっとしてほしいですね。

三者凡退が一度もないというのは

先発としては困ります。

今はただでさえ打線が打てないのに

先発投手がこれでは厳しいので、

三者凡退で終えるということを

もっと意識して次は投げてほしいですね。

二保投手も全く同じです。

ヒットを打たれるならまだしも

四死球というのはやめてほしいですね。

打たれないというのは不可能ですが、

四死球を減らすことはできますから。

いい時も悪い時もありますけど、

中継ぎ投手はそれでは困るので

もっと安定したピッチングをできるように

日々調整してほしいですね。

モイネロ投手は四球が余計でしたね。

四球を与えずに抑えていれば

あの回の失点もなかったですから。

登板した場面が酷ではありますけど、

打たれることを恐れずに

四球だけは減らして投げてほしいですね。

加治屋投手も四球が無駄です。

ビハインドの場面の登板ですけど、

絶対に失点はしてはいけない場面です。

それを先頭に四球でタイムリーでは

お話になりません。

打たれるのはしょうがないので、

四球だけは本当に出さないように

もっと心がけてほしいですね。

森投手はランナーは出しましたけど、

今日の投手陣の中では一番まともでしたね。

セーブシチュエーションでも

落ち着いたピッチングを

これからもしてほしいですね。

野手陣

今日も打線も守備も酷かったですね。

松田選手は途中で交代するくらいなら

もうスタメンで使わなくていいです。

守備をさせても守れないですし、

打撃も何でも振っていて話になりません。

正直、もう期待はできないので

別の三塁手を本気で育てないと

来年以降も絶望的でしょうね。

代わりに出塁した西田選手も

打撃内容が話になりませんね。

粘って出塁しようという気もないし

積極的なのが空回りしていて厳しいです。

特に特徴のある選手ではないので

松田選手の控えが今の西田選手では

ホークスの三塁手は厳しいですね。

高田選手も存在感がないですね。

打率が1割台なのもそうですが、

あのタイプの選手がボール球を振って

四球を選ぶ気持ちがないというのは

致命的としか言い様がありません。

これでは打てなくてもいいので

今宮選手がいないとダメだと

思ってしまいますよね。

今宮選手が帰ってくるまでに

存在感をアピールしとかないと

2軍に落とされるのは間違いないので、

もっとがむしゃらに取り組んでほしいですね。

そして、福田選手がセカンドを守るのも

恥ずかしいと思わないとダメですね。

あれだけセカンド争いをしていたのに

結局誰もまともに働いてないってことですから。

これではオフシーズンに球団が

‘あの’選手の獲得に乗り出す可能性が

本気で出てきてしまいますからね。

セカンドの選手は本気で危機感持たないと

仕事場がなくなってしまうので、

もっと頑張ってもらいたいですね。

打線が全体的にボール球を振ってるので

もっとボールをよく見て、

四球でも出塁する意識というのを

各打者たちが持って次の試合からは

臨んでほしいですね。

明後日(7月3日)の予想先発

火曜日は弘前で18時から

イーグルスとの13回戦が

予定されています。

ホークスは千賀滉大投手

イーグルスは古川侑利投手が予想先発です。

※違う場合もありますが、ご了承ください。

千賀投手は前回は初回で失点したので

まずは初回に注意してほしいですね。

イーグルス戦は相性があまり良くないので

今はイーグルス打線も調子がいいですし

一発には気をつけて投げてほしいですね。

相手の予想先発は古川投手です。

対戦経験が記憶にないですが

オーソドックスな投手のイメージです。

ホークスは初対戦の投手に弱いので

早めに特徴を掴んで

攻略していきたいですね。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。