Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】悪いところを全て出し切って連敗で前半戦を終了。【プロ野球試合結果(対日本ハムファイターズ13回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

スポンサーリンク

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 1 2 3 4 2 12 19 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0

勝 : 上沢直之(8勝3敗0S)

負 : 武田翔太(2勝6敗0S)

【本塁打】

日 : 西川 7号(7回表ソロ)、清水 6号(9回表ソロ)

ソ :

【投手陣】

日 : 上沢(8回)、玉井(1回)

ソ : 武田(5 0/3回)、嘉弥真(1/3回)、二保(0/0回)、モイネロ(1 1/3回)、加治屋(1/3回)、五十嵐(1回)、森(1回)

【戦評】

5回表にファイターズは二死三塁から西川選手のタイムリーヒットで1点を先制する。6回表にファイターズは一死満塁から清水選手の2点タイムリーツーベースで2点を追加する。7回表にファイターズは一死走者なしから西川選手のソロホームラン、二死満塁から田中選手の2点タイムリーツーベースで3点を追加する。8回表にファイターズは無死一、三塁から西川選手のタイムリーツーベース、無死二、三塁から近藤選手のタイムリーヒット、無死一、三塁から中田選手のタイムリーツーベース、一死二、三塁からレアード選手の犠牲フライで4点を追加する。9回表にファイターズは無死走者なしから清水選手のソロホームラン、二死一、二塁から横尾選手のタイムリーヒットで2点を追加する。ホークスは全くいいところなく投手陣が崩壊で連敗で前半戦を締めくくった。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

もう何も言うことはないですね。

武田投手は唯一よく投げました。

失点を先にしたのはきつかったですが

それでもよく粘って投げましたね。

オールスター明けも先発の軸として

頑張ってほしいですね。

中継ぎ投手陣には言うことはありません。

この2試合はお話になりませんが

オールスター明けはもっとがむしゃらに

危機感を持って投げてください。

それだけです。

野手陣

問題は2試合で1得点の打線です。

相変わらず一辺倒の引っ張りで

凡打の山で工夫が全く見られませんね。

誰がどうとかいうレベルではなく

もう重症レベルです。

今年の前半戦の悪い内容が

全て凝縮していましたね。

投手コーチも打撃コーチも

このオールスターの間に

もっとしっかりしてほしいですね。

これだけの酷い内容だと

コーチにも問題がありますからね。

とにかくオールスター休みに

野手も投手も何とかしてほしいですね。

ソフトバンクホークスの前半戦の振り返り

今日の試合でオールスター前の前半戦が

終了しました。

明日からのオールスター期間は

前半戦の投手陣や野手陣などを細かく

振り返っていきますのでお楽しみに!

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。