Translate(翻訳):

則本昂大の結婚相手(嫁)や子供と成績や年俸と奪三振集動画などを公開!【プロ野球選手名鑑・楽天イーグルス】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

今回は普段ホークスの試合結果を

私の目線で考察しているのですが、

選手一人一人を私なりの選手名鑑という形で

書いていきますね。

ホークスの試合結果振り返り記事一覧(随時更新)はこちら

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

今回は東北楽天ゴールデンイーグルス

則本昂大投手について書いていきますね。

では、さっそく。

則本投手の画像、出身や出身高校など

則本投手は1990年12月17日生まれで、

滋賀県出身で八幡商業高校を卒業し、

三重中京大学を経て

2012年のドラフト2位

イーグルスに入団した右投げ左打ちの投手です。

則本昂大の背番号や成績、年俸

則本投手は入団した2012年から

背番号は14番を背負っています。

主な成績やタイトルとしては、

  • 2013年に新人王を獲得。
  • 2014年~2017年まで4年連続で最多奪三振のタイトルを獲得。

このようになっています。

則本投手はリーグ優勝した2013年に

ルーキーながら15勝を挙げて

新人王を獲得しました。

田中将大投手がメジャーに移籍してからは

イーグルスのエースとして

チームを引っ張ってきました。

則本投手と言えば、三振を取る投手です。

4年連続の奪三振王ですが、

4年連続200奪三振となっています。

これも非常に素晴らしいですね。

今年は苦しんでいますけど、

イーグルスの押しも押されぬエースです。

現時点(2018年)の則本投手の

推定年俸は2億5000万円となっています。

これまでの活躍を考えると

安いようにも思えますけど、

妥当な数字かもしれませんね。

ここ数年は黒星も多くて

なかなか貯金が作れないですからね。

ただ、チームへの貢献度を考えると

個人的にはもう少し上げてもいいかな?

とは思いますね。

詳しい成績

(投手なら球種やその割合や被打率、

野手なら打球方向や左右投手別成績)

は本物の選手名鑑に詳しく載っています。

則本昂大の応援歌

則本投手の応援歌の動画は

こちらからご覧ください。

則本昂大の登場曲

則本投手が登場曲として使用してる曲は

ONE OK ROCKThe Beginning

Mighty Long Fallです。

私は聴いたことがない曲だったので

実際に聴いてみました。

則本投手はONE OK ROCKが好きなんですね。

則本昂大の彼女や結婚相手(嫁)、子供はいる?

則本投手は既婚者で奥さんも子供もいます。

奥さんは大学時代の野球の1つ年下の後輩で

則本投手から告白もしたみたいです。

2013年12月24日にはプロポーズをして

結婚に至っています。

則本投手の子供は長女が1人いて

2016年3月8日に生まれています。

このようにプロ入り前から

今の奥さんに支えてもらいながら、

子供を持つお父さんとしても

活躍をしている則本投手です。

則本昂大に一言

則本投手は2013年の入団から

5年連続二桁勝利を挙げている

紛れもないイーグルスのエースです。

現時点(2018年6月29日)では

4勝8敗と苦しんでいます。

則本投手はストレートが早くて

フォークボールが武器の投手です。

ホークスファンの私からすると

ランナーを溜めたとしても

三振でピンチを凌げる投手なので

非常に厄介な投手です。

今年は数字的にも苦しんでいますが、

則本投手は成績はいいんですが

大事な試合には弱い印象が強いです。

2017年の優勝争いのシーズンやCSでも

大事な試合はホークスやライオンズに

ことごとく敗れてきました。

国際試合の韓国戦でも打たれましたし

勝負所では弱い印象が強いです。

エースが勝負所で弱いというのは

チームとしても困りますからね。

2020年の東京オリンピックには

則本投手は選出されるでしょう。

代表の中でもエース級の投手ですから

もっと勝負強い投手になってほしいです。

そうすれば間違いなくシーズンでも

20勝くらいはできる投手ですから。

ただ、私はホークスファンなので

ホークスとの試合以外で

いい投球をしてくれると助かります。

全然一言ではありませんでしたね(苦笑)

次回のプロ野球選手は…

今回は東北楽天ゴールデンイーグルスの

則本昂大投手について書きました。

次回は東北楽天ゴールデンイーグルス

古川侑利投手について書きますので

お楽しみに!

私的イーグルスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。