Translate(翻訳):

イケメン田嶋大樹は欅坂46長濱ねる推し!? 彼女や成績、年俸などを公開!【プロ野球選手名鑑・オリックスバファローズ】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は普段ホークスの試合結果を

私の目線で考察しているのですが、

選手一人一人を私なりの選手名鑑という形で

書いていきますね。

ホークスの試合結果振り返り記事一覧(随時更新)はこちら

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

前回の記事は下記から参照してください。

今回はオリックスバファローズ

田嶋大樹投手について書いていきますね。

では、さっそく。

田嶋大樹の画像、出身や出身高校など

田嶋投手は1996年8月3日生まれで、

栃木県出身で佐野日大高校を卒業し、

JR東日本を経て2017年のドラフト1位

バファローズに入団した

左投げ左打ちの投手です。

田嶋大樹の背番号や成績、年俸

田嶋投手は29番を背負っています。

主な成績やタイトルとしては、

2018年現在ではルーキーですから

当然獲得していません。

ここまで(2018年7月4日)は

6勝を挙げている投手ですから、

新人王に一番多い投手ですし

二桁勝利達成も期待できる投手です。

現時点(2018年)の田嶋投手の

推定年俸は1500万円となっています。

ドラフト1位の即戦力として入団した投手ですし

それだけにいきなり高額な契約ですね。

実際期待通りの活躍をしていますし、

このまま投げていくことができれば

オフシーズンには年俸も上がるでしょうね。

詳しい成績

(投手なら球種やその割合や被打率、

野手なら打球方向や左右投手別成績)

は本物の選手名鑑に詳しく載っています。

田嶋大樹の応援歌

田嶋投手の応援歌は

こちらからご覧ください。

田嶋大樹の登場曲

田嶋投手が登場曲として使用してる曲は

欅坂46ガラスを割れ!

欅坂46エキセントリックです。

田嶋投手は欅坂46の大ファンで

長濱ねるちゃん推しです。

欅坂46の冠番組の「欅って、書けない?」で

6thシングル『ガラスを割れ!』のPRとして

菅井友香ちゃんと長濱ねるちゃんが

田嶋投手のところへ訪れたんです。

田嶋投手は「エキセントリック」が好きで

登場曲として使用するつもりでしたが、

長濱ねるちゃんと菅井友香ちゃんのお願いにより

「ガラスを割れ!」も登場曲として

使用してくれています。

元々田嶋投手はデビュー前から番組を見て

ファンになったそうで、

握手会やライブにも行くなど

筋金入りの欅坂46のファンです。

グローブの刺繍に「欅」

入れてあるくらいですし。

年齢的にもメンバーと近くて若いですし、

好きになるのもわかります。

私も欅坂46の大ファンなので

勝手に親近感が湧いています。

曲を聴いてみたい方は

動画をご覧になってください。

田嶋大樹の彼女や結婚相手(嫁)、子供はいる?

欅坂46の大ファンの田嶋投手ですけど、

彼女の存在は確認できていません。

まだ21歳という若い投手ですし、

彼女がいなくても不思議ではありません。

今はプロ野球選手として活躍することが

まずは仕事として求められますから、

今は野球に集中してるかもしれませんね。

田嶋投手の実力とルックスがあれば

いつでも彼女はできるでしょうし。

貴重な速球派左腕ですから、

いい投手になってほしいですね。

田嶋大樹に一言

田嶋投手は敵チームの投手としては

私は非常に嫌な投手です。

これは嫌いという意味ではなくて

なかなか打てない投手だからです。

というのも、ここまでホークスは

田嶋投手に4試合で3勝を献上していて

苦手としているんです。

左の速球派でストレートも150km出るし

スライダーが切れ味が鋭くて

なかなかボール球でも見逃せません。

球種はそんなに多くないですが、

左でストレートが速いだけで

なかなか打てないので、

他球団の投手ですけど羨ましいです。

制球とスタミナに課題があって

6回前後に捕まっている印象はありますが、

ドラフト1位に恥じない活躍をしています。

最近は左の大型の投手が少ないので

田嶋投手には球界を代表する左腕投手に

なってほしいですね。

できればホークス戦以外で活躍してくれると

私としては更に嬉しいです(笑)

全然一言ではありませんでしたね(苦笑)

次回のプロ野球選手は…

今回はオリックスバファローズの

田嶋大樹投手について書きました。

次回はオリックスバファローズ

ディクソン投手について書きますので

お楽しみに!

私的バファローズの選手名鑑はこちら。

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。