Translate(翻訳):

塩見貴洋の結婚相手(嫁)や子供と登場曲や年俸と成績などを公開!【プロ野球選手名鑑・楽天イーグルス】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は普段ホークスの試合結果を

私の目線で考察しているのですが、

選手一人一人を私なりの選手名鑑という形で

書いていきますね。

ホークスの試合結果振り返り記事一覧(随時更新)はこちら

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

前回の記事は下記から参照してください。

今回は東北楽天ゴールデンイーグルス

塩見貴洋投手について書いていきますね。

では、さっそく。

塩見貴洋の画像、出身や出身高校など

塩見投手は1988年9月6日生まれで、

大阪府出身で帝京第五高校を卒業し、

八戸大学を経て2010年のドラフト1位

イーグルスに入団した

左投げ左打ちの投手です。

塩見貴洋の背番号や成績、年俸

塩見投手は入団した2011年から2016年まで

11番を背負っていました。

2017年からは岸投手の移籍に伴って

新たな背番号である17番をつけています。

主な成績やタイトルとしては、

特にタイトルは獲得していません。

塩見投手は期待されていますけど、

未だに成績としてはパッとせず

1軍に定着できていません。

貴重な左腕投手で球種も豊富で

ストレートの質もいいですから、

ちょっともったいないです。

今年はライオンズ相手に好投してるので

そういうアピールを続けながら、

そろそろ先発ローテに定着して

二桁勝ってほしい投手でしょうね。

現時点(2018年)の塩見投手の

推定年俸は3800万円となっています。

入団して8年目の年俸と考えると

成績と同じでパッとしません。

もう30歳になる年でもあるので

ファンとしてはそろそろ覚醒してほしい

という思いが強いはずです。

そもそも登板機会が少ないので

まずは登板機会を増やして、

そこからローテに定着をして

安定して勝てる投手になってほしいですね。

詳しい成績

(投手なら球種やその割合や被打率、

野手なら打球方向や左右投手別成績)

は本物の選手名鑑に詳しく載っています。

塩見貴洋の登場曲

塩見投手が登場曲として使用してる曲は

NG.HEAD

Na Na Na Na 楽天イーグルスverです。

私は聴いたことがない曲だったので

実際に聴いてみました。

実際に聴いてみたい方は

こちらをご覧ください。

塩見貴洋の彼女や結婚相手(嫁)、子供はいる?

塩見投手は2013年のオフシーズンに

一般女性の彩夏さんと結婚しています。

大学時代から2年半の交際を経て

ゴールインをしたそうです。

塩見投手は結婚した年は怪我で苦しみ

その時に食事の面など

いろいろとサポートを受けたようです。

詳細までは明らかになってませんが、

子供も2人います。

まだまだ塩見投手は30歳ですから

頑張って投げて家族を支えてほしいですね。

塩見貴洋と秋山翔吾のライバル関係

塩見投手はライオンズの秋山選手と同期で

同じ八戸大学の元チームメイトです。

当時は塩見投手がドラフト1位で

秋山選手がドラフト3位なので

塩見投手の方が評価が高かったです。

ただ、今は秋山選手の方が遥かに

名実共に上です。

そんな今でも塩見投手と秋山選手は

ライバル関係と言われます。

つい先日の2018年6月29日の試合で

塩見投手は6回二死までノーヒットでしたが、

初安打を放ったのは秋山選手でした。

塩見投手はよっぽど悔しかったのか

打った秋山選手に対してマウンドから

「打つなよ!」

と言ったそうです。

それだけ塩見投手は意識しているわけです。

今後も秋山選手に負けないように

まずは1軍定着を目指して

しっかり投げていってほしいですね。

塩見貴洋に一言

ここまででほとんど書いてきましたけど、

とにかく1軍に定着することですね。

いいボールを持っているだけに

本当にもったいないので、

1軍で投げる続けるべきです。

2017年のCSファイナルのホークス戦でも

好投をして勝っていますし、

十分勝てるボールは持ってますからね。

塩見投手がローテに定着すれば

左の先発も辛島投手と共に

豊富になりますからね。

相手チームとしてはそれは困りますが、

塩見投手の活躍を一野球ファンとして

期待したいですね。

全然一言ではありませんでしたね(苦笑)

次回のプロ野球選手は…

今回は東北楽天ゴールデンイーグルスの

塩見貴洋投手について書きました。

次回は東北楽天ゴールデンイーグルス

辛島航投手について書きますので

お楽しみに!

私的イーグルスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。