Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】2018年前半戦の開幕スタメン選手と野手陣の振り返りと総括

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は7月10日でオールスター前の

前半戦が終了したということで、

今回は中継ぎ投手陣の総括を

していきますね。

投手陣の振り返りと総括は

下記からそれぞれ参照してください。

では、さっそく。

ソフトバンクホークスの開幕スタメン予想

私はシーズンが開幕する前に

12球団の戦力分析を行っています。

もちろんソフトバンクホークスの

野手陣の戦力分析も行いました。

シーズン前に予想した開幕スタメンの選手が

どれだけ期待通りの成績を残したか

実際の数字と共に比較してみます。

ソフトバンクホークスの野手陣の前半戦の成績と振り返り

私がシーズン前に予想した捕手、

内野手、外野手とDH、

それぞれの成績を一覧にしていきます。

ソフトバンクホークスの捕手(キャッチャー)の成績

まずは捕手の成績一覧です。

選手名 打率 試合 安打 本塁打 打点 盗塁
当確 甲斐拓也 .227 66 35 4 17 2
候補 高谷裕亮 .125 32 4 1 2 0
栗原陵矢 1軍出場なし
九鬼隆平 1軍出場なし
予想外 市川友也 .194 21 7 2 5

0

怪我などで1軍出場ができなかった選手も

開幕当時はかなりいたので、

これを見ると市川選手のトレードが

かなりありがたいことがわかります。

鶴岡選手を放出してしまったので

開幕前から捕手の心配は

かなりしていました。

市川選手がいなかったらと思うと

ゾッとしますね(笑)

今年は被本塁打が多いので

捕手陣にもかなり責任はありますが、

よくやってくれてると思います。

甲斐選手にはいろいろありますが

まだ経験が多いわけではないので、

どんどんマスクを被って

もっと素晴らしい捕手になってほしいです。

高谷選手は怪我もありましたけど、

バックアップとしてこれからも

捕手陣を支えていってほしいですね。

市川選手はバンデンハーク投手と

攝津投手を好リードしてくれています。

今まで敵チームだったこともあり

リードもホークスの捕手にはない

大胆なリードや工夫をしてくれています。

バッティングも長打力もあって悪くないので

この先も投手陣を引っ張ってほしいですね。

ソフトバンクホークスの内野手の成績

続いて内野手の成績一覧です。

選手名 打率 試合 安打 本塁打 打点 盗塁
当確 内川聖一 .226 49 43 6 19 0
明石健志 .174 11 4 0 1 0
松田宣浩 .227 76 62 14 36 2
今宮健太 .212 55 41 3 12 3
候補 川島慶三 .263 54 30 2 10 1
高田知季 .158 53 12 2 7 2
本多雄一 .247 32 20 1 8 5
予想外 西田哲朗 .231 24 17 3 8 3
川瀬晃 .188 13 6 0 2 1
グラシアル .300 12 9 0 1 1
牧原大成 .222 3 2 0 0 1

内野手は開幕スタメンの4人が

大誤算と言わざるをえません。

特に内川選手と松田選手の劣化は

かなり痛いですね。

2選手共ボール球ばかり振って

スイングにも力がありません。

そして、失策も多くなってきて

守備のリズムも悪いです。

そういうことも打撃に悪影響を

与えているかもしれませんが、

まだこの2選手にはやってもらわないと困るので

後半戦は巻き返してほしいですね。

そして、今宮選手も含めて

二遊間のどの選手も不調なのが

ここまでは厳しいですね。

今までは逆でみんな状態が良くて

誰が出ても働いてくれてましたが、

今年は誰が出てもパッとしません。

ホークスの強みである選手層の厚さが

今年は感じられませんね。

二遊間での失策も目立ちますし、

後半戦は今宮選手も復帰しますから

また固い守備でリズムを作って

誰かが攻撃でもチャンスメイクをできるように

頑張ってほしいですね。

ある意味誰にでもチャンスはあるので

西田選手や川瀬選手、牧原選手などは

意欲を持ってプレーしてほしいですね。

ソフトバンクホークスの外野手とDHの成績

最後に外野手とDHの成績一覧です。

選手名 打率 試合 安打 本塁打 打点 盗塁
当確 中村晃 .281 69 71 7 25 0
柳田悠岐 .347 76 101 20 58 16
上林誠知 .274 76 80 12 39 6
デスパイネ .221 75 56 19 40 0
候補 長谷川勇也 .235 14 4 0 3 0
福田秀平 .270 52 17 2 5 1
吉村裕基 1軍出場なし
塚田正義 .278 22 10 3 6 0
江川智晃 .600 5 3 1 1 0
真砂勇介 1軍出場なし
釜本豪 1軍出場なし
城所龍磨 .167 41 4 1 2 3

外野手は開幕から予想していた通り、

柳田選手、中村選手、上林選手が

よく頑張ってくれています。

柳田選手はトリプルスリーも狙えるし、

上林選手も昨年以上の成績を狙えます。

デスパイネ選手の打率が低すぎるのが

少し誤算ではありますね。

特にボール球をガンガン振るので

もう少し見極めはしてほしいです。

他の選手でいうと、塚田選手は

よく頑張ってくれています。

いいところでホームランやタイムリーを

打ってくれた印象が強いです。

内野を守ることもできる選手なので

後半戦もマルチな活躍を期待です。

福田選手も本職の外野だけでなく

内野を守ってくれたりと

非常にありがたい存在です。

セカンドも守ったり

いざという時の捕手としても待機したり、

準備が忙しい選手ではありますが

後半戦もマルチに頑張ってほしいです。

後半戦はデスパイネ選手の打率を

もう少し上げることと、

長谷川選手がどこまで勝負強く打てるか、

これが大事だと思います。

ここからは大事な試合が続くので

ベテランや経験のある選手の活躍が

絶対に必要になります。

特に長谷川選手は代打の一番手なので

先日のような無気力三振は

もう見たくはないですからね。

中村晃選手にももう少し打率を上げてもらって

外野手たちがもっと活発に

打線を引っ張ってほしいですね。

次回のホークスの記事更新は…

後半戦は7月16日から始まります。

次回は明後日(7月15日)の夜に

7月16日の埼玉西武ライオンズ戦の予告先発と

試合の展望予想を書いていきますね。

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。