Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】中田賢一が乱調。牧原大成、内川聖一、松田宣浩の記録に残らない守備のミスで同一カード3連敗で計4連敗。【プロ野球試合結果(対日本ハムファイターズ16回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

123456789
000003110590
01003012×7110

勝 : 井口和朋(1勝1敗1S)

負 : 加治屋蓮(2勝1敗0S)

S : 石川直也(1勝2敗9S)

【本塁打】

ソ : 柳田 23号(6回表3ラン)、松田 18号(7回表ソロ)

日 : レアード 18号(2回裏ソロ)

【投手陣】

ソ : 中田(5回)、五十嵐(1回)、モイネロ(1/3回)、嘉弥真(0/3回)、加治屋(1回)、森(1/3回)

日 : 高梨(7回)、公文(2/3回)、井口(1/3回)、石川(1回)

【戦評】

2回裏にファイターズはレアード選手のソロホームランで1点を先制する。5回裏にファイターズは一死二塁から西川選手のタイムリーツーベース、二死一、二塁で中田選手のタイムリーツーベースで3点を追加する。6回表にホークスは二死二、三塁から柳田選手のスリーランホームランで3点を返す。7回表にホークスは二死走者なしから松田選手のソロホームランで同点に追いつく。7回裏にファイターズは一死二、三塁から近藤選手のタイムリーヒットで1点を勝ち越す。8回表にホークスは二死三塁から柳田選手のタイムリーヒットで1点を取って同点に追いつく。ファイターズは一死満塁から中島選手の内野ゴロ、二死満塁から松本選手のタイムリーヒットで2点を勝ち越す。ホークスは投手陣の乱調と野手陣の勝負弱さを見せ同一カード3連敗で4連敗を喫した。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

中田投手は打線の援護がなかったですが、

結局いつもの四球からの失点でしたね。

レアード選手のホームランも不用意で

今日は無駄な失点ばかりでした。

通算100勝目からずっと遠ざかってますが

それはあくまで個人的な記録なので、

今後のことも考える必要があります。

ただ、そんな代わりがいるわけではないので

しっかりしたピッチングをしてほしいですね。

五十嵐投手は三者凡退で

ナイスピッチングでした。

やはり五十嵐投手がいるだけで

中継ぎの層が一気に厚くなるので、

この先も好投してほしいですね。

モイネロ投手は懸念してましたけど、

やはりピンチを作りましたね。

モイネロ投手は同点の場面では

不安定な投球が目立ちますからね。

あまり意識をすることはなく

打者一人一人を打ち取るつもりで

次回は投げてほしいですね。

嘉弥真投手は話になりませんね。

というか近藤選手相手では

結果が見えていましたよ。

正直、あの場面で嘉弥真投手を出した首脳陣が

悪いですよね。

次回は頑張ってください。

加治屋投手はイニング跨ぎは

毎度の如く打たれていますね。

これも経験ではありますけど、

さすがに打たれすぎではあります。

ただ、イニングを跨がせる継投をした

首脳陣が悪いわけではあるので、

加治屋投手は今後も怪我しないように

投げていってほしいですね。

森投手は近藤選手相手ですが

ナイスピッチングでした。

野手陣

今シーズンを終了させる内容でしたね。

牧原選手の守備は苦言を呈しますけど

あれはもう経験の差ですし、

若い選手を使っている以上は

仕方ありません。

しかし、内川選手と松田選手は

もうそろそろ本気で入れ替えも

考える必要があると思います。

そもそも打てないだけでもあれなのに

ちゃんと守れない選手なら

若い選手を使った方がいいです。

もちろん内川選手と松田選手は

ホークスに多大な貢献をしてきてるし

功労者ではあります。

遅かれ早かれ世代交代はくるので

もう引き際かもしれませんね。

年齢的には早すぎますけど、

プロの世界は厳しい場所ですから

打てない守れないなら仕方ありません。

今日の日中に曽根選手とカープの美間選手の

トレードが発表されたので、

美間選手はすぐ起用してほしいです。

守備がいい選手で打撃は課題ですけど、

打撃は1軍での慣れもありますから

松田選手に代えて使ってほしいですね。

それくらいのテコ入れはしてほしいです。

その前に首脳陣のテコ入れが

一番必要かもしれませんけどね。

今年ファイターズが優勝したら

ホークスのせいになりますね。

ライオンズには申し訳ないレベルです。

明後日からまた頑張ってください。

明日(7月24日)の予想先発

火曜日は京セラD大阪で18時から

マリーンズとの11回戦が

予定されています。

ホークスは千賀滉大投手

マリーンズは石川歩投手が予想先発です。

※違う場合もありますが、ご了承ください。

千賀投手はマリーンズ戦は相性が良く

5月1日のマリーンズ戦でも7回1失点と

試合を作っています。

通算でもマリーンズ相手には好投してるので

いつも通りのピッチングを

してほしいところですね。

千賀投手という人物については

下記記事を参照してください。

相手の予告先発は石川投手です。

マリーンズの中ではボルシンガー投手の次に

嫌な投手ではあります。

前回の対戦では千賀投手が投げ勝ってますが

石川投手も7回3失点と好投しており

それ以来の対戦となります。

すごい嫌なイメージはないですが、

ハマると試合を作られてしまうので

早いうちに得点を挙げたいですね。

マリーンズとは2試合になるので

最初の試合は必ず勝ちたいので、

打線が千賀投手を援護してほしいですね。

石川投手という人物については

下記記事を参照してください。

というわけで、今回は以上になります。

次回からは私の都合により

ホークスの試合結果や展望予想の記事は

不定期になる可能性がありますので、

あらかじめご了承ください。

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。