Translate(翻訳):

大竹耕太郎が育成出身史上初のプロ初登板初勝利!長谷川勇也の2本のホームランや牧原大成の走者一掃のタイムリースリーベースなど14得点で快勝!【プロ野球試合結果(ソフトバンクホークス対西武ライオンズ14回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

123456789
02063300014170
西200000004671

勝 : 大竹耕太郎(1勝0敗0S)

負 : 高木勇人(1勝2敗0S)

【本塁打】

ソ : 長谷川勇 1号(2回表2ラン)、デスパイネ 22号(5回表ソロ)、長谷川勇 2号(6回表3ラン)

西 : 山川 28号(1回裏2ラン)、森 11号(9回裏満塁)

【投手陣】

ソ : 大竹(8回)、二保(0/3回)、五十嵐(1回)

西 : 高木(3 2/3回)、本田(2 1/3回)、相内(2回)、武隈(1回)

【戦評】

1回裏にライオンズは二死一塁から山川選手の2ランホームランで2点を先制する。2回表にホークスは一死一塁から長谷川選手の2ランホームランで同点に追いつく。4回表にホークスは一死満塁から甲斐選手の2点タイムリーツーベースヒット、二死満塁から牧原選手の走者一掃のタイムリースリーベースと源田選手の悪送球で一驚6点を追加する。5回表にホークスは無死走者なしからデスパイネ選手のソロホームラン、一死満塁から今宮選手のタイムリーヒットと本田投手の暴投で3点を追加する。6回表にホークスは一死一、二塁から長谷川選手のスリーランホームランで3点を追加する。9回裏にライオンズは無死満塁から森選手の満塁ホームランで4点を返す。ホークスは大竹投手が8回2失点の好投で史上初の育成出身プロ初登板初勝利を飾った。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

大竹投手はプロ初登板でしたが、

素晴らしいピッチングでしたね。

初回こそ山川選手のホームランで

2点を失いましたけど、

その後は落ち着いていましたね。

私もまともには初めて見ましたけど、

球速はそんなに速くはないですが

腕の振りがどれも同じで制球もいいです。

それもあってチェンジアップで空振りを

かなり取れていましたし、

ストレートでも押せていました。

ライオンズも初対戦ということで

データがなかったのもあるとは思いますが、

それでもライオンズ打線を打者3順を

2失点は本当に立派ですよ。

課題はまだまだ見られましたけど、

これはこれからだと思いますから

今日は全然気にしなくていいですね。

育成出身の投手がプロ初登板で初勝利は

史上初ですから、

自信を持ってこれからも投げてほしいですね。

プロ初勝利おめでとうございます!

本当にナイスピッチングでした!

次もどこかで登板機会はあるでしょうから

そこでも期待したいですね!

二保投手は話になりませんね。

打たれるのはまだしも

勝負する気のない投手は

1軍では投げる権利もないですから。

明日は1軍にいないでしょけど

もう一度下で頑張ってください。

五十嵐投手は大変でしたけど、

何とか無失点で抑えてくれて良かったです。

次回登板も頼みます。

野手陣

今日は打線がすごかったですね(笑)

スタメンで出場した長谷川選手が

4安打2HR5打点と柳田選手くらいの活躍を

してくれました。

これだけ打ってくれると

長谷川選手のありがたみを感じます。

スタメンだとイマイチな印象でしたが、

打撃職人ぶりは健在でしたね。

明日以降も活躍を期待です。

牧原選手の走者一掃のタイムリーも

素晴らしかったです。

あれが試合を決定付けたので

本当に大きな一打でした。

牧原選手はずっと打撃がいいですし、

いい場面で打てていますから

このまま継続して打ってほしいですね。

やはり昨日の試合の9回の4得点が

大きかったです。

明日は石川投手が投げますから

また今日のように援護をしてほしいですね。

明日(8月2日)の予告先発

木曜日はメットライフで18時から

ライオンズとの15回戦が

予定されています。

ホークスは石川柊太投手

ライオンズは今井達也投手が予告先発です。

石川投手は前回のマリーンズ戦は

6回に一挙4失点をしています。

石川投手は1イニングでの大量失点が

非常に多い投手ですから、

それは注意してほしいところです。

ライオンズ戦は3勝1敗で

防御率も1.21ですから、

自信を持って自分の投球を

してほしいですね。

石川投手という人物については

下記記事を参照してください。

相手の予告先発は今井投手です。

今井投手は初対戦ということで

まずは見てみないとわかりません。

タイプ的には本格派右腕で

ストレートがいい投手です。

ただ、四球も多い投手ですから

ボール球はなるべく振らないようにして

チャンスは確実にモノにしたいですね。

あまり恐れずに自分の打撃をして

攻略していってほしいですね。

今井投手という人物については

下記記事を参照してください。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。