Translate(翻訳):

石川柊太が1 2/3回を7失点KO。柳田悠岐が途中出場も今井達也に7回2失点に抑えられカード負け越し。【プロ野球試合結果(ソフトバンクホークス対西武ライオンズ15回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 1 0 0 0 1 0 0 0 2 5 1
西 0 7 0 1 0 0 2 0 × 10 11 0

勝 : 今井達也(2勝2敗0S)

負 : 石川柊太(8勝6敗0S)

【本塁打】

ソ :

西 : 外崎 13号(2回裏2ラン)、中村 12号(2回裏ソロ)

【投手陣】

ソ : 石川(1 2/3回)、高橋(4 1/3回)、松田遼(1回)、笠谷(1回)

西 : 今井(7回)、齊藤(1回)、田村(1回)

【戦評】

2回表にホークスは無死二、三塁から長谷川選手の内野ゴロで1点を先制する。2回裏にライオンズは一死一塁から外崎選手の2ランホームラン、二死走者なしから中村選手のソロホームラン、二死一、二塁から源田選手の2点タイムリーツーベース、二死三塁から浅村選手のタイムリーツーベース、二死一、二塁から森選手のタイムリーツーベースで一挙7点を奪って逆転する。4回裏にライオンズは一死満塁からメヒア選手の内野ゴロで1点を追加する。6回表にホークスは一死二塁からデスパイネ選手のタイムリーヒットで1点を返す。7回裏にライオンズは二死満塁から浅村選手のタイムリーヒットと上林選手の失策で2点を追加する。ホークスは石川投手が滅多打ちで連勝とはならなかった。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

石川投手は今日も変わらず

1イニングに大量失点でしたね。

開幕当初とは立場が違うので、

ずっとこの内容では厳しいです。

何が悲しいって全く持って学習能力がないのが

非常に残念でなりません。

元々制球がすごいいい訳ではないし、

テンポがいい投手でしたけど

それが最近は単調に変わってるので

これでは今後勝てないでしょうね。

球種が少ないしなぜかフォークを使わないので

打たれてもしょうがない内容ではあります。

ストレートもすごく速くはないし

パワーカーブとスライダーしか他にないので、

もっとフォークなりも使わないと

これから先は勝てないでしょうから

もっと試行錯誤してほしいですね。

今年は他の先発投手がいなかったので

期待度が大きかっただけに残念ですが、

来季以降に繋がるように

この先は投げていってほしいですね。

というか、今年は捨てていいので

一度登録抹消するのもありですね。

一年間持つ体力作りを

オフシーズンにしっかりしてもらって

来年は頑張ってほしいですね。

高橋投手は今回も4 1/3回を投げて1失点と

素晴らしいピッチングでした。

今日は四球が5つありましたから

それだけは修正してほしいです。

ただ、内容は悪くないですから

一度先発をさせてほしいですね。

今の千賀投手や石川投手よりは

この先を見据えても期待できるので

一度見てみたいところですね。

松田投手は初登板でしたが、

明らかに制球が課題ですね。

ストレートの制球が甘いのと

変化球も空振りが取れてなかったので

この辺りはこれからでしょうね。

いいボールは持っていますから

これから課題を克服して

いずれは勝ちパターンで投げてほしいですね。

笠谷投手はランナーは一人出しましたが

無失点でナイスピッチングでした。

これを続けてほしいですね。

野手陣

今日も甲斐選手のリードですね。

石川投手が悪すぎたのは間違いないですが、

石川投手に変化球主体のリードでは

打たれるに決まってますよね。

こういうところがしっかりしてないので

まだまだ信頼できる捕手ではありませんね。

他に使う捕手もいないですから

しばらく不満は多いでしょうけど、

しっかりしたリードもできるようになって

正捕手になってほしいですね。

柳田選手が途中から出場してましたが

大丈夫なんですかね?

今年のチーム状況を考えると

無理に出場しなくてもとは思いますが、

そうもいかないんでしょうか。

出場できる状況なら

明日から出場してほしいですね。

個人的に気になるのは

上林選手が昨年の夏のような状態に

戻ってきてしまっていますね。

昨年は夏以降に調子を落として

CSや日本シリーズでは出場できず

悔し涙を流したんですけど、

現状は同じ道を進んでますね。

正直、1番打者向きではないし

今の上林選手は打てる気配がありません。

不調が長いとレギュラーとしては厳しいので

何とか克服していかないといけません。

チーム状況的には無理ですが、

上林選手は7番辺りが一番いいんですよね。

やはりまだまだ選球眼がないし

粘ることもできないですから、

ランナーがいることが多い7番辺りで

自由に打たせたいですね。

1番だと打つだけではなく

出塁をすることも大切なことですから。

上林選手もまだまだ若い選手ですから

今後の課題はいろいろありますけど、

これらの課題を克服して

いい打者に成長してほしいですね。

明日(8月3日)の予告先発

金曜日はヤフオクドームで18時から

バファローズとの13回戦が

予定されています。

ホークスはバンデンハーク投手

バファローズは西勇輝投手が予告先発です。

バンデンハーク投手はバファローズ戦は

非常に相性のいい投手です。

前回のイーグルス戦では

5回二死から大量失点をしたので

明日はそれを気をつけてほしいです。

バファローズ打線はけが人が多く

長打力のある打者が少ないですから、

大胆にしっかり攻めてほしいですね。

バンデンハーク投手という人物については

下記記事を参照してください。

相手の予告先発は西投手です。

西投手は嫌な投手ではありますが、

今年はあまり嫌なイメージはありません。

西投手自身も調子が悪いので

それも大きく影響しているでしょうね。

このバファローズの3連戦は

できれば3連勝を飾りたいくらいなので、

明日は意地でも西投手を打ち崩して

いい形で土曜日に繋げたいですね。

西投手という人物については

下記記事を参照してください。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。