Translate(翻訳):

武田翔太が大炎上。内川聖一が満塁機に併殺打など大拙攻で松葉貴大に今季初勝利を献上しオセロストップで2連敗。【プロ野球試合結果(ソフトバンクホークス対オリックスバファローズ15回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

123456789
010410000681
1100100104110

勝 : 松葉貴大(1勝0敗0S)

負 : 武田翔太(3勝8敗0S)

S : 増井浩俊(1勝3敗24S)

【本塁打】

オ : 吉田正 17号(2回表ソロ)

ソ : 上林 16号(1回裏ソロ)、松田宣 20号(2回裏ソロ)

【投手陣】

オ : 松葉(5回)、山田(1回)、岩本(1回)、山岡(1回)、増井(1回)

ソ : 武田(5回)、寺原(1回)、笠谷(0/0回)、松田遼(2回)、嘉弥真(2/3回)、五十嵐(1/3回)

【戦評】

1回裏にホークスは無死走者なしから上林選手の先頭打者ホームランで1点を先制する。2回表にバファローズは無死走者なしから吉田正尚選手のソロホームランで同点に追いつく。2回裏にホークスは二死走者なしから松田宣浩選手のソロホームランで1点を勝ち越す。4回表にバファローズは二死満塁から西村選手のタイムリーヒット、二死満塁から若月選手の走者一掃のタイムリーヒットで4点を奪って逆転する。5回表にバファローズは二死一、三塁から伏見選手のタイムリーヒットで1点を追加する。5回裏にホークスは無死一、三塁から牧原選手の併殺打で1点を返す。8回裏にホークスは無死満塁からデスパイネ選手のタイムリーヒットで1点を返す。ホークスは武田投手が大炎上で内川選手が大ブレーキでオセロが途絶え連敗となった。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

武田投手は結果だけを見てしまうと

最悪な投球内容でした。

ただ、ボールは走っていたし

それだけに悔しいところですね。

四球が4つあったり二死から連打を浴びたり

今年の勝てない武田投手の特徴が

見事に現れてしまいました。

完封ではなくてもQSで十分なので

それくらいはやってほしいんですけどね。

次回はどうするかわかりませんが、

ちゃんと今回の悪いところを修正して

前回完封した時のような内容を

思い出してほしいですね。

武田投手はこんなもんではないので、

この先も厳しい言葉はありますけど

期待はしています。

寺原投手はランナーは出しましたが

無失点で抑えたのは良かったです。

中継ぎ投手は無失点ならいいので

今日は十分ですね。

笠谷投手は二者連続四球で降板ですね。

8球でストライクも入らずですから

今後は厳しいでしょうね。

現状のこの立場でこれでは

今後もチャンスは減るでしょうね。

打たれるならまだしも

打者と勝負できない若手投手は厳しいですから

もう一度2軍で基本からやり直しですね。

松田投手は7回のピンチから登板して

イニング跨ぎで2イニングを

無失点に抑えてくれました。

ボールが暴れてる部分はありますが、

いいボールは投げていますし

これからに非常に期待が持てますね。

今のホークスの中継ぎは状況が厳しいので

このピッチングを続けてもらって

もっといい場面で投げれるように

頑張ってほしいですね。

ナイスピッチングでした。

嘉弥真投手は打者2人でしたけど

ナイスピッチングでした。

采配なので仕方ないですけど、

右打者がいても1イニングを任される投手に

なっていってほしいですね。

五十嵐投手も打者一人を抑えて

ナイスピッチングでした。

野手陣

今日は内川選手を始め

牧原選手なども併殺打でチャンスを潰し、

2018年の弱いホークス打線でしたね。

もちろん武田投手の大量失点が

一番の敗因ではありますけど、

打線も打線だと思いますよ。

走塁ミスもありましたからね。

内川選手も打てないなら打てないで

もっとやれることをやるべきですよね。

併殺打だとわかっていたとしても

全力疾走はしなきゃいけないし、

声を出すとかそういうことも

キャプテンなら率先してするべきです。

そういうことすらできなくなったなら

キャプテンとしても選手としても

今後の士気に影響もしますから、

辞めてもらいたいですね。

実績もある投手ですし

素晴らしい選手ではありますけど、

過去の栄光というのは役に立たないので

ベテランでもありますし

若い選手の見本にならなきゃいけないですから

今後のあり方を考えてほしいですね。

首脳陣も本気で勝ちにいくなら

今の内川選手はスタメンから外すか

2軍に落とすなりを考えてほしいですね。

昨年の日本一とか関係なく

いい加減現実を見て、

本気で勝つ采配をしてほしいですね。

明後日(8月7日)の予想先発

火曜日はZOZOマリンで18時15分から

マリーンズとの13回戦が

予定されています。

ホークスは東浜巨投手

マリーンズは酒居知史投手が予想先発です。

※違う場合もありますが、ご了承ください。

東浜投手の復帰登板が予想されています。

怪我をする前は被ホームランも多く

わずか1勝しか挙げることができずに

不甲斐ない投球が続いていました。

怪我をして期間が空いたことで

ある意味リフレッシュしたでしょうから、

どんな投球をしてくれるのかは

非常に楽しみですね。

チーム状況を考えても復帰戦とは言え

結果が求められる立場ですから、

いい投球をしてほしいですね。

雨で試合が行われるかは微妙ですが、

無事に試合が行われることも

祈りたいと思います。

東浜投手という人物については

下記記事を参照してください。

相手の予想先発は酒居投手です。

前回のヤフオクドームの試合では

7回1失点とほぼ完璧に抑えられました。

マリーンズとは苦しい試合が多く

対戦成績以上に苦労をしてるので、

ここで酒居投手を打ち崩して

いい形で初戦を獲りたいですね。

マリーンズ相手には

打線は打っている印象はあるので、

東浜投手の復帰戦でもありますし

打線は早めに援護してほしいですね。

酒居投手という人物については

下記記事を参照してください。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。