Translate(翻訳):

千賀滉大が無四球完封で9勝目!松田宣浩のホームランやグラシアルの猛打賞などで西勇輝を打ち崩して勝利!【プロ野球試合結果(ソフトバンクホークス対オリックスバファローズ16回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 2 0 0 0 1 2 0 4 9 13 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0

勝 : 千賀滉大(9勝4敗0S)

負 : 西勇輝(6勝11敗0S)

【本塁打】

ソ : 松田宣 23号(2回表2ラン)、柳田 26号(7回表2ラン)、福田 4号(9回表2ラン)

オ :

【投手陣】

ソ : 千賀(9回)

オ : 西(7回)、山崎(1 2/3回)、大山(1/3回)

【戦評】

2回表にホークスは無死一塁から松田選手の2ランホームランで2点を先制する。6回表にホークスは一死満塁から甲斐選手の内野ゴロで1点を追加する。7回表にホークスは二死三塁から柳田選手の2ランホームランで2点を追加する。9回表にホークスは無死一塁から上林選手のタイムリースリーベース、無死三塁から中村晃選手の犠牲フライ、二死二塁から福田選手の2ランホームランで一挙4点を追加する。ホークスは13安打9得点で投げては千賀投手が完封勝利で9勝目を挙げた。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

千賀投手は今日は

何も言うことはないですね。

ストレートの制球はイマイチでも

変化球でカウントが取れていましたし、

フォークもよく決まっていました。

何より無四球での完封というのは

本当に素晴らしいです。

毎回これをやれとは言いませんが

これくらいはできる投手ですから、

今後も負けない投球を続けてほしいですね。

今日はナイスピッチングでした。

野手陣

打線もある程度得点は

期待できると思ってましたけど、

9得点はお見事でした。

デスパイネ選手と内川選手が不在の中、

本当によく打ちました。

松田選手が絶好調なのは

チームにとって大きいです。

まだまだ暑い季節ですから

このまま熱男のままでいてほしいですね。

大きかった収穫としては、

昇格して即スタメンのグラシアル選手が

3安打の猛打賞だったことですね。

春先はバットが湿ってましたけど、

ここ最近は2軍で調子も良くて

やっと巡ってきたチャンスでしたからね。

グラシアル選手が打ってくれると

下位打線まで繋がりのある打線になるので、

明日以降もこれをキープして

いいところで打ってほしいですね。

今日は野手もよく打ってよく守って

ナイスゲームでした!

明日(8月18日)の予告先発

土曜日は京セラD大阪で18時から

バファローズとの17回戦が

予定されています。

ホークスはミランダ投手

バファローズはローチ投手が予告先発です。

ミランダ投手は全くの未知数です。

外国人投手ですから、

特に無駄な四球には注意です。

バファローズ打線は一発も少ないので、

QSくらいの内容をやってくれれば

十分です。

この先に期待が持てる投球を

期待したいところですね。

ミランダ投手という人物については

下記記事を参照してください。

相手の予告先発はローチ投手です。

ローチ投手には前回の対戦で

8回1失点とほぼ抑えられました。

前回はかなり早打ちで助けたので

今回は粘って球数を投げさせて

早めに降板させたいところです。

決して抜群の制球力がある投手ではないので

何とか粘って好球必打で打ち崩したいですね。

ミランダ投手のためにも何とか援護して、

試合を優位に進めたいところです。

ローチ投手という人物については

下記記事を参照してください。

というわけで、今回は以上になります。

次回また試合を観れた際に更新しますので

お楽しみに!

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。