Translate(翻訳):

ミランダが来日初勝利!柳田悠岐が3打点などで天敵ローチから大きな勝利で2連勝!【プロ野球試合結果(ソフトバンクホークス対オリックスバファローズ17回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
2 0 0 0 0 5 0 0 0 7 9 0
0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 5 0

勝 : ミランダ(1勝0敗0S)

負 : ローチ(1勝1敗0S)

【本塁打】

ソ :

オ : 吉田正 20号(4回裏2ラン)

【投手陣】

ソ : ミランダ(5 2/3回)、嘉弥真(2/3回)、加治屋(2/3回)、五十嵐(1回)、中田(1回)

オ : ローチ(5 0/3回)、山田(2/3回)、比嘉(0/0回)、岩本(0/0回)、大山(2 1/3回)、岸田(1回)

【戦評】

1回表にホークスは一死二、三塁から柳田選手のタイムリーヒットで2点を先制する。4回裏にバファローズは無死一塁から吉田選手の2ランホームランで同点に追いつく。6回表にホークスは無死一、二塁から柳田選手のタイムリーヒット、二死満塁から明石選手の押し出し四球、二死満塁から今宮選手の2点タイムリーヒット、二死一、三塁から牧原選手のタイムリーヒットで一挙5点を勝ち越す。ホークスはミランダ投手が6回途中2失点の好投で来日初勝利で2連勝となった。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

ミランダ投手は6回途中2失点で

十分試合を作ってくれました。

一発を浴びてしまったのは

ちょっともったいなかったですが、

無四球というのは評価できますね。

チェンジアップやスライダーは

かなり使えそうなボールでした。

空振りもある程度取れてましたし、

試合を壊すことがなさそうので

今後も期待できそうですね。

まずは来日初登板と初勝利は

良かったです。

嘉弥真投手は打者2人を相手に

ナイスピッチングでした。

加治屋投手も打者2人を相手に

ナイスピッチングでした。

五十嵐投手もヒットは1本打たれましたが

併殺打も含めて3人で終えたのは

良かったですね。

これを続けてくれると助かります。

中田投手は中継ぎ登板でしたが、

1イニングをナイスピッチングでした。

先発から中継ぎと役割は変わってますが、

それをこなしてくれるのはありがたいです。

どこのポジションでも自分の投球を

続けてもらいたいですね。

野手陣

打線は苦手のローチ投手相手に

幸先よく先制点を取れたのは良かったです。

6回にローチ投手が降板した後も

中継ぎ投手から集中打で5点を取れたのは

お見事でした。

柳田選手の3打点も素晴らしかったし、

上林選手と中村晃選手の2安打も

それぞれお見事でした。

今は打線も状態がいいし、

長谷川選手やグラシアル選手も

いい活躍をしてくれているのが大きいです。

夏場は打線が得点を挙げないと

より厳しい試合になってくるので、

これを維持しながら投手陣を援護して

勝ちゲームを増やしていきたいですね。

今日はナイスゲームでした。

明日(8月19日)の予告先発

日曜日は京セラD大阪で13時から

バファローズとの18回戦が

予定されています。

ホークスは大竹耕太郎投手

バファローズは松葉貴大投手が予告先発です。

大竹投手に関しては自分の投球に

集中してもらいたいですね。

バファローズ打線は振れてはいないので

自分の投球をしてくれれば

試合は作れるでしょうし、

打線も援護をしてくれるでしょうから

頑張ってほしいですね。

大竹投手という人物については

下記記事を参照してください。

相手の予告先発は松葉投手です。

松葉投手には前回は勝ち星を

献上してしまいましたけど、

前回もそこそこ打ててはいます。

今はホークス打線も好調なので、

序盤で得点を挙げて

大竹投手を援護してほしいですね。

松葉投手という人物については

下記記事を参照してください。

というわけで、今回は以上になります。

次回また試合を観れた際に更新しますので

お楽しみに!

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。