Translate(翻訳):

メルセデスはカープアカデミー出身?結婚相手(嫁)や成績と年俸などを公開!【プロ野球選手名鑑・読売ジャイアンツ(巨人)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は普段ホークスの試合結果を

私の目線で考察しているのですが、

選手一人一人を私なりの選手名鑑という形で

書いていきますね。

ホークスの試合結果振り返り記事一覧(随時更新)はこちら

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

前回の記事は下記から参照してください。

今回は読売ジャイアンツ

メルセデス投手について書いていきますね。

では、さっそく。

メルセデスの画像、出身や出身高校など

メルセデス投手は1994年3月8日生まれで、

ドミニカ共和国出身

ヌエバ・エスペランサ高校を卒業し、

2017年に育成でジャイアンツに入団した

左投げ左打ちの投手です。

メルセデスの背番号や成績、年俸

メルセデス投手は入団した2017年から

2018年7月8日までは

026番を背負っていました。

2018年7月8日からは95番を背負っています。

主な成績やタイトルとしては、

特にタイトルは獲得していません。

当然つい最近まで育成だったので

実績はあるわけありません。

ただ、今日の試合前までで

5試合で3勝1敗、防御率1.80

安定した働きを見せています。

貴重な戦力として働いていますし、

まだ若い投手ですから

期待もできそうですね。

現時点(2018年)のメルセデス投手の

推定年俸は550万円となっています。

育成契約でもありましたし、

まだ実績がないので妥当ですね。

この活躍を続けていれば

年俸は上がっていくでしょうから、

貪欲に頑張ってほしいですね。

詳しい成績

(投手なら球種やその割合や被打率、

野手なら打球方向や左右投手別成績)

は本物の選手名鑑に詳しく載っています。

メルセデスの応援歌

メルセデス投手の応援歌は

こちらからご覧ください。

メルセデスの登場曲

メルセデス投手が登場曲として使用してる曲は

Melvin FreeNo es por mi fuerzaです。

私は聴いたことがない曲だったので

実際に聴いてみました。

実際に聴いてみたい方は

こちらからご覧ください。

メルセデスの彼女や結婚相手(嫁)、子供はいる?

メルセデス投手は24歳ではありますが、

結婚しています。

現在の妻であるカロリーナさんとは

数年前から付き合っていたらしく、

数年前のバレンタインデーに

カロリーナさんを喜ばせるために

手料理を振舞ったそうです。

とても喜んでくれたそうで

胃袋も掴んだんでしょうね。

2017年には子供である

クリストファー・ジュニアくんも

誕生しています。

メルセデス投手が支配下登録を勝ち取って

1軍で現在頑張れているのも

奥さんと子供の存在が大きいでしょうね。

メルセデスは広島のカープアカデミー出身

まずカープアカデミーとは?

という話になると思うので、

概要を載せておきますね。

カープアカデミーとは、メジャーリーグベースボール(MLB)のアカデミー制度を参考にし、外国人選手の発掘・育成のため、広島東洋カープが1990年11月に6億円を投じてドミニカ共和国に作った日本球界史上初のアカデミーである。

引用元 : Wikipedia

こういうものなんです。

メルセデス投手は来日する前に、

ドミニカでこのカープアカデミーで

1年間真っ赤なカープのユニフォームを着て

プレーをしていました。

現在のカープに在籍のバティスタ選手も

カープアカデミー出身者です。

メルセデス投手はその後は、

ジャイアンツの海外トライアウトで合格して

ジャイアンツに育成で入団した選手です。

ちょっと普通の外国人選手とは違った

異色の経歴を持った選手ですね。

メルセデスに一言

外国人投手ながら育成で入団とは

相当なハングリー精神を持って

来日していると思われます。

来日していきなり3連勝したり

無失点が25イニング連続で続いたりと

素晴らしい活躍ですよね。

シーズン途中からですが

チームには十分貢献していますし、

何よりまだ若い投手で期待が持てます。

外国人枠の関係も出てきますが、

今後も活躍を続けて

先発ローテーションの座を

強固なものにしてほしいですね。

全然一言ではありませんでしたね(苦笑)

次回のプロ野球選手は…

今回は読売ジャイアンツの

メルセデス投手について書きました。

次回は読売ジャイアンツ

今村信貴投手について書きますので

お楽しみに!

私的ジャイアンツの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。