Translate(翻訳):

ミランダが会心の投球で2勝目!松田宣浩がお得意様の十亀剣から打って、3本のホームランで怒涛の8連勝!【プロ野球試合結果(ソフトバンクホークス対埼玉西武ライオンズ17回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

123456789
西000000001120
10010102×560

勝 : ミランダ(2勝0敗0S)

負 : 十亀剣(5勝8敗0S)

S : 森唯斗(1勝4敗25S)

【本塁打】

西 :

ソ : 松田宣 25号(4回裏ソロ)、柳田 28号(8回裏ソロ)、松田宣 26号(8回裏ソロ)

【投手陣】

西 : 十亀(6 1/3回)、齊藤(2/3回)、増田(1回)

ソ : ミランダ(8 2/3回)、森(1/3回)

【戦評】

1回裏にホークスは二死一、二塁から松田選手のタイムリーヒットで1点を先制する。4回裏にホークスは無死走者なしから松田選手のソロホームランで1点を追加する。6回裏にホークスは無死満塁から中村晃選手の犠牲フライで1点を追加する。8回裏にホークスは一死走者なしから柳田選手のソロホームラン、一死走者なしから松田選手のソロホームランで2点を追加する。9回表にライオンズは一死二塁から浅村選手のタイムリーツーベースで1点を返す。ホークスはミランダ投手が会心のピッチングで8連勝となった。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

ミランダ投手は予想以上に

素晴らしいピッチングでしたね。

まさか8回終えてノーヒットで

9回まで投げてくれるとは

さすがに思ってなかったです。

さすがに9回はライオンズ打線は

そう簡単には終わらせてくれませんでした。

それでも森投手以外の投手を

休ませることができたので、

非常に大きい投球内容でした。

このままシーズン最後までと

CSでもチームに貢献してほしいですね。

本当にナイスピッチングでした!

森投手も厳しい場面でしたが、

ナイスピッチングでした!

フォークボールを使い始めて

空振りが取れるようになってきたので、

これを継続していってほしいですね。

野手陣

今日も打線はそこまででしたが、

松田選手を中心に少ないチャンスで

しっかり得点できたのは良かったです。

効果的に得点を重ねられたので

それが大きかったですね。

十亀投手は松田選手はよく打ちますが

ホークス全体としては

特別得意ではない投手なので、

松田選手の打撃を中心に

得点を取れたのは良かったですね。

松田選手は得意の十亀投手をきっかけに

マルチホームランを含む猛打賞に繋げたのも

素晴らしかったです。

柳田選手の追加点のホームランも

大きかったですし、

グラシアル選手の繋ぎというのも

素晴らしかったです。

この流れで明日も何とか得点を取って

今週は全部勝ちたいですね。

明日(8月26日)の予告先発

日曜日はヤフオクドームで13時から

ライオンズとの18回戦が

予定されています。

ホークスは大竹耕太郎投手

ライオンズは郭俊麟投手が予告先発です。

大竹投手はプロ初登板のライオンズ戦で

8回2失点でプロ初勝利を挙げてます。

ただ、今回は2回目の対戦なので

一筋縄ではいかないと思います。

それでもピンチの場面でも落ち着いて

冷静に投げられていますから、

明日も冷静な投球で自分のピッチングを

していってほしいですね。

大竹投手という人物については

下記記事を参照してください。

相手の予告先発は郭投手です。

正直、久しぶりの対戦なので

あまりわからない部分が多いですね。

過去に対戦経験はある投手なので

よくボールを見て早めに攻略して

大竹投手を援護したいですね。

郭投手という人物については

下記記事を参照してください。

というわけで、今回は以上になります。

次回また試合を観れた際に更新しますので

お楽しみに!

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。