Translate(翻訳):

【プロ野球】2017年順位予想&結果の振り返りと2018年の戦力分析(セリーグ パリーグ)

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

私は以前の自己紹介でも書きましたが、

プロ野球が大好きで中でも

福岡ソフトバンクホークスの大ファンです。

なぜホークスファンなのかは簡単に言うと、

杉内俊哉投手(現読売ジャイアンツ)が好きで

そのままホークスファンになりました。

私の家族は野球が大好きな家族で

両親が阪神タイガースファン、

弟が北海道日本ハムファンと

家族の中でも応援している球団が違います。

そういう影響もあってか、

私は贔屓(ひいき)球団以外の11球団も

それなりに詳しい自信があります。

もうすぐ2月1日になりキャンプインで

本格的にプロ野球シーズンも始まるということで

当ブログでは今年は、

12球団の戦力分析両リーグの順位予想

詳細に行っていきたいと思います。

と前置きが長くはなりましたが、

今回は去年2017年の順位予想を

軽く振り返っていきたいと思います。

2017年の両リーグの順位予想と結果

(パリーグ順位予想)

1位 : 福岡ソフトバンクホークス

2位 : 北海道日本ハムファイターズ

3位 : 千葉ロッテマリーンズ

4位 : オリックスバファローズ

5位 : 東北楽天ゴールデンイーグルス

6位 : 埼玉西武ライオンズ

【結果】

1位 : 福岡ソフトバンクホークス

2位 : 埼玉西武ライオンズ

3位 : 東北楽天ゴールデンイーグルス

4位 : オリックスバファローズ

5位 : 北海道日本ハムファイターズ

6位 : 千葉ロッテマリーンズ

(セリーグ順位予想)

1位 : 阪神タイガース

2位 : 広島東洋カープ

3位 : 読売ジャイアンツ

4位 : 横浜DeNAベイスターズ

5位 : 東京ヤクルトスワローズ

6位 : 中日ドラゴンズ

【結果】

1位 : 広島東洋カープ

2位 : 阪神タイガース

3位 : 横浜DeNAベイスターズ

4位 : 読売ジャイアンツ

5位 : 中日ドラゴンズ

6位 : ヤクルトスワローズ

こんな感じです。

ひどいですね…笑

全然予想と結果が当たっていません。

2017年の振り返り

軽くそれぞれのリーグを

振り返っていきたいと思います。

パリーグ

途中まで楽天と競ったものの、

最終的には圧倒的な強さで私の贔屓である

福岡ソフトバンクホークスが優勝しました。

ホークスはケガ人はたくさんいましたけど、

持ち前の層の厚さが目立ったシーズンでした。

楽天に関して言えば、

岸投手が加入をしたというだけでしたが

投手陣は強かったと思います。

打線に関しても外国人トリオや

茂木選手などの台頭で底上げされて

2017年は優勝争いができたと思います。

予想外に強かったのがライオンズですね。

菊池雄星投手の活躍や山川選手の台頭など

本来活躍すべき選手が活躍しました。

夏場の13連勝など打線は活発なチームなので

乗せると強かった結果が2位という

躍進に繋がったと思います。

オリックス、ファイターズ、ロッテに関しては

ケガ人も多く持ち前の戦力が

機能しなかった結果だと思いますね。

ちょっと雑ではありますが、

続いてセリーグを振り返っていきます。

セリーグ

広島の連覇は予想は容易でしたけど、

毎年阪神に期待をしている私がいるので

順位予想は入れ替えてしまいました。

やっぱり去年の広島は強かったですね。

打線もタナキク丸の上位打線に鈴木誠也選手

松山選手に安部選手に新井選手に加えて

外国人選手も機能しました。

投手陣も薮田投手を筆頭に

若手も機能して充実していました。

去年のセリーグを見る限りは

広島は圧倒的だったと思います。

阪神に関しては、去年は健闘したと思います。

あとは藤浪投手の復活に懸かると思います。

去年の藤浪投手で阪神は2位なので

普通に実力を発揮してくれれば

広島といい勝負になると思いますね。

横浜に関しては、最後は頑張りましたね。

日本シリーズでもホークスを追い詰めて

今永投手や濱口投手などの若い投手も

頭角を現してきたと思います。

元々打線は強いチームなので

投手陣が良かった去年に関していえば、

2年連続Aクラスなのも納得です。

巨人は去年の菅野投手がいて4位なのが

疑問でなりませんね。

マイコラス投手と田口投手もいましたし、

さすがに打線が問題でしたね。

中日は若手が少なすぎること、

ヤクルトはケガ人が多すぎ問題なので

これが原因でしょうね。

これらを踏まえて2018年の戦力分析

かなりザックリではありましたけど、

2017年シーズンを振り返ってみました。

次回からはこれらのことを踏まえた上で

今年2018年シーズンの各球団の戦力分析を

していきたいと思います。

随時こちらの記事でも戦力分析記事は

記載していきますので、どうぞご覧ください!

福岡ソフトバンクホークスの戦力分析

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

埼玉西武ライオンズの戦力分析

私的ライオンズの選手名鑑一覧はこちら。

東北楽天ゴールデンイーグルスの戦力分析

私的イーグルスの選手名鑑一覧はこちら。

オリックスバファローズの戦力分析

私的バファローズの選手名鑑はこちら。

北海道日本ハムファイターズの戦力分析

私的ファイターズの選手名鑑一覧はこちら。

千葉ロッテマリーンズの戦力分析

私的マリーンズの選手名鑑一覧はこちら。

広島東洋カープの戦力分析

私的カープの選手名鑑一覧はこちら。

阪神タイガースの戦力分析

私的タイガースの選手名鑑一覧はこちら。

横浜DeNAベイスターズの戦力分析

私的ベイスターズの選手名鑑一覧はこちら。

読売ジャイアンツの戦力分析

私的ジャイアンツの選手名鑑一覧はこちら。

中日ドラゴンズの戦力分析

私的ドラゴンズの選手名鑑一覧はこちら。

東京ヤクルトスワローズの戦力分析

私的スワローズの選手名鑑一覧はこちら。

2018年のパリーグの順位予想

2018年のセリーグの順位予想