丸佳浩の性格は?顔がでかい?ファンサービスや移籍先予想も公開!【プロ野球選手名鑑・読売ジャイアンツ(巨人)】

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

すみさん

おはこんばんちわ!

すみさんです。

今回は普段ホークスの試合結果を私の目線で考察しているのですが、選手一人一人を私なりの選手名鑑という形で書いていきますね。

前回の記事は下記から参照してください。

佑唯ちゃん

今回は読売ジャイアンツ丸佳浩選手の更なる詳細プロフィールついて書いていきますね♪

では、さっそく。

丸佳浩は顔でかい?性格とファンサービスも紹介!

丸選手は本人も認めるほど

顔がでかいと言われています。

「顔でかいんで…」

と自虐的な発言をすることも

しばしばあるとのことです。

そんな丸選手の性格ですが、

真面目な性格でありながら

明るいキャラでいじられキャラとしても

ファンに愛されています。

丸選手自身もプロ入りして約10年で

後輩も多くなってきましたし、

後輩のこともよく気遣ってるみたいです。

いい先輩ですね。

ファンサービスについても

悪い噂は全く聞かないですし、

ホームランを打って守備につく際に

スタンドからの声援に敬礼をするなど

ファンを楽しませてくれています。

チームメイトやファンからの人望も厚い

非常に素晴らしい選手ですね。

丸佳浩のFA移籍先は巨人?阪神?ロッテ?それとも…?

2018年オフのFA市場には

丸選手も目玉として挙がっています。

今年は大物選手がFA権を取得していて、

ライオンズの浅村選手や

バファローズの西投手なども

目玉選手として動向が注目されています。

しかし、やはり一番の注目は

丸選手の動向でしょう。

そんな丸選手ですが、

  • カープに残留
  • ジャイアンツに移籍
  • タイガースに移籍
  • マリーンズに移籍

このうちのどれかが予想されます。

この中でも移籍をするなら

ジャイアンツに移籍が濃厚と言われてます。

その理由としては、

  • 元ジャイアンツの松井秀喜さんのファン
  • 丸選手の父親がジャイアンツの阿部慎之助選手のファン
  • 丸選手は中学生の頃、高橋由伸監督のファン

これらのエピソードがあります。

このようなことから

オフにはジャイアンツに移籍するのでは?

と言われています。

更に、丸選手は昨年のオフに

単年契約を結んだことや

契約内容に納得がいかないということも

見受けられました。

ジャイアンツなら

高額の契約を結べるでしょうし、

丸選手の要望にも応えるでしょうから

その点も有利なんですよね。

タイガースもその点は有利ですが、

丸選手にとってはあまり縁がなく

わざわざタイガースに移籍する理由が

正直見当たりません。

マリーンズは丸選手の出身である

千葉の球団ではありますけど、

それ以外に特に理由がありません。

マリーンズはあまり高額な契約を

提示することは少ないですから、

ちょっと可能性は薄いでしょうね。

これらのことを考えると

移籍するならジャイアンツが濃厚です。

しかし、実際のところは

カープに残留することが濃厚です。

理由は2つあって、

  • オーナーが3年12億ほどの大型契約を提示予定
  • 家族と子供のことを考えて、単身赴任となる他球団へは移籍しない可能性が高い

このようなことから

カープに残留の可能性が高いです。

特に奥さんは中学からの幼馴染で

10年ほどの付き合いですから、

その奥さんと子供を残して

単身赴任というのは考えづらいでしょう。

丸選手自身も家族への思いは強いので、

オーナーがあれだけの大型契約を提示して

誠意を見せてくれれば

丸選手は残留を選ぶでしょうからね。

とはいえ、オフシーズンの去就は

注目したいですね。

丸佳浩に一言

丸選手は今やセリーグだけでなく

球界を代表する外野手なので、

非常にFAでの動向が気になります。

個人的な思いとしては、

丸選手が移籍するくらいの方が

セリーグは面白くなるのかな…笑

なんて思ったりもしますけど、

カープファンとしては困りますよね。

今年の丸選手は出塁率が高くて

歴代トップを狙えるレベルなので、

丸選手の成績にも期待ですね。

すでに好成績でFA市場でも

自身の株をかなり高めてるので、

各球団がどれくらいの条件を

丸選手に提示するかというのは見物ですね。

今後も丸選手の素晴らしい活躍を

期待しています。

全然一言ではありませんでしたね(苦笑)

次回のプロ野球選手は…

すみさん

今回は読売ジャイアンツの丸佳浩選手について書きました。

佑唯ちゃん

次回は読売ジャイアンツ炭谷銀次朗選手について書きますのでお楽しみに!

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。