Translate(翻訳):

東浜巨が6回1失点で4勝目!今宮健太のホームランと3打点の活躍もありチームは3連勝!【プロ野球試合結果(ソフトバンクホークス対楽天イーグルス24回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 2 2 0 1 0 0 1 6 11 3
0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 5 2

勝 : 東浜巨(4勝5敗0S)

負 : 安樂智大(0勝1敗0S)

【本塁打】

ソ : 今宮 11号(3回表2ラン)、柳田 33号(9回表ソロ)

楽 :

【投手陣】

ソ : 東浜(6回)、スアレス(1回)、加治屋(1回)、石川(1回)

楽 : 安樂(6回)、森原(1回)、久保(1回)、菅原(1回)

【戦評】

3回表にホークスは一死一塁から今宮選手の2ランホームランで2点を先制する。2回裏にイーグルスは二死三塁から東浜投手の失策で1点を返す。4回表にホークスは無死三塁から甲斐選手のタイムリーヒット、一死一、三塁から今宮選手の犠牲フライで2点を追加する。6回表にホークスは二死三塁から牧原選手のタイムリーヒットで1点を追加する。9回表にホークスは二死走者なしから柳田選手のソロホームランで1点を追加する。東浜投手が6回1失点の好投で打線も着実に得点を重ね3連勝となった。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

東浜投手は6回1失点と

試合は十分に作ってくれました。

甘いボールも多かったものの

相手の拙攻や打ち損じもあったので

助けられた部分は大きいです。

それでも結果は試合を作ってるので

良かったとは言える内容ですね。

ただ、一つ今後注意してほしいのは

一個のエラーですよね。

今日の失点はピッチャーゴロを

しっかり捌いていれば

無失点で終えることができた試合です。

今日はそれが大怪我に繋がらずに

最少失点で抑えられたのでいいですが、

これから大事な試合では

そのミス一つで負けることがあります。

現に前回の千賀投手は

一つのミスがきっかけで負けています。

今後はミスはないように

しっかり投げていってほしいですね。

今日はナイスピッチングでした。

スアレス投手は先頭に二塁打と

長打は打たれましたけど、

その後はさすがでしたね。

打たれることはありますけど

無失点で抑えることが重要なので、

これをこれからも継続してほしいですね。

加治屋投手は今日は三者凡退で

ナイスピッチングでしたね。

石川投手も三者凡退で

ナイスピッチングでした。

頼もしい中継ぎ投手として

このまま投げていってほしいですね。

野手陣

打線はある程度いい形で

ホームランでも繋いでいく形でも

得点をすることはできました。

ただ、甲斐選手の2つの悪送球は

今後は気をつけてほしいですね。

結果それで1点を失っているので

今後はないようにしたいところです。

甲斐選手は今日は打撃で2安打1打点と

しっかり取り返してはいますけど、

これからの大事な試合では

ミスで負けることもありますからね。

今日はエラーが多かったので、

そこはまたチーム全体として見つめ直して

明日以降の試合に臨んでもらいたいですね。

明日(9月12日)の予告先発

水曜日は楽天生命パークで18時から

イーグルスとの25回戦が

予定されています。

ホークスは武田翔太投手

イーグルスは辛島航投手が予告先発です。

武田投手は久しぶりの先発です。

中継ぎでは4試合で無失点と

いい投球をしてくれてました。

プロ初セーブも挙げたりと

中継ぎでいい経験をしたはずなので、

それを今度は先発のマウンドで

生かしてほしいですね。

無駄な四球だけはなくしてもらって

試合を作ってほしいですね。

武田投手という人物については

下記記事を参照してください。

相手の予告先発は辛島投手です。

辛島投手は打ち込んでますが、

ハマるとなかなか打てない投手なので

序盤で攻略したいところです。

球数を投げさせて早めに降板させて

武田投手を援護してほしいですね。

辛島投手という人物については

下記記事を参照してください。

というわけで、今回は以上になります。

次回また試合を観れた際に更新しますので

お楽しみに!

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。