Translate(翻訳):

ミランダが6回無失点の粘投!4本のホームランが飛び出し二桁11得点で連敗を阻止する大きな1勝!【プロ野球試合結果(ソフトバンクホークス対オリックスバファローズ20回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0
0 0 0 7 1 3 0 1 × 12 15 1

勝 : ミランダ(3勝0敗0S)

負 : 山岡泰輔(5勝11敗0S)

【本塁打】

オ :

ソ : グラシアル 5号(4回裏ソロ)、今宮 10号(4回裏3ラン)、松田宣 27号(6回裏3ラン)、柳田 32号(8回裏ソロ)

【投手陣】

オ : 山岡(3 1/3回)、澤田(1 2/3回)、吉田一(1回)、岸田(1回)、比嘉(1回)

ソ : ミランダ(6回)、スアレス(1回)、中田(2回)、

【戦評】

4回裏に一死走者なしからグラシアル選手のソロホームラン、一死二、三塁から甲斐選手の2点タイムリーヒット、一死一、二塁から牧原選手のタイムリーヒット、一死一、二塁から今宮選手の3ランホームランで一挙7点を先制する。5回裏にホークスは二死三塁から牧原選手のタイムリースリーベースで1点を追加する。6回裏にホークスは一死一、二塁から松田選手の3ランホームランで3点を追加する。8回裏にホークスは一死走者なしから柳田選手のソロホームランで1点を追加する。ホークスは昨日の鬱憤を晴らすように11得点で大勝となった。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

ミランダ投手は内容は悪かったですが

粘投と言ったところですね。

四球が多かったのが気になりますが

無失点で抑えたのは良かったです。

相手の拙攻と味方の守備に

かなり助けられた部分があるので、

次回は修正して投げてほしいですね。

これだけ四球が多いと

次回のライオンズ戦は厳しいので、

そこだけは何とかしてもらいましょう。

それでも今日はナイスピッチングでした。

スアレス投手はヒットを1本打たれましたが

無失点で抑えたのは良しです。

加治屋投手が不安定なので

スアレス投手が安定してくれると

チームとしても助かりますからね。

9月は投げた試合は無失点で

抑えていってほしいですね。

中田投手は無失点で抑えましたが、

出来は最悪でしたね。

大量にリードがあったので良かったですが

これでは起用する場面は限られますね。

とはいえ、無失点ならいいので

次回はもっと内容もしっかりした上で

抑えてほしいですね。

野手陣

ここ最近は全然打てなかったですが、

今日は言うことなかったですね。

あまり集中打は少なかったので

今日のような攻撃は理想です。

ただ、これを継続してもらわないと

これから逆転優勝はないですからね。

打てないのはしょうがないですが、

無駄な走塁ミスや守備のエラーは

減らしていってほしいですね。

何はともあれこの時期は結果なので

今日はナイスゲームでした。

明日(9月9日)の予告先発

日曜日はヤフオクドームで13時から

バファローズとの22回戦が

予定されています。

ホークスはバンデンハーク投手

バファローズは西勇輝投手が予告先発です。

バンデンハーク投手はバファローズ戦は

3戦2勝で防御率2.70と相性がいいです。

普通に投げてくれれば問題ないので

試合をしっかり作ってほしいですね。

ライオンズを追いかけるためには

負けている場合ではないので、

チームに流れを呼ぶ投球を期待です。

バンデンハーク投手という人物については

下記記事を参照してください。

相手の予告先発は西投手です。

西投手には今シーズンはよく打っていて

イメージは悪くないです。

ただ、最近は西投手も状態がいいので

しっかり甘いボールを捉えて

打っていきたいところです。

今週は打線が低調気味になってるので

何とか先に先制をして

試合を優位に進めていきたいですね。

西投手という人物については

下記記事を参照してください。

というわけで、今回は以上になります。

次回また試合を観れた際に更新しますので

お楽しみに!

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。