Translate(翻訳):

山川穂高はゆりやん似?結婚相手(嫁)やピアノと応援歌や成績と年俸などを公開!【プロ野球選手名鑑・埼玉西武ライオンズ】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は普段ホークスの試合結果を

私の目線で考察しているのですが、

選手一人一人を私なりの選手名鑑という形で

書いていきますね。

ホークスの試合結果振り返り記事一覧(随時更新)はこちら

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

前回の記事は下記から参照してください。

今回は埼玉西武ライオンズ

山川穂高選手について書いていきますね。

では、さっそく。

山川穂高の画像、出身や出身高校など

山川選手は1991年11月23日生まれで、

沖縄県出身で中部商業高校を卒業し、

富士大学を経て2013年のドラフト2位

ライオンズに入団した

右投げ右打ちの内野手です。

山川穂高の背番号や成績、年俸

山川選手は入団した2014年から

33番を背負っています。

主な成績やタイトルとしては、

特にタイトルは獲得していません。

今シーズンはホームラン王は確実で

打点王も狙える位置にいます。

ライオンズの4番として堂々と

開幕から打ちまくっている選手ですね。

まだまだ若い選手なので

これから不動の4番となるでしょうね。

現時点(2018年)の山川選手の

推定年俸は3240万円となっています。

今年は間違いなく倍増以上でしょうが

まだ実績を残して2年ですから、

来年も重要な一年になるでしょうね。

億プレイヤーを目指して

頑張ってほしいですね。

詳しい成績

(投手なら球種やその割合や被打率、

野手なら打球方向や左右投手別成績)

は本物の選手名鑑に詳しく載っています。

山川穂高の応援歌と歌詞

山川選手の応援歌と歌詞はこちらです。

山川穂高ここで一発 高らかにアーチ描こうぜ 皆の願いバットにのせて 飛ばせ遥か彼方まで
山川 山川 山川穂高 山川 山川 山川穂高

動画はこちらからご覧ください。

山川穂高の登場曲

山川選手が登場曲として使用してる曲は

BEGINオジー自慢のオリオンビール(エイサー・バージョン)です。

私は聴いたことがない曲だったので

実際に聴いてみました。

実際に聴いてみたい方は

こちらからご覧ください。

山川穂高の彼女や結婚相手(嫁)、子供はいる?

山川選手は2017年8月9日に

麻衣子さんという1歳年上の一般女性と

結婚しています。

大学時代からの付き合いで

2010年頃から約7年の交際を経て

ゴールインしたそうです。

シーズン中に結婚をしていますが、

山川選手がブレイクしたのは

ちょうどこの辺りからなので、

奥さんの支えもあったでしょうね。

子供の情報についてはまだ情報がないので

情報が出たら追記していきますね。

山川穂高はゆりやん似でかわいい?母親とピアノと書道も紹介!

山川選手は愛くるしいルックスから

かわいいと言われることがあります。

そんな山川選手はお笑い芸人の

ゆりやんに似てると言われています。

比較画像はこちらからどうぞ。

たしかに似てると言えば似てますね(笑)

山川選手は子供の頃にお母さんから

ゲームをたたき壊されたことがあります。

ゲームより野球の練習をしなさいということを

言われたそうです。

そんなお母さんですけど、

山川選手のことをいつも見守ってくれる

優しいお母さんだったみたいですね。

山川選手はかなり器用で

書道やピアノも得意としています。

幼稚園の頃に始めた習字は8段の実力で、

ピアノで弾く得意曲としては、

  • カノン
  • エリーゼのために
  • サマー

この辺りは楽譜を見ずに弾けるそうです。

見た目からは想像できませんが、

これもお母さんの影響かもですね。

山川穂高に一言

とにかく今年の山川選手は

いい場面でのホームランが多くて

相手からは非常に嫌な打者です。

ランナーを置いてのホームランが

結構多い選手なので、

それで打点も多いんですよね。

2017年は夏頃からの活躍で

今年は一年間持つかな?

と少し疑問に思っていましたが、

期待以上の活躍で驚いています。

まだまだ若き主砲ですから

相手からすれば脅威ですけど、

ホームランバッターというのは

見ていても気持ちがいいですから

これからも活躍してほしいですね。

全然一言ではありませんでしたね(苦笑)

次回のプロ野球選手は…

今回は埼玉西武ライオンズの

山川穂高選手について書きました。

次回は埼玉西武ライオンズ

外崎修汰選手について書きますので

お楽しみに!

私的ライオンズの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。