Translate(翻訳):

栗山巧は性格もイケメン?結婚相手(嫁)や応援歌と成績や年俸などを公開!【プロ野球選手名鑑・埼玉西武ライオンズ】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

今回は普段ホークスの試合結果を

私の目線で考察しているのですが、

選手一人一人を私なりの選手名鑑という形で

書いていきますね。

ホークスの試合結果振り返り記事一覧(随時更新)はこちら

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

前回の記事は下記から参照してください。

今回は埼玉西武ライオンズ

栗山巧選手について書いていきますね。

では、さっそく。

栗山巧の画像、出身や出身高校など

栗山選手は1983年9月3日生まれで、

兵庫県出身で育英高校を卒業し、

2001年のドラフト4位

ライオンズに入団した

右投げ左打ちの外野手です。

栗山巧の背番号や成績、年俸

栗山選手は入団した2002年から2007年まで

52番を背負っていました。

2008年から1番を背負っています。

主な成績やタイトルとしては、

  • 2008年に最多安打
  • 2008年、2010年、2011年にベストナイン
  • 2010年にゴールデングラブ賞

それぞれのタイトルを獲得しています。

私の中ではミスターライオンズで

ライオンズを代表する選手です。

最近は代打ということもありますが、

非常に勝負強い選手ですし

頼れる選手であることは間違いありません。

通算2000安打も狙えるくらいなので

それまではライオンズの中心選手として

頑張ってほしいですね。

現時点(2018年)の栗山選手の

推定年俸は1億3000万円となっています。

少し成績は落ちてきているので

思ったより年俸は高くないですが、

今年は年俸以上の活躍を

見せてくれていますからね。

年俸以上のインパクトはある選手です。

詳しい成績

(投手なら球種やその割合や被打率、

野手なら打球方向や左右投手別成績)

は本物の選手名鑑に詳しく載っています。

栗山巧の応援歌と歌詞

栗山選手の応援歌と歌詞はこちらです。

勝利に向かって 進め今こそ 生み出せチャンスを いざ栗山

動画はこちらからご覧ください。

栗山巧の登場曲

栗山選手が登場曲は現在設定していません。

2016年頃からの時間短縮のための配慮で

栗山選手はそうしてるそうです。

2017年までは登場曲は、

クレイジーケンバンド

あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ。でした。

実際に聴いてみたい方は

こちらからご覧ください。

栗山巧の彼女や結婚相手(嫁)、子供はいる?

栗山選手は2010年に一般女性の

上田深咲(みさき)さんと結婚しています。

知人の紹介で知り合ったそうで

奥さんの方が3歳年上だそうです。

奥さんは同じ兵庫県出身で

5年間の交際を経てゴールインしました。

子供は2011年に長男が誕生しています。

2人目以降の子供については情報がないので

一人っ子かと思われます。

栗山選手のような男前な人の子供ですから、

長男もイケメンかもですね。

栗山巧はイケメンで性格もかっこいい?

栗山選手はルックスがイケメンで

ファンから人気があります。

それでもって性格もかっこよくて

その部分もファンから支持されています。

栗山選手は兵庫県出身ということで

阪神淡路大震災の被害を受けました。

その際に支援をしてもらった感謝から、

社会貢献活動を度々行っています。

マスコミへの神対応も素晴らしく、

自分がどんなに調子が悪い時でも

記者からの質問にはしっかり答えます。

戦力外になった選手のことも気遣って、

その後の仕事が決まるまで運転手として雇って

助けてあげたりもしています。

もちろんファンサービスもいい選手で、

ルックスや野球の実力だけでなく

人格者としても素晴らしい選手ですね。

栗山巧に一言

栗山選手は相手からすると

非常に勝負強い選手で嫌な打者です。

私は性格も非常に良くて男前なので

個人的には好きな選手ですけど、

やはり相手打者としては

ここぞという場面では嫌な選手です。

あまりド派手な選手ではないですが、

2000本安打というのも狙えるので

是非達成してほしいなと思います。

まだまだライオンズを引っ張る存在として

チームに貢献してもらいたいですね。

全然一言ではありませんでしたね(苦笑)

次回のプロ野球選手は…

今回は埼玉西武ライオンズの

栗山巧選手について書きました。

次回は埼玉西武ライオンズ

金子侑司選手について書きますので

お楽しみに!

私的ライオンズの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。