Translate(翻訳):

【2018プロ野球】西武ライオンズの戦力分析(先発ローテーション予想)【パリーグ】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

今回は埼玉西武ライオンズの投手陣の

戦力分析を行っていきたいと思います。

他球団の戦力分析が気になるという場合は

下記記事から参照してください。

では、さっそく。

ライオンズの先発投手陣の戦力分析

まずは、予想される先発投手陣の選手たちを

昨年の成績を含めて載せていきますね。

(◎は当確、○は候補、△は穴場)

◎菊池雄星(26試合 187 2/3回 防御率1.97 16勝6敗 ※2017年最優秀防御率、最多勝、ベストナイン、ゴールデングラブ)

◎ウルフ(23試合 125 1/3回 防御率3.73 9勝4敗)

◎十亀剣(20試合 116 1/3回 防御率3.40 8勝7敗)

◎多和田真三郎(16試合 96 2/3回 防御率3.44 5勝5敗)

○高橋光成(7試合 39 1/3回 防御率4.12 3勝4敗)

○岡本洋介(14試合 64回 防御率5.34 6勝3敗)

○高木勇人(16試合 27 1/3回 防御率2.63 1勝2敗)

△齊藤大将(2017年ドラフト1位ルーキー)

ライオンズの基本的な先発投手陣の顔ぶれは

こんな感じだと思います。

私のライオンズの投手陣に関する見解を

書いていきますね。

ライオンズの先発投手陣の評価

先発投手陣に関しては、

先発当確投手、候補投手、穴場投手について

それぞれ書いていきたいと思います。

先発ローテーション当確投手

まずは、ピンク字で書いた4選手についてです。

菊池投手に関しては、

昨年は申し分ない成績だったと思います。

ようやく本来の力を発揮したと思うので

成績自体に特別驚きはないし、

今年もこれくらいやれると思います。

ただ、まだもの足りないのは

ホークス戦未勝利という点でしょうね。

パリーグではホークスを叩かないと

優勝というのは絶対にあり得ません。

エースが勝てないチームがあるというのは

まだ真のエースではないので、

ライオンズが本気で優勝を狙うなら

菊池投手がホークス戦で勝つことですね。

ウルフ投手に関しては、

昨年ほどの成績で十分だと思います。

年齢的にも長いイニングを投げるのは厳しいので

6回までで試合を作ってくれれば

十分な投手だと思いますね。

十亀投手と多和田投手に関しては、

ハッキリ言ってもの足りませんね。

野上投手がジャイアンツへ移籍した以上、

この2人の投手が10勝ずつはしないと

厳しいと思います。

特に、十亀投手は二桁勝利の経験もあるし

実績のある投手ではあるので、

今年はピリッとしないといけませんね。

多和田投手は右のエースになるべき投手なので

3年目の今年の飛躍に期待です。

先発ローテーション候補投手

候補投手の中で私が一番期待をするのは

高橋光成投手です。

夏の甲子園で前橋育英高校で優勝した際の

エースだった投手です。

高卒とはいえ、期待の大きい選手ですが、

プロ入り3年は3勝4勝5勝

イマイチぱっとしません。

今年のライオンズの先発投手陣を見ると、

そろそろ高橋光成投手が多和田投手と共に

右のエース格としてチームを

引っ張っていかないといけないと思います。

鋭く落ちる変化球などえぐいボールもあるので

4年目の今期は期待したいですね。

岡本投手に関しては、

困った時にローテを埋めるのが

一番いい形だと思いますね。

楽天にいた川井投手のような

便利屋という枠が一番合っていて、

困った時は中継ぎとしてフル回転するのも

ありではないかと思います。

高木投手に関しては、

未知数ではありますが面白い存在だと思います。

ジャイアンツ時代のルーキーイヤーに

一年間ローテを守って9勝していますし、

リーグや環境が変わって再起する可能性は

十分秘めていると思いますね。

元々魔球のようなカットボールはありますし

コントロールもいい投手だったので、

面白い存在にはなりそうですね。

先発ローテーション穴場投手

唯一先発ローテーションで穴場として

考えられる投手が、新人投手である

齊藤大将投手です。

最速146kmのストレートに切れ味鋭い

スライダーを持っている投手で、

クロスファイヤーを武器にしている左腕です。

ボールの出どころが見づらいことで

奪三振能力も高い投手です。

ボールを低めに集めることができるので

先発投手不足のライオンズの救世主に

なる可能性は十分にあり得る

期待のルーキー左腕ですね。

ライオンズの中継ぎ投手陣

ここまではライオンズの先発投手陣について

書いてきました。

次回はライオンズの中継ぎ投手陣について

書いていきたいと思います。

私的ライオンズの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。