Translate(翻訳):

柳田悠岐はカープにFA移籍?怪我とホームランの動画や井端との関係も公開!【プロ野球選手名鑑・ソフトバンクホークス】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

今回は普段ホークスの試合結果を

私の目線で考察しているのですが、

選手一人一人を私なりの選手名鑑という形で

書いていきますね。

ホークスの試合結果振り返り記事一覧(随時更新)はこちら

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

前回の記事は下記から参照してください。

今回は福岡ソフトバンクホークス

柳田悠岐選手の更なる詳細プロフィールついて

書いていきますね。

では、さっそく。

柳田悠岐は広島東洋カープファンでFA移籍もある?

柳田選手は広島県出身ということもあり

大のカープファンです。

それは今も変わることはないです。

一時期はカープに移籍するために

FA権を取得すると言ってたくらいです(笑)

ただ、実際はホークスとは

2018年から3年契約を結んでいるので

しばらくFA移籍はできません。

更に現在の年俸が5億5000万円で

これをカープが支払えるかというと

正直無理というのが現状です。

ホークスファンの私としては

移籍をされたら困りますけど、

プロ野球選手でも小さい頃から

どこかのチームのファンというのは

珍しいことではないし、むしろよくあります。

それはプロになっても変わらないし

悪いことでもないです。

FAは選手の権利ですから、

取得したら権利を行使して

移籍するのは自由ですからね。

個人的には柳田選手と鈴木誠也選手、

丸選手との最強の外野を見たい気もしますが、

現状はそれは起こりえないことなので

東京オリンピック辺りで期待ですね。

柳田悠岐の打率とホームラン(動画あり)がエグイ!怪我が唯一…

柳田選手はとにかくフルスイングで

飛距離もエグイ選手です。

このフルスイングだけで球場を沸かせて

ファンを魅了できる選手です。

そして、これだけのフルスイングながら

打率もすごい数字を残しています。

  • 2014年 : 打率.317
  • 2015年 : 打率.363(首位打者&トリプルスリー達成)
  • 2016年 : 打率.306
  • 2017年 : 打率.310

今年も打率は.350をキープしてるので

5年連続の打率3割以上は確定です。

あれだけのフルスイングながら

ちゃんとボールも見れるので、

素晴らしい選手ですよね。

2015年はライオンズの秋山選手が

シーズン216安打の日本記録ながら

打率は柳田選手が上でしたからね。

あれだけフルスイングでホームランも打てて

飛ばす力もあるのに打率も残せるのは

柳田選手くらいでしょうね。

そんな柳田選手は唯一怪我が

秋に多い選手ではあります。

毎年秋の大事な時期の試合に

怪我で出場できないことが多々あります。

どんなに才能があっても怪我で離脱したら

全く意味がなくなってしまいますから、

これからも怪我にだけは気をつけて

活躍を続けてほしいですね。

柳田悠岐の才能を2011年に井端弘和が絶賛していた!?

これは柳田選手がルーキーイヤーの話です。

2011年に当時まだ現役選手だった

現ジャイアンツコーチの井端弘和さんが

「2軍のソフトバンクの柳田選手って人が

今年一番パワーある選手だと思った」

と言っていたことがあります。

当時放送されていた番組の

パワーヒッター部門で、

唯一1軍でホームランを打ってないのに

選ばれてたくらいですからね。

たまたま2軍で試合に出場した時に

井端選手は見ただけですが、

それでも度肝を抜かれたみたいですし。

ちなみに、2012年にプロ初本塁打を打って、

2013年から6年連続で

二桁本塁打を打っています。

井端選手の見る目は

間違ってなかったですね(笑)

当時の井端選手の発言の動画は

こちらからご覧ください。

柳田悠岐に一言

成績に関しては何も文句ないし

このまま頑張ってほしいです。

唯一不満があるとすれば、

秋の大事な時期に怪我が多いので

それだけは何とかしてほしいです。

2016年も大事な9月に怪我で離脱して

ファイターズに逆転優勝をされましたし。

それ以外はキャラも面白くて

成績も素晴らしいわけなので文句はないので、

怪我だけには本当に気をつけて

長く活躍をしてほしいですね。

全然一言ではありませんでしたね(苦笑)

次回のプロ野球選手は…

今回は福岡ソフトバンクホークスの

柳田悠岐選手について書きました。

次回は福岡ソフトバンクホークス

上林誠知選手について書きますので

お楽しみに!

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。