Translate(翻訳):

川端慎吾の結婚相手(嫁)や妹と応援歌や成績と年俸などを公開!【プロ野球選手名鑑・東京ヤクルトスワローズ】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

今回は普段ホークスの試合結果を

私の目線で考察しているのですが、

選手一人一人を私なりの選手名鑑という形で

書いていきますね。

ホークスの試合結果振り返り記事一覧(随時更新)はこちら

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

前回の記事は下記から参照してください。

今回は東京ヤクルトスワローズ

川端慎吾選手について書いていきますね。

では、さっそく。

川端慎吾の画像、出身や出身高校など

川端選手は1987年10月16日生まれで、

大阪府出身で市立和歌山商業高校を卒業し、

2005年のドラフト3位

スワローズに入団した

右投げ左打ちの内野手です。

川端慎吾の背番号や成績、年俸

川端選手は入団した2006年から2011年まで

31番を背負っていました。

2012年からは5番を背負っています。

主な成績やタイトルとしては、

  • 2015年に首位打者
  • 2015年に最多安打
  • 2015年にベストナイン
  • 2015年にゴールデングラブ賞

それぞれのタイトルを獲得しています。

怪我に苦しんでいることも多いですが

実績は誰もが認める選手で

安打製造機でもあります。

怪我をすることさえなければ

安定した成績を残せる選手ですね。

現時点(2018年)の川端選手の

推定年俸は1億4000万円となっています。

過去の実績を考えると妥当ですが

最近はこれに見合った活躍は

できてはいません。

とにかく川端選手に限っては

怪我をしないことが最優先で、

それさえなければ

この年俸に見合う活躍はできるでしょうね。

詳しい成績

(投手なら球種やその割合や被打率、

野手なら打球方向や左右投手別成績)

は本物の選手名鑑に詳しく載っています。

川端慎吾の応援歌と歌詞

川端選手の応援歌と歌詞はこちらです。

バットに夢をのせ 放つその打球で
ツバメを勝利へ 導け慎吾

引用元 : 選手応援歌

動画はこちらからご覧ください。

川端慎吾の登場曲

川端選手が登場曲として使用してる曲は

FUNKY MONKEY BABYS

悲しみなんて笑い飛ばせです。

私は聴いたことがない曲だったので

実際に聴いてみました。

実際に聴いてみたい方は

こちらをご覧になってください。

川端慎吾の彼女や結婚相手(嫁)、子供はいる?

川端選手は2014年10月28日に

「王様のデザート」などに出演中のタレント

水野今日香さんと結婚していたことを

発表しています。

今日香さんが川端選手より3歳年上で

2010年に知人の紹介で知り合ったそうです。

2012年冬に交際をスタートして

そのままゴールインしたそうです。

子供は2015年3月20日に第一子となる

男の子が誕生しています。

90%川端選手に似ているそうです。

川端選手も中堅からベテランへと

段々となっていく選手ですから、

まだまだ子供のためにも

頑張ってほしいですね。

川端慎吾の妹(川端友紀)

川端選手には2歳年下の妹がいて

川端友紀さんと言います。

友紀さんは元々ソフトボールの選手で

現在は日本の女子プロ野球選手です。

兄同様にバットコントロールが巧みで、

1年目には遊撃手ながら4割近い打率を残して

首位打者に輝いています。

女性ということで気になるルックスですが

川端選手との2ショットがあります。

かなりの美人さんですよね。

史上初の兄妹での首位打者も

狙えるくらいですから、

友紀さんの活躍にも注目です。

川端慎吾に一言

川端選手は怪我さえなければ

本当に素晴らしい選手です。

ただ、怪我があまりにも多くて

なかなか一年間働けないというのは

本当にもったいないです。

死球が多かったりもするので

ちょっと同情する部分もありますが、

怪我をしないというのも才能なので

川端選手にはその辺りは

もう少し気をつけてもらいたいです。

川端選手クラスのバットコントロールは

なかなか練習で身につくものではないので、

来季はしっかり1軍でフルで活躍をして

持ち前のバットコントロールと打撃を

もっと見せてもらいたいですね。

全然一言ではありませんでしたね(苦笑)

次回のプロ野球選手は…

今回は東京ヤクルトスワローズの

川端慎吾選手について書きました。

次回は東京ヤクルトスワローズ

バレンティン選手について書きますので

お楽しみに!

私的スワローズの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。