柳裕也の彼女や結婚は?家族(父,妹)や現在の球種と球速も公開!【プロ野球選手名鑑・中日ドラゴンズ】

すみさん

おはこんばんちわ!

すみさんです。

今回は普段ホークスの試合結果を私の目線で考察しているのですが、選手一人一人を私なりの選手名鑑という形で書いていきますね。

前回の記事は下記から参照してください。

佑唯ちゃん

今回は中日ドラゴンズ柳裕也投手について書いていきますね♪

では、さっそく。

スポンサーリンク

柳裕也のプロフィール(画像,身長,体重,出身,経歴など)

柳投手は1994年4月22日生まれで、

身長は180cm、体重は85kgです。

宮崎県出身で横浜高校を卒業し、

明治大学を経て2016年のドラフト1位

ドラゴンズに入団した右投げ右打ち投手です。

柳裕也の背番号と成績(獲得タイトル)や年俸

柳投手は入団した2017年から

17番を背負っています。

主な成績やタイトルとしては、

特に獲得したタイトルはありません。

昨年は11試合、今年は10試合と

まだまだこれからの先発投手です。

それでも今年の4月10日のスワローズ戦では

プロ初完投初完封勝利を挙げるなど

片鱗は見せました。

来季に期待の持てる投手ですね。

現時点(2018年)の柳投手の

推定年俸は1450万円となっています。

まだ24歳でこれからの投手ですから、

年俸はこれから成績と共に

上げていってほしいですね。

詳しい成績

(投手なら球種やその割合や被打率、

野手なら打球方向や左右投手別成績)

は本物の選手名鑑に詳しく載っています。

柳裕也の登場曲

柳投手が登場曲として使用してる曲は

安室奈美恵HEROです。

これは私も知っている名曲ですね。

実際に聴いてみたい方は

動画をご覧になってください。

柳裕也の彼女や結婚相手(嫁)と子供はいる?

柳投手の彼女の情報については

特に情報はありませんでした。

今は1軍定着に必死でしょうから

それどころではないかもですね。

来季以降は1軍に定着して活躍をして

いい女性と出会ってほしいですね。

柳投手の彼女の情報については

情報が出たら追記していきますね。


※12球団の選手の情報(背番号,年俸,応援歌,登場曲,既婚or好きなタイプetc)は随時更新しています。


スポンサーリンク

柳裕也の父親と妹を紹介!

柳投手のお父さんは博美さんと言います。

小さい頃は柳投手に入門書を使いながら

野球を教えてくれたそうです。

素振り用のバットを

博美さんが手作りしてくれたそうで、

これは驚きではありますよね。

柳投手が試合で負けて泣いてた際には、

「男ならどんなに辛くても

絶対に泣いちゃダメだ」

と言って激励をしたそうです。

そんな博美さんは柳投手が小学校6年生の夏に

交通事故で亡くなってしまいました。

博美さんはまだ37歳の若さでした。

そこで残されたお母さんと妹のために

柳投手はプロ野球選手になることを

誓ったのです。

それでプロ野球選手になってるので

本当に素晴らしいことですよね。

そんな柳投手の妹は幸奈さんと言います。

柳投手のことは兄として

面白くて頼りにもなるし

尊敬している兄だそうですね。

幸奈さんは柳投手が泣いてるところを

一度も見たことがないと言ってたので、

柳投手は博美さんの言葉を

しっかり守っているようで

これもまたすごいことですね。

妹の幸奈さんが可愛いというのが

ネットでは話題になっています。

幸奈さんの画像はこちら

柳投手にはこれからもお母さんと幸奈さんを

守っていってほしいですね。

柳裕也に一言

柳投手の球種としては、

  • ストレート(最速144km)
  • カットボール
  • カーブ
  • ツーシーム
  • チェンジアップ
  • フォーク

このようになっています。

球種は豊富で先発投手としては

問題はないんですけど、

やはり球速が遅いのが難点ですね。

右投手で最速が144kmでは

なかなか厳しくなります。

球種は豊富なだけに

ストレートの球速があれば

他の変化球も生きてきますから、

ストレートの球速を上げることが

課題の投手でしょうね。

大きいカーブで緩急もつけられるだけに、

筋力トレーニングをして球速を上げて

来年は迎えてもらいたいですね。

今年完封勝利も挙げているだけに

実力があるのは間違いないですから。

期待しています。

全然一言ではありませんでしたね(苦笑)

次回のプロ野球選手は…

すみさん

今回は中日ドラゴンズの柳裕也投手について書きました。

佑唯ちゃん

次回は中日ドラゴンズ祖父江大輔投手について書きますのでお楽しみに!

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。

スポンサーリンク

人気の関連記事(一部広告)