Translate(翻訳):

甲斐キャノンで甲斐拓也がMVP!バンデンハークが6回無失点10奪三振で武田翔太と森唯斗の完封リレーで2年連続日本一達成!【プロ野球試合結果(日本シリーズ ソフトバンクホークス対広島東洋カープ6回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

【本塁打】

ソ : グラシアル 1号(5回表ソロ)

広 :

【投手陣】

ソ : バンデンハーク(6回)、武田(1 2/3回)、嘉弥真(1/3回)、森(1回)

広 : ジョンソン(6回)、一岡(1回)、フランスア(2回)

【戦評】

ホークスは4回表に一死二、三塁から西田選手のスクイズで1点を先制する。5回表にホークスは二死走者なしからグラシアル選手のソロホームランで1点を追加する。ホークスは完封リレーで2年連続日本一を達成し、球団初の下克上となった。6連続で盗塁を刺した甲斐選手がMVPとなった。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

バンデンハーク投手は最高の投球でした。

6回無失点10奪三振ですから

何も言うことはありません。

ジョンソン投手も良かったですから

今日勝てた最大の要因は

バンデンハーク投手の投球でしたね。

本当にナイスピッチングでした。

武田投手も四球はありましたけど、

ナイスピッチングでした。

CSから見ても一番投手陣の中で頑張ったのは

私は武田投手の印象です。

武田投手が中継ぎに入って

ピンチを凌いでくれたり、

石川投手が離脱をした後からは

7回のマウンドもしっかり全うしましたから。

この投球を忘れないように

来季は先発での復活を期待しています。

嘉弥真投手と森投手はいつも通り

ナイスピッチングでした。

嘉弥真投手や森投手は

シーズンでは悔しい思いもしましたが、

最後は日本一という形で

報われて良かったです。

オフはゆっくりしてもらって

来季も期待しています。

野手陣

今日は打線は抑えられましたけど、

初回と2回の甲斐キャノンですよね。

あれでバンデンハーク投手は

助けられましたし、

相手に流れを渡しませんでした。

このシリーズはあまり打ててないだけに

甲斐選手の肩は大きかったです。

MVPも獲得して自信にもなったでしょうし

来季は更に成長してもらいたいですね。

西田選手のスクイズや好プレー、

グラシアル選手のホームランも

非常に効果的で大きかったです。

内川選手のバントというのも

素晴らしかったですし、

得点に絡んで良かったですね。

このシリーズはホークスの守備力が

非常によく目立ちました。

投手力はもちろん甲斐選手の肩や

上林選手のレーザービームも

大きく流れを変えてくれました。

この守備力はホークスの最大の強みで

どこにも負けない部分ですから、

来季はまたリーグ優勝を目指して

3年連続日本一になりましょう!

ホークス、日本一おめでとうございます!

また来年も期待しています!

次回の記事更新は…

今日でシーズンが終わりましたので

ホークスの試合結果の考察については

今年は終了になります。

今年から考察をしてみましたけど、

読んでくださった方々には

本当に感謝しています。

まだ順位予想の結果だったり

ホークスの一年間の振り返りをしてないので、

次回はその辺りの記事を更新していくので

お楽しみに!

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆