砂田毅樹はイケメン!?結婚相手(嫁)や子供は?姉や球種なども公開!【プロ野球選手名鑑・横浜DeNAベイスターズ】

本日の人気セレクション

すみさん

おはこんばんちわ!

すみさんです。

今回は普段ホークスの試合結果を私の目線で考察しているのですが、選手一人一人を私なりの選手名鑑という形で書いていきますね。

前回の記事は下記から参照してください。

佑唯ちゃん

今回は横浜DeNAベイスターズ砂田毅樹投手について書いていきますね♪

では、さっそく。

砂田毅樹のプロフィール(画像,身長,体重,出身,経歴など)

砂田投手は1995年7月20日生まれで、

身長は180cm、体重は85kgです。

北海道出身で明桜高校を卒業し、

2013年の育成ドラフト1位

ベイスターズに入団した

左投げ左打ち投手です。

砂田毅樹の背番号と成績(獲得タイトル)や年俸

砂田投手は2014年から2015年6月6日まで

111番を背負っていました。

2015年6月7日から同年終了までは

68番を背負っていました。

2016年からは47番を背負っています。

主な成績やタイトルとしては、

特に獲得したタイトルはありません。

元々育成の投手ではありましたが、

昨年は62試合で25Hとブレイクしました。

今年は70試合に登板するなど

もうベイスターズの中継ぎの中心として

成長した投手ですね。

現時点(2018年)の砂田投手の

推定年俸は4200万円となっています。

今年も確実にアップするでしょうから、

来季以降も成績と共に

年俸も上げていってほしいですね。

詳しい成績

(投手なら球種やその割合や被打率、

野手なら打球方向や左右投手別成績)

は本物の選手名鑑に詳しく載っています。

砂田毅樹の応援歌と歌詞

砂田投手の応援歌と歌詞はこちらです。

左腕がうなれば 狙いははずさない

ピンポイントの技 攻めて攻めろヨシキ!

かっとばせ!スナダ!

引用元 : 砂田 毅樹 | 横浜DeNAベイスターズ

動画はこちらからご覧ください。

砂田毅樹の登場曲

砂田投手が登場曲として使用してる曲は

Haru.RobinsonClap your handsです。

私は聴いたことがない曲だったので

実際に聴いてみました。

実際に聴いてみたい方は

こちらからご覧になってください。


※12球団の選手の情報(背番号,年俸,応援歌,登場曲,既婚or好きなタイプetc)は随時更新しています。


砂田毅樹の彼女や結婚相手(嫁)と子供はいる?

砂田投手は結婚はしていませんが、

過去に彼女の歩(あゆみ)さんという方が

砂田投手の子供を授かったと

Twitterにて暴露していました。

現状、砂田投手もコメントしておらず

どうなったかは不明なままです。

砂田投手はまだ23歳と若いので

しっかり円満に解決していたなら

いいんですけどね。

砂田投手の彼女や子供の情報については

情報が出たら追記していきますね。

※追記

砂田投手が2019年9月30日に、

ミス・ユニバース大阪大会で準グランプリで

現在社長秘書の葵さんと結婚したことが

わかりました。

知人の店で出会ったそうで、

共通の話題で盛り上がったことがきっかけで

わずか交際3ヶ月での

スピード結婚となりました。

2019年は苦しんだシーズンですから、

奥さんと共にこれからは

頑張ってほしいですね。

子供の情報については

情報が出たら追記しますね。

砂田毅樹の姉と球種や球速

砂田投手には姉がいて

美人ということで話題になりました。

当時の写真は削除されましたが、

砂田投手もイケメンですから

美男美女の兄弟ですね。

砂田投手の球種としては、

  • ストレート(最速148km)
  • スライダー
  • チェンジアップ
  • ツーシーム
  • カーブ

このようになっています。

砂田毅樹に一言

基本はストレートとスライダー、

右打者にはチェンジアップを駆使して

打ち取るタイプの投手です。

若いこともあってかとにかくタフで

ここ2年はかなりの試合に

登板してくれており、

チームとしてはありがたい投手ですね。

防御率は今年は3.61と

まだまだ課題はありますけど、

23歳と若いのでこれからどうにでも

課題は克服できるはずです。

このまま中継ぎ起用かどうかは

わかりませんけど、

与えられたポジションで

この先も活躍してほしいですね。

全然一言ではありませんでしたね(苦笑)

次回のプロ野球選手は…

すみさん

今回は横浜DeNAベイスターズの砂田毅樹投手について書きました。

佑唯ちゃん

次回は横浜DeNAベイスターズ嶺井博希選手について書きますのでお楽しみに!

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。