Translate(翻訳):

【2018プロ野球】オリックスバファローズの戦力分析(先発ローテーション予想)【パリーグ】

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回はオリックスバファローズの投手陣の

戦力分析を行っていきたいと思います。

他球団の戦力分析が気になるという場合は

下記記事から参照してください。

では、さっそく。

バファローズの先発投手陣の戦力分析

まずは、予想される先発投手陣の選手たちを

昨年の成績を含めて載せていきますね。

(◎は当確、○は候補、△は穴場)

◎金子千尋(27試合 184 1/3回 防御率3.47 12勝8敗)

◎山岡泰輔(24試合 149 1/3回 防御率3.74 8勝11敗)

◎ディクソン(25試合 136回 防御率3.24 8勝9敗)

◎西勇輝(17試合 117 2/3回 防御率3.44 5勝6敗)

○松葉貴大(23試合 133 1/3回 防御率4.46 3勝12敗)

○山崎福也(15試合 45回 防御率4.40 2勝5敗)

○吉田一将(29試合 43回 防御率2.72 2勝1敗6H)

○アルバース(2018年新外国人)

△山本由伸(5試合 23 2/3回 防御率5.32 1勝1敗)

△田嶋大樹(2017年ドラフト1位ルーキー)

△K-鈴木(2017年ドラフト2位ルーキー)

こんな感じだと思います。

私のバファローズの投手陣に関する見解を

書いていきますね。

バファローズの先発投手陣の評価

先発投手陣に関しては、

先発当確投手、候補投手、穴場投手について

それぞれ書いていきたいと思います。

先発ローテーション当確投手

まずは、ピンク字で書いた4選手についてです。

正直、この4投手に関しては

一年間いてくれればそれなりの成績を残します。

ただ、一つ注文をつけるとすれば、

各投手の貯金の数が少ないので

貯金を5はそれぞれの投手が

作れるようになるといいですね。

山岡投手は昨シーズン一年間ローテを守って

投げぬくことができましたが、

2年目のジンクスにはまることがなければ

今年は二桁を期待できる投手です。

目標としては、この4投手で50勝できれば

バファローズも優勝争いを

できるチームになるでしょうね。

先発ローテーション候補投手

松葉投手に関しては、

長いイニングを投げることが課題ですね。

毎試合6回前後で降板してしまうので、

勝ち星が先行しないのもそこが原因だと

私は思っています。

クオリティースタート(6回3失点)の数は

昨年はリーグトップだったので、

今年は7回2失点のハイクオリティーの回数を

増やすことができれば

もっと勝てる投手になるでしょうね。

山崎投手に関しても同じで、

長いイニングを投げれるように

スタミナをつけることが必要だと思います。

四球で崩れることも多いので、

無駄な四球を減らして省エネで投げれれば

おのずと勝ち星もついてくると思います。

吉田投手はルーキーイヤーに

先発投手として活躍しました。

ここ数年は中継ぎや先発をやったり

ポジションが安定していないイメージですが、

私は先発の方が向いてると思います。

スタミナもある投手で140km前後でも

キレのあるまっすぐを投げますし

コントロールがいいので、

一年間先発で回れば2桁勝てる投手だと

私は思いますね。

アルバース投手に関しては、

左の先発投手候補ということですね。

バファローズは左の先発候補が

松葉投手と田嶋投手しかいないので

機能すれば貴重な先発左腕になるでしょうね。

先発ローテーション穴場投手

山本投手は昨年は高卒ルーキーながら

シーズンの終盤で初勝利を挙げるなど

期待の若手投手の一人です。

マウンド度胸と150kmのまっすぐ、

切れ味鋭い変化球が持ち味と

非常にいいボールを持っています。

先発投手陣の状態や今後のアピール次第では

十分にローテに入ってくる可能性もありますね。

田嶋投手とK-鈴木投手に関しては、

期待はかなり高いです。

特に田嶋投手はドラフトの時から

非常に期待度が高く新人王候補との

呼び声も高いです。

ただ、共にルーキーではありますから

ここでは穴場ということで

過度な期待はしすぎないようにします。

バファローズの中継ぎ投手陣

ここまではバファローズの先発投手陣について

書いてきました。

次回はバファローズの中継ぎ投手陣について

書いていきたいと思います。

私的バファローズの選手名鑑はこちら。

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。