Translate(翻訳):

清田育宏が浮気?パズドラで謝罪?嫁や子供と応援歌や登場曲などを公開!【プロ野球選手名鑑・千葉ロッテマリーンズ】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

今回は普段ホークスの試合結果を

私の目線で考察しているのですが、

選手一人一人を私なりの選手名鑑という形で

書いていきますね。

ホークスの試合結果振り返り記事一覧(随時更新)はこちら

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

前回の記事は下記から参照してください。

今回は千葉ロッテマリーンズ

清田育宏選手について書いていきますね。

では、さっそく。

清田育宏の画像、出身や出身高校など

清田選手は1986年2月11日生まれで、

千葉県出身で市立柏高校を卒業し、

東洋大学、NTT東日本を経て

2009年のドラフト4位

マリーンズに入団した

右投げ右打ちの外野手です。

清田育宏の背番号や成績、年俸

清田選手は入団した2010年から

1番を背負っています。

主な成績やタイトルとしては、

  • 2015年にベストナイン
  • 2015年にゴールデングラブ賞

それぞれのタイトルを獲得しています。

2015年は打率.317、15本塁打、67打点

立派な活躍をしました。

ただ、それ以降は成績が安定せずに

レギュラーすら剥奪されているので、

もう一度輝きを取り戻してほしいですね。

現時点(2018年)の清田選手の

推定年俸は5000万円となっています。

まだまだ老け込む年齢でもないので、

来季は年俸以上の活躍をしてほしいですね。

詳しい成績

(投手なら球種やその割合や被打率、

野手なら打球方向や左右投手別成績)

は本物の選手名鑑に詳しく載っています。

清田育宏の応援歌と歌詞

清田選手の応援歌と歌詞はこちらです。

GO 清田清田 全力で飛ばせ GO 清田清田 全力で走れ
ラララー 今こそ清田育宏 大空高く

引用元 : 選手応援歌

動画はこちらからご覧ください。

清田育宏の登場曲

清田選手が登場曲として使用してる曲は

ハジ→人生は素晴らしい物語。

ハジ→風のたより。です。

人生は素晴らしい物語。の動画はこちら

私は聴いたことがない曲だったので

実際に聴いてみました。

実際に聴いてみたい方は

それぞれ動画をご覧ください。

清田育宏の彼女や結婚相手(嫁)、子供はいる?

清田選手は2012年1月1日に

市立柏高校時代の同級生と結婚しています。

高校時代の同級生ですから

プロ入り前から交際していたのかもですね。

子供の情報については情報がないので

情報が出たら追記していきますね。

清田育宏が浮気(不倫)で離婚?パズドラのメッセージとは?

清田選手は2015年に

浮気相手を妊娠させたと報道をされました。

(清田選手は既婚者なので不倫です。)

簡単にまとめると、

  1. 清田選手の不倫が奥さんにバレて、不倫相手に別れを強要するも不倫相手が激怒
  2. 不倫相手がLINEでのやり取りをTwitterに晒す
  3. 不倫相手が清田選手との子供を身ごもっているが堕胎を迫られたことを告白。報道前までは清田選手も子どもを産んでもらう気で名前まで考えていたことを暴露
  4. 清田選手は不倫相手からの電話に出ず、パズドラ内のメッセージで謝罪文を送り続ける
  5. 暴露するために利用されていた不倫相手のTwitterアカウントは削除される(理由は謎)

こんな感じですね。

何とも最低としか言い様がないですが、

奥さんとの離婚などには

至らなかったようです。

プロ野球選手である前に社会人ですから

こういうことで世間を賑やかすのは

やめて頂きたいですよね。

今後は野球のプレーで

ファンを沸かせてくれることを期待です。

清田育宏に一言

清田選手はここ数年は成績が悪く

2軍降格などもしていますけど、

非常に勝負強い選手です。

特にルーキーイヤーの2010年のCSでは

非常に痛い場面で打たれました。

まさにマリーンズの選手らしい選手で

短期決戦などに強いんですよね。

こういう大舞台で打てる選手は

力を持った選手ですから、

清田選手には何とか復活してほしいです。

マリーンズの外野手は未だに

角中選手以外はレギュラー白紙ですから、

清田選手ももう一度レギュラーを目指して

頑張ってもらいたいですね。

全然一言ではありませんでしたね(苦笑)

次回のプロ野球選手は…

今回は千葉ロッテマリーンズの

清田育宏選手について書きました。

次回は千葉ロッテマリーンズ

加藤翔平選手について書きますので

お楽しみに!

私的マリーンズの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。