ソフトバンクホークス中継ぎ投手陣2019の戦力分析や考察!【プロ野球(パリーグ)】

本日の人気セレクション

すみさん

おはこんばんちわ!

すみさんです。

今回は福岡ソフトバンクホークス中継ぎ投手陣の戦力分析や考察を行っていきますね。

前回の記事は下記から参照してください。

では、さっそく。

予想される中継ぎ投手

まずは、昨年の成績を含めて、

今年予想される中継ぎ投手を書いていきます。

(☆はクローザー、◎は勝ちパターン、○は接戦時、△は中継ぎ候補)

☆森唯斗(66試合 61 1/3回 防御率2.79 2勝4敗6H37S ※2018年最多セーブ)

☆サファテ(6試合 6回 防御率3.00 1勝0敗5S)

◎嘉弥真新也(67試合 33回 防御率2.45 2勝1敗25H)

◎加治屋蓮(72試合 66 2/3回 防御率3.38 4勝3敗31H)

○モイネロ(49試合 45 2/3回 防御率4.53 5勝1敗13H)

○二保旭(35試合 30 1/3回 防御率5.34 1勝0敗4H)

○岡本健(23試合 38 1/3回 防御率3.05 1勝0敗0H)

△松田遼馬(2試合 3回 防御率6.00 0勝0敗0H)

△椎野新(1試合 2回 防御率9.00 0勝0敗0H)

△岩嵜翔(2試合 2回 防御率0.00 1勝0敗1H)

△甲斐野央(2018年ドラフト1位ルーキー)

今年の中継ぎ投手陣は基本的には

この顔ぶれかと思っています。

予想される中継ぎ投手それぞれの考察

  • クローザー
  • 勝ちパターン
  • 接戦時
  • 中継ぎ候補

それぞれについて書いていきますね。

クローザー

無難にいけばクローザーはサファテ投手です。

ただ、怪我をしたことと年齢を考えると

今年はわかりませんね。

昨年は森投手が代役という形から

セーブ王のタイトルも獲得しました。

最初は失敗が目立ち不安定さもあって

見てる側としてはドキドキハラハラでしたが、

終わってみればセーブ王で

防御率も2.79ですからね。

十分な活躍でした。

どちらがクローザーかはまだ不明ですが、

サファテ投手が不在になっても

森投手がクローザーの経験があるので

今年はそこは心強いですね。

個人的にはサファテ投手の250Sの名球界入りは

達成してほしいと思ってるので、

そこまでは何とか頑張ってほしいです。

勝ちパターン

嘉弥真投手は昨年も安定していました。

左キラーと言われていますけど、

昨年は対右打者は17打数0安打

完璧に抑えこんでいるんですよ。

正直、数年前はパッとしなかったですが

サイドスローにして良くなりましたね。

一年間安定して投げてくれるので、

今年も終盤の大事な場面での登板が

期待される投手です。

加治屋投手は怪我をしているので

開幕に間に合うかが微妙です。

昨年は72試合に登板するなど、

それまで1軍通算4試合とは思えないくらい

一気に活躍をしましたからね。

時には打たれて涙をすることもあるなど

いろいろあった一年でした。

ただ、まだ昨年活躍しただけなので、

更にポジションを確立させるためにも

復帰したらしっかり勝ちパターンで

投げてほしい投手ですね。

接戦時

モイネロ投手は先発疑惑もありますが、

個人的には中継ぎでいいですね。

まだ若い投手ではあるので

先発させたい気もしますけど、

先発は候補が多いですからね。

中継ぎの方が経験もあるので

今年も中継ぎでいってほしいです。

モイネロ投手は昨年は制球が悪く

四球を連発することもあったので、

それは今年は減らしてほしいですね。

それさえなければ

1軍で十分通用する投手ですから。

二保投手は昨年復活を果たした投手です。

ただ、防御率が5.34と

中継ぎ投手ながら不安定でした。

二保投手も四球が多い投手ですね。

特に昨年のライオンズ戦で、

三者連続四球から満塁弾を浴びたのは

非常によく印象に残っています。

それをやられると困るので

制球を今年はもっと良くしてほしいですね。

ある程度1軍で経験はある投手なので

期待はしています。

岡本投手は昨年の前半戦で

先発や中継ぎでチームを支えてくれました。

怪我でシーズン終盤は棒に振りましたが、

今年も中継ぎが有力です。

今年は投手陣が豊富ですから

負けないように頑張ってほしいですね。

中継ぎ候補

松田投手と椎野投手は昨年はそれぞれ

2試合と1試合の登板でした。

松田投手はシーズン途中からで

環境面も慣れるのは大変だったでしょうが、

今年は中継ぎ投手陣に

割って入れるように頑張ってほしいですね。

椎野投手はシーズンで1試合と

CSファイナルステージでも1試合を

経験している投手です。

身長が196cmとかなり長身なので、

それを生かして今年は更に登板数を

増やしてほしいですね。

岩嵜投手は現状もリハビリで

開幕は厳しいのが現状です。

個人的には東浜投手同様に

ホークスでも好きな投手なので、

どこかで復帰をしてほしいですね。

長年、先発や中継ぎをこなしてきて、

ようやく中継ぎエースとして

活躍をしてからの怪我ですからね。

ちょっと可哀想ではありますが、

まだまだ年齢的には全然ですから

今年はどこかで復帰して

投げてくれることを期待しています。

甲斐野投手はキャンプでも評判が良く

中継ぎとして開幕1軍もあり得ます。

ドラフト1位とはいえルーキーなので

あまり過度な期待はかけませんが、

開幕から1軍で活躍してくれたら嬉しいですね。

ホークスの野手陣と12球団の開幕スタメン

すみさん

ここまで福岡ソフトバンクホークスの中継ぎ投手陣について書いてきました。

佑唯ちゃん

次回は福岡ソフトバンクホークス野手陣と12球団の開幕スタメンについて書いていきますね♪

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。

https://milkychun.net/%e3%83%97%e3%83%ad%e9%87%8e%e7%90%83/post-10542/