横浜DeNAベイスターズ先発予想ローテーションピッチャー2019を考察!【プロ野球(セリーグ)】

本日の人気セレクション

すみさん

おはこんばんちわ!

すみさんです。

今回は横浜DeNAベイスターズ先発予想ローテーションピッチャーの考察を行っていきますね。

では、さっそく。

予想される先発ローテーション投手

まずは、昨年の成績を含めて、

今年予想される先発投手陣を書いていきます。

(◎は当確、○は候補、△は穴場です。)

◎東克樹(24試合 154回 防御率2.45 11勝5敗 ※2018年新人王)

◎今永昇太(23試合 84 2/3回 防御率6.80 4勝11敗4H)

○井納翔一(24試合 61回 防御率3.54 6勝3敗8H1S)

○濱口遥大(19試合 94 2/3回 防御率3.90 4勝5敗1H)

○平良拳太郎(13試合 67回 防御率3.49 5勝3敗)

○京山将弥(13試合 59回 防御率5.64 6勝6敗)

○飯塚悟史(9試合 43 2/3回 防御率4.74 1勝6敗)

○石田健大(23試合 92 1/3回 防御率4.97 3勝7敗)

○上茶谷大河(2018年ドラフト1位ルーキー)

△バリオス(14試合 54回 防御率3.33 2勝5敗)

△大貫晋一(2018年ドラフト3位ルーキー)

今年の先発投手陣は基本的には

この顔ぶれかと思っています。

予想される先発ローテーション投手それぞれの考察

当確、候補、穴場の選手について

それぞれ書いていきますね。

先発ローテーション当確投手

東投手は開幕にもちろんローテ確定です。

ただ、現在怪我をしているので

開幕に間に合うかどうかですね。

怪我さえ治れば先発ローテの中心で

回っていく投手でしょうし、

今年も期待したい投手です。

今永投手は昨年は4勝11敗、防御率6.80と

大不振となった一年でした。

今永投手がこの出来では

ベイスターズの上位進出はないので、

今年は復活をして二桁勝利を期待です。

先発ローテーション候補投手

井納投手は昨年は中継ぎもありましたが、

やはり先発の方が向いてる印象です。

試合を作る能力がある投手なので、

安定した投球を続けられるように

してもらいたいですね。

濱口投手も今永投手同様に

昨年は不振となった一年でした。

濱口投手のチェンジアップは魔球ですからね。

いいボールを持っているだけに、

今年は今永投手同様に

復活をしてほしい投手です。

  • 平良投手
  • 京山投手
  • 飯塚投手

この3投手は防御率が悪いのと

イニング数が短い印象がありました。

先発ローテで一年間回るためには

ある程度イニング数も投げてほしいので、

この3投手はそこが課題ですね。

イニング数も投げれるようになれば

勝ち星も防御率ももっと良くなるので、

今年は期待です。

石田投手もなかなか安定していません。

石田投手もイニング数が短くて

ランナーを残して降板が多いので、

ゲームメイクをしてほしいです。

ベイスターズは左の先発が多いだけに、

石田投手も結果を出していかないと

先発ローテにも入れないですから

頑張ってほしいですね。

上茶谷投手は即戦力のドラフト1位で

すでに新人王候補の一人です。

ベイスターズは右の先発が少ないので、

昨年の東投手のように

新人でいきなり活躍をしてくれると

チームとしてもありがたいですね。

先発ローテーション穴場投手

バリオス投手は外国人枠を考えると

出番は少ない可能性が高いです。

とはいえ、チャンスはあるでしょうから

登板した際には結果を残してほしいですね。

大貫投手は社会人出身の

ドラフト3位ルーキーです。

キャンプで評価を上げている投手で

先発ローテ入りも期待される右腕です。

前述したように、ベイスターズは

右の先発が多くはないので、

大貫投手もこれからアピールを続けて

先発する機会があるといいですね。

ベイスターズの中継ぎ投手陣

すみさん

ここまで横浜DeNAベイスターズの先発投手陣について書いてきました。

佑唯ちゃん

次回は横浜DeNAベイスターズ中継ぎ投手陣について書いていきますね♪

では☆

PS1.次回の記事は下記からどうぞ。

PS2.開幕スタメンやパリーグの順位予想は下記からどうぞ。

https://milkychun.net/%e3%83%97%e3%83%ad%e9%87%8e%e7%90%83/post-10546/