阪神タイガース中継ぎ投手陣2019の戦力分析や考察!【プロ野球(セリーグ)】

すみさん

おはこんばんちわ!

すみさんです。

今回は阪神タイガース中継ぎ投手陣の戦力分析や考察を行っていきますね。

前回の記事は下記から参照してください。

では、さっそく。

予想される中継ぎ投手

まずは、昨年の成績を含めて、

今年予想される中継ぎ投手を書いていきます。

(☆はクローザー、◎は勝ちパターン、○は接戦時、△は中継ぎ候補)

☆ドリス(55試合 53 2/3回 防御率2.85 1勝7敗4H32S)

◎藤川球児(53試合 54 1/3回 防御率2.32 5勝3敗21H2S)

◎能見篤史(45試合 56 1/3回 防御率2.56 4勝3敗16H1S)

◎桑原謙太朗(62試合 57回 防御率2.68 5勝3敗32H)

○ジョンソン(2019年新外国人)

○岩崎優(61試合 62回 防御率4.94 1勝3敗10H)

○高橋聡文(15試合 13 2/3回 防御率3.95 0勝0敗2H)

○岡本洋介(34試合 44 2/3回 防御率3.83 1勝0敗2H)

○齋藤友貴哉(2018年ドラフト4位ルーキー)

△飯田優也(1試合 3回 防御率12.00 0勝0敗)

△石崎剛(12試合 15回 防御率4.20 0勝0敗1H)

今年の中継ぎ投手陣は基本的には

この顔ぶれかと思っています。

予想される中継ぎ投手それぞれの考察

  • クローザー
  • 勝ちパターン
  • 接戦時
  • 中継ぎ候補

それぞれについて書いていきますね。

クローザー

クローザーはドリス投手が

無難かなと私は思います。

藤川投手でもいいんですけど、

展開などを考えると

ドリス投手の方がイニングを跨げます。

年齢的に藤川投手で追いつかれた時に、

投手があまりいなかったとしても

イニング跨ぎはさせられないですからね。

そう考えるとドリス投手の方が

いざという時何とかなりますから。

投げてるボール自体はエグいので、

昨年7敗している部分を減らして

安定感を今年は求めたいですね。

勝ちパターン

藤川投手は通算250Sまであと25Sで、

今年クローザーをやれば

十分に達成できる位置にいます。

ただ、藤川投手自身が

名球界入りにあまり興味がなく、

チームのためという意識があります。

藤川投手はクローザーはもちろん

中継ぎでも安定した成績を残せるので、

とりあえず勝ちパターンの一人として

投げてもらうことになりそうですね。

能見投手は昨年の前半戦で

先発から中継ぎに転向しています。

中継ぎに転向してから安定していて、

貴重な左の中継ぎとして投げてくれました。

正直、先発では厳しかっただけに

中継ぎで復活してくれたのは大きいです。

今年は開幕から中継ぎでしょうから、

藤川投手と友にベテラン同士で

ブルペンを支えてほしいですね。

桑原投手は最優秀中継ぎの2017年に比べると

昨年は少し成績が落ちました。

それでも62試合で防御率2.68なので十分です。

昨年はスライダーが甘く入って

痛打をされるケースが目立ったので、

今年はそれを減らしていきたいですね。

今年も60試合前後の登板が予想されるので、

優勝するために頑張ってもらいましょう。

接戦時

ジョンソン投手は新外国人で

中継ぎの一角として活躍を期待されています。

まだ情報は多くないですけど、

ジョンソン投手が活躍をしてくれると

更に中継ぎの層は厚くなるので

頑張ってほしいですね。

岩崎投手は昨年は61試合の登板で

防御率4.94とイマイチでした。

昨年は疲れもあったのかもしれませんが、

非常にいいストレートを投げる投手です。

ロングリリーフもできる投手で

貴重な左の中継ぎでもあるので、

今年は開幕から万全な状態で

臨んでほしいですね。

高橋投手は昨年は怪我もあって

15試合の登板に終わりました。

タイガースに移籍してからは

安定した成績を残してただけに、

昨年は不甲斐なさもあったでしょう。

今年はもう少し登板数を増やして、

貴重な左の中継ぎ投手として

活躍してほしいですね。

岡本投手は昨年にトレードで

タイガースに移籍してきました。

タイガースではロングリリーフだったり

たまに先発をしたりと、

ライオンズ時代同様に便利屋でした。

こういう投手がいてくれると

チームは助かりますから、

今年も任されたところで

投げてもらいたい投手ですね。

齋藤投手はドラフト4位ルーキーです。

社会人出身なので即戦力として

期待をされています。

キャンプから練習試合などでも

投げてアピールをしているので、

このままアピールを続けていって

1軍に定着できるように頑張ってほしいですね。

中継ぎ候補

飯田投手は昨年にトレードで

タイガースに入団した投手です。

昨年は先発1試合のみの登板でしたが、

今年は中継ぎ起用になりそうです。

ホークス時代も中継ぎの起用が

多かった投手ではあるので、

その方がいいと思いますね。

飯田投手はいいボールはありますが、

いかんせん四球が多くて

打者と勝負にならないことが多いです。

それだとなかなか使いづらいので、

制球面を今年は修正して

1軍で投げられるようになってほしいですね。

石崎投手は昨年は怪我もあって

12試合のみの登板となりました。

ストレートが非常に力強く、

一時期はセットアッパーとしても

投げていたことがあったくらいです。

今年は怪我明けのシーズンなので

どこまで投げられるかは不明ですが、

また復活してほしい投手ですね。

タイガースの野手陣と12球団の開幕スタメン

すみさん

ここまで阪神タイガースの中継ぎ投手陣について書いてきました。

佑唯ちゃん

次回は阪神タイガース野手陣と12球団の開幕スタメンについて書いていきますね♪

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。

https://milkychun.net/%e3%83%97%e3%83%ad%e9%87%8e%e7%90%83/post-10546/