Translate(翻訳):

【欅坂46 乃木坂46】ファンレターの返事と読んでもらった感想(握手会レポあり)

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は欅坂46の今泉佑唯ちゃんにファンレターを

出したことがある私の体験談を

レポ等も交えて紹介しますね。

前回の記事は下記から参照してください。

では、さっそく。

スポンサーリンク

ファンレターの返事ってもらえるの?

これは普通に想像してもらえれば

わかるとは思いますけど、

返事はもらえません。

あれだけのファンがいるグループなので

届いてるファンレターも

かなりの数があるはずです。

読むだけでも大変なのに

返事なんて書いてたら重労働すぎます。

しかし、直接返事はもらえませんが

返事を聞くことは可能です。

ただ、これはメンバーがファンレターを読んでて

且つ内容を覚えてないと無理ですけどね。

ファンレターを送る際には

可能なら認知があった方が、

メンバーは読んでる時にその人の顔を

思い浮かべながら読んでくれるので

ベターだとは思いますね。

今は認知はなかなか難しいですけど。

認知の方法については以前に書いたので

気になる方は参照してください。

あまり認知厨は好きではないですが、

手紙は気持ちも思いも込められるし

何より相手に伝わりやすいので

認知がなくても手紙の差出人を

メンバーが覚えてくれてれば

そのまま一気に覚えてもらえます。

私がまさにそれでした。

その例を紹介しますね。

ファンレターを読んでくれてることがわかった瞬間

私が初めてファンレターを出したのは

前回も書いた通り2年半前でした。

その時は書いて出したはいいけど、

  • そもそもどれくらいで届くのか?
  • 実際に読んでくれるのか?

こういう疑問がありました。

これらが一気に解決できたのが

2015年12月19日の昭島モリタウンでの

ゲリラ握手会でした。

これは欅坂46のデビュー前のイベントで

ゲリラ開催された握手会でした。

詳しいイベント詳細は省略しますが、

このゲリラ握手会で知り合った子が当時

今泉佑唯ちゃんにファンレターを送ったことを

伝えたみたいんです。

その子はこのイベントの前日に

ファンレターを送ったみたいなので

さすがに届いていませんでした。

ただ、その時に今泉佑唯ちゃんから

『なんて名前ですか!?』

って聞かれたみたいなんです。

私は2015年11月末に出して

このイベントまで3週間くらい経過してるので

わんちゃん届いてるかもしれない!

と思って実際に聞いてみたんです。

では、実際にその当時のレポです。

今泉佑唯 握手会レポ @昭島モリタウン【通算2回目】

私 : 『どーもw』

佑唯 : 『やっほー♪』

私 : 『お見立て会以来ですw』

佑唯 : 『おっ♪ そうなんですか!?♪』

私 : 『あっ、ファンレター出したんだけど、』

佑唯 : 『えっ!? なんて名前ですか!?』

私 : 『すみさんって名前でw』

佑唯 : 『え~~っ!? わかりますよ!♪』

私 : (!?)

(ここで剥がし)

佑唯 : 『2通出してくれましたよね!?』

私 : 『えっ!? マジで!? わかるの!?笑』

佑唯 : 『わかりますよ♪』

私 : 『うぉぉ!マジ嬉しい!笑』

佑唯 : 『また出してくださいね♪』

私 : 『昨日も出したよ! またね☆』

こんな感じです。

まだ握手2回目だったので

今泉佑唯ちゃんが敬語なのが初々しいですね。

これは当時めちゃくちゃ嬉しくて

すごい感動したのを覚えています。

ちゃんと届いてることも確認できて

且つ読んでくれてもいる。

しかも、2通出したんですが

相手の方からそれを言ってきてくれる。

当時の私は非常に嬉しかったし

ファンレターを書いて良かったな

って思いました。

この時はまだデビュー前なので

全国握手会や個別握手会もなく

認知などは全くありませんでした。

それでも思いを込めて丁寧に書けば

メンバーは読んでくれるということが

この時わかりましたね。

握手会(全国握手会と個別握手会)

については下記記事をそれぞれご覧ください。

ちなみに、手紙を出したのが

2015年11月末、

この握手会が2015年12月19日なので

大体2~3週間くらいで

当時はファンレターは届いてましたね。

※現在は数ヶ月はかかります。

私はファンレターは認知目的より、

握手会だけでは伝えきれないことを

ファンレターを通じて伝えようと思ってたので

認知はついででした。

ファンレターは握手会と違って

文字数の制限はないですからね。

とは言え、短すぎず長すぎずがいいので

便箋2枚~3枚くらいで読みやすいように

文量は収めていました。

結果的にファンレターのおかげで

すんなり顔と名前は覚えてもらえました。

その際のレポはそれぞれご覧ください。

ただ、認知目的でファンレターを書いても

相手に伝わらない文章になるので

ちゃんと気持ちを込めて書きましょうね。

ファンレターの返事は握手会でもらえる!?

私はずっとファンレターを出してきました。

今泉佑唯ちゃんはいつもファンレターを

読んでくれていたみたいで、

通算何通目かも覚えてくれてました。

ただ、2016年8月の頃に

いろいろあって今泉佑唯ちゃんとの関係が

悪化してしまったことがありました。

その際のレポはこちら。

この当時はいろいろありましたけど、

握手会でいろいろ伝えるのは難しくて

どうしようかと迷ったんです。

しかも、関係が悪化したのは8月14日、

次の握手会は8月28日で

間が2週間しかなかったんです。

そこで今泉佑唯ちゃんに思いを伝えたのが

ファンレターでした。

ファンレターに思いを込めて

そこには謝罪の文面も書きました。

それが結果的に悪化しかけた関係を

修復してくれました。

その際のレポがこちら。

ちょっと話は逸れましたけど、

ファンレターを読んでくれていれば

それの返事みたいなことを

握手会で聞くことはできます。

短い時間なので具体的に聞くのは

なかなか難しいですけどね。

ファンレターって

なかなか誰もが送るものではないし、

だからこそメンバーは届いたファンレターを

大切にしてくれます。

ファンレターを送っていれば

それに関する自分だけの会話もできます。

そうすれば握手会で

会話ネタに困るなんてことも

少なくなると思います。

これらのことについては以前に書いたので

気になる方は参照してください。

私は推しメンと関係を深めるために

ファンレターというツールは

非常におすすめですね。

最後に…

今までかなり私の体験談も述べて

具体的に書いてきました。

ただ、今のファンレターは

届くまでにタイムラグがかなりあります。

少なくとも3ヶ月くらいはかかります。

乃木坂46の場合はブログのコメントが

一番早く届くと思います。

欅坂46の場合はブログのコメント機能はなく

ファンレター以外で思いを伝えるツールが

ありません。

ファンレターが最もおすすめですが、

現在はそれに代わるツールがあるので

次回はそれについて書いていきますね。

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。