Translate(翻訳):

【欅坂46】有明コロシアムでのクリライの当時の感想と今だから思うこと

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は2016年12月24日と25日に参加した

欅坂46の初ワンマンライブである

有明コロシアムでのクリスマスコンサートの

レポを書いていきたいと思います。

前回の記事は下記から参照してくださいね。

では、さっそく。

セットリスト

セットリストは以下にまとめてあるので

参照してください。

今回のクリスマスライブでは

24日夜25日昼25日夜3公演

行われました。

まだこの時期というのは

3rdシングル『二人セゾン』までしか

シングルをリリースしていなかったので、

全体的に曲数が少なく

3公演とも全く同じセトリでした。

ちなみに、

25日昼の影ナレは齋藤冬優花佐藤詩織

25日夜の影ナレは守屋茜鈴本美愉でした。

当時の感想

このクリライが終わった直後の感想を

書いていきたいと思います。

最初の2曲と平手友梨奈のすごさ

まず、MC.1までの2曲、

「大人は信じてくれない」

「語るなら未来を」

この2曲はダンスナンバーなのですが、

圧巻でした。

最初にこの2曲がきたことによって

会場のボルテージが上がりましたね。

「大人は信じてくれない」

の最後の部分でセンターの平手友梨奈が

『有明コロシアム、かかってこい』

って言うんですが、

やっぱ平手はカッコよかったですね。

平手友梨奈に関して言えば、

「渋谷からPARCOが消えた日」

「山手線」

この2曲が平手のソロ曲なのですが、

私は個人的にいずれもすごい好きな曲で(笑)

改めて、この当時まだ中学3年生?

って思うくらいオーラがあるし、

表情とかダンスもキレッキレで

すごいなって思いました。

この当時は欅坂46のライブでは

『超絶可愛い、友梨奈!』

ってコールするのが一番楽しかったです(笑)

ゆいちゃんずの印象

私は今泉佑唯推しなので、

当然「ゆいちゃんず」は楽しみにしていました。

この当時「ゆいちゃんず」の持ち歌は

「渋谷川」

「ボブディランは返さない」

の2曲でした。

どちらも私は大好きな曲です。

当時の印象は佑唯に関しては、

本当に楽しそうに歌っているな。

という印象が強かったです。

渋谷川の時は小林由依ちゃんと

息を合わせながら時々目も合わせながら

ニコニコ歌ってる姿が印象的でした。

逆に、ボブディランは返さないの時は

渋谷川の時とは打って変わって、

真剣な表情で力を込めながら

歌っているようにも見えました。

私は個人的には、ニコニコしている

今泉佑唯ちゃんも好きですが、

歌っている時の真剣な表情が好きなので、

正直、「ボブディランは返さない」が

ゆいちゃんずの中では一番好きです。

多分変わってると思われるでしょうけど…笑

この時はその両方の姿を見ることができたので

非常に満足ではありました。

ただ、今ではあり得ないことですけど、

当時はペンライトの色が統一されなかったり

渋谷川の間奏で無駄な手拍子があったりと

残念な部分もありましたけどね。

これ以外は本当に満足できました。

未だにこの時を超えるゆいちゃんずは

見れてませんからね。

その他で印象に残っていること

もちろん全部書くことはできますが、

そうすると長くなるのでその他はザックリと…。

本編最後のシングルのメドレーは

やはり圧巻でした。

シングルのペンライトの色は綺麗に統一されてて

会場全体が綺麗でしたし、

特に「サイレントマジョリティー」の時は

本当に会場のボルテージが最高潮で

会場全体が揺れているようでした。

アンコールではここで初披露となる

今では恒例となった

「W-KEYAKIZAKAの詩」が初披露されました。

ここで振りなどもメンバーとデモしましたが、

未だに最後の部分で

ペンライトをからにするのは

浸透していないみたいですけどね…笑

改めて振り返って思うこと

最後に今このように振り返って

改めて思うことを書きたいと思います。

当時はこのクリスマスライブは最高で

周りはみんな満足していました。

セットリストの順番が全く同じでも

曲数を考えたらしょうがない

と割り切ることもできました。

ただ、当時も今も唯一不満なのが

MCの部分です。

私は3公演全てに参加できたからこそ

これはわかることなのですが、

いくら曲数や時間が少ないにしても

3公演とも同じ内容のMCはさすがにないな

って思いました。

MCってライブだとかなり重要で

MCがグダグダするとどうしてもそのライブの

クオリティーは落ちると思うんです。

私のように3公演共入る人もいるわけなので

MCは工夫してほしかったなって思いますね。

とはいえ、それを差し引いても

この3公演は伝説の公演だと思います。

それはなぜかと言いますと、この時が

メンバーもファンも皆ベストな状態だからです。

平手友梨奈がニコニコ笑っている、

今泉佑唯も元気でニコニコ、

他のメンバーもコンディションが最高、

そして何よりファンも一番絶好調、

この時の状態を超えるライブは

この後に一度もないですからね。

私も含めて欅坂46を初期から知ってるファンは

多くがこのクリライ後に離れています。

そして、2017年は今泉佑唯が休養、

平手友梨奈も不調ということで

いい一年ではなかったと思います。

年が変わって2018年も

平手友梨奈のケガにより武道館公演は中止と

いい状態ではありません。

それらを考えると、当時のこのクリライは

私が思う限りは現段階での欅坂46の

ベスト且つ最高のライブだったと思います。

このクリライを超えるライブがあることを祈って

今後も今泉佑唯と共に欅坂46を

応援していきたいと思います。

というわけで、長くなりましたが、

有明コロシアムでのクリライの以前の感想と

今だから思うことを書いてみました。

なんだかんだ欅坂46があっての今なので

このまま終わってほしくはないのでね。

辛口なことも言いますが、

しっかり応援していきたいと思います。

次回はまた握手会レポの続きを

書いていきたいと思います。

公式サイトよりクリライ後の

漢字欅とひらがなけやき32人の集合写真です。

またこれを超えるライブが見れることを

本当に楽しみにしているし期待しています。

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。