Translate(翻訳):

【野球】意外と知らないポジション(英語)と番号、役割を動画も交えて解説!

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

私は野球が大好きではあるんですが、

野球のポジションや番号って

見ていてわからないってことありませんか?

野球をする際や観る際に

最低限ポジションのことがわからないと

困ると思うので、

野球のポジション(英語名)や番号を

それぞれの役割と共に解説していきますね。

その前に野球のルールを確認したい方は

下記記事より参照してください。

では、さっそく。

ポジション(英語)と番号、役割

野球には9つのポジションと番号があります。

それぞれの番号とポジション、

役割を解説していきますね。

番号1 : ピッチャー(投手)

野球と言えばピッチャーというくらい

野球では花形のポジションです。

プロの選手で言えば、

メジャーリーグに渡った大谷翔平選手などが

このポジションに当たります。

大谷投手はちょっと別格ではありますが、

速いストレートと鋭く変化する変化球を駆使して

相手打者を抑えていくのが

ピッチャーの役割です。

ピッチャーは各ポジションの中で唯一

試合をコントロールできるポジションです。

なぜならピッチャーが0点に抑えれば

試合に負けることはないですから。

それくらい重要なポジションで

誰もが憧れるポジションですね。

プロ野球や高校野球のように

テレビで中継される時には、

ほとんどピッチャーが映ってますから。

野球において非常に重要なポジションです。

番号2 : キャッチャー(捕手)

キャッチャーはピッチャーをリードして

試合を勝利へと導くポジションです。

キャッチャーは別名

「恋女房」と呼ばれることもあります。

それだけピッチャーとの信頼関係なども

キャッチャーが築いていく必要があります。

このポジションは頭脳も必要で

配球の組み立てやランナーを送球で刺すなど

ピッチャーの球を捕って返す以外に

非常に重要な役割を担います。

いくらピッチャーがいい球を放っていても

キャッチャーのリードが悪ければ

打たれることは大いにありますから。

ランナーが盗塁をしてきた際にも

捕球してからのステップと素早い送球で

ランナーをアウトにすることも

求められます。

プロ野球で言えば、

福岡ソフトバンクホークスの甲斐拓也選手が

強肩で盗塁を刺すのに定評があります。

このようにキャッチャーは

ピッチャーから信頼をされて、

ピッチャーに気持ちよく投げさせることが

求められる役割です。

番号3 : ファースト(一塁手)

ファーストは他の内野手が

ゴロなどをグローブに収め

その送球を捕球するポジジョンです。

捕球がメインのポジションなので、

外国人選手や長距離打者などの

あまり守備に自信のない選手も

守ることが多いポジションです。

ただ、実際はかなり難しいポジションです。

内野手からの送球って

いろんな送球があります。

例えば、

送球が高いもの、

ワンバウンドでくる送球、

送球が一塁ベースから逸れるもの、

など様々です。

外国人選手や長距離打者が守ることは多いのは

体が大きくて手足が長い方が

様々な送球にも対応しやすい

ということが挙げられます。

内野ゴロを捕球するということは

貴重なアウトカウントをもぎ取ることなので

ここがしっかりしていないと

ランナーを貯めて失点してしまう可能性も

あるポジションですからね。

直接ファーストに飛んできたゴロは

ピッチャーがベースカバーに入った際に

送球することもあるので、

簡単そうに見えて難しいポジションです。

番号4 : セカンド(二塁手)

セカンドは内野ゴロはもちろん

外野からの中継カットや二塁ベースカバーなど

様々な緻密な動きが要求されます

また、守備範囲の広さや肩の強さなども

求められるポジションではありますね。

特に守備範囲の広さというのは

ピッチャーを助けますから。

セカンドは小柄な選手も多く、

それは緻密な動きや細かいプレーは

小柄な選手の方がしやすいというのが

あるんですね。

打席では2番などの繋ぎで入ることが多く

バントなどの細かい攻撃の方でも

重宝されることが多いですね。

番号5 : サード(三塁手)

サードは三塁線の三遊間の鋭い打球を捕球して

ファーストへ捕球する役割です。

また、セーフティーバントや

三塁前への弱い打球なども素早く捌いて

ファーストでアウトにする必要もあります。

このポジションは反射神経の良さや

肩の強さが求められるポジションです。

プロ野球だとドッシリとした選手が

サードを守っていることが多いですが、

鋭い打球がきても後ろに逸らさずに

前で止めることも求められるので

そのためドッシリとした選手が守ることが

多いポジションでもあります。

番号6 : ショート(遊撃手)

ショートは内野の要と言われるポジションで

非常に守備において重要なポジションです。

セカンドと同様に

外野からの中継に入ったり二塁ベースカバーなど

緻密な動きが要求されます。

セカンドよりファーストへの距離が遠いことから

強肩であることも重要です。

何より守備力が最も必要なポジションで

ショートがしっかりしていることで

取れるアウトがかなり増えますから。

私が今でも一番すごいと思っているプレーで

福岡ソフトバンクホークスの今宮健太選手の

遠投があります。

ご覧になって頂けるとわかるように

普通なら抜けてレフト前ヒット、

もしくはショートへの内野安打を

アウトにしてしまったプレーです。

このプレー一つで試合の流れも変わるし

何より投手を助けます。

このように魅せることができるポジションは

ショートしかないでしょうし、

華のあるポジションでもありますね。

番号7 : レフト(左翼手)

レフトは三塁線の打球を捕球したり

左中間に抜けた打球を素早く処理して

走者の進塁を最小限に抑えるポジションです。

鋭いライナー性の当たりも多く

打球が上がった際の目測を誤ると

そのワンプレーで大きなピンチになるので

確実にきた打球を捕球することが

最も大事なポジションと言えます。

強肩だと犠牲フライの際に

補殺することもできるので、

可能ならば強肩であることが求められます。

番号8 : センター(中堅手)

センターは何より

守備範囲の広さを求められるポジションです。

ここもショートと同じで

センターの守備範囲が広いことで

取れるアウトが増えます。

特にセンターが捕球できない打球は

ほとんどが長打になるということなので

センターが取れるか取れないかは

試合の行方を大きく左右します。

センターが守備範囲が広いだけで

投手も思い切って投げることができるので

守備範囲が非常に重要です。

守備範囲が求められるということは

俊足である必要もあるので、

センターを守る選手は1番打者が多く

打線でも重要な役割を担うことが多いです。

もちろんこれで強肩なら尚良しなので

肩の強さも求められます。

左中間や右中間に飛んだ打球に対して

常に追いかけるので、

外野では最も打球が飛んでくるポジションです。

番号9 : ライト(右翼手)

ライトはレフトと同じで

ライトにきた打球やライト線の打球の処理に加え

レフトと比べると犠牲フライでの

バックホームでの送球が多いです。

そのため強肩であることが非常に重要で

送球の精度(本塁へのコントロール)も

求められるポジションです。

軟式野球とかですと、

守備が上手くない人が

ライトを守ることが多いので

楽なイメージがあるかもしれませんが、

プロレベルになってくると

結構奥の深いポジションです。

ライトの選手でバックホームへの送球が

低く矢のような球を返すと

レーザービームと言われたりします。

有名なのはイチロー選手や

現阪神タイガースの糸井選手ですね。

本塁への送球だけでなく、

セカンドへの進塁の際にも

レーザービームでアウトにすることはあるので

魅せることのできるポジションです。

各ポジション守備は奥が深い

このように各ポジションそれぞれに

役割があります。

改めてプロ野球選手の

守備の好プレーの動画です。

野球は攻撃と守備がありますが、

攻撃の流れは守備のリズムから作ることも

大いにあることなので非常に大切です。

ピッチャーのところでも触れたように

野球は点を取られなければ負けないので

守備力が一番重要です。

私は野球を観ることが大好きなので

改めて各ポジションの解説を

動画も交えながら解説しました。

野球はルールも複雑ではありますが、

まずは最低限ポジションを覚えて

野球を観るのもやるのも

楽しんで頂けたらと思います。

野球のルール一覧はこちら。

では☆

PS1.ピッチャーとキャッチャーの適正と向いている性格

PS2.内野手(ファースト、セカンド、サード、ショート)の適正と向いている性格

PS3.外野手(レフト、センター、ライト)の適正と向いている性格