Translate(翻訳):

【野球】ポジションの適正や性格は?役割とプロ選手の例も挙げて解説!【ピッチャー&キャッチャー(バッテリー)編】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は野球のポジションについて

それぞれの適正や向いている性格を

書いていきますね。

各ポジションの英語名と番号は

下記から参照してください。

では、さっそく。

各ポジションの適正と向いている性格

前回も書きましたけど、

野球には9つのポジションがあります。

今回はピッチャーキャッチャーについて

それぞれ書いていきます。

番号(数字)1 : ピッチャー(投手)

ピッチャーは

試合をコントロールできるポジション

と前回書きました。

ピッチャーは常に相手打者と対峙します。

適正としては、

  • 速いストレートを投げれる
  • 鋭い変化球を持っている
  • コントロールがいい
  • 先発投手ならスタミナもある
  • メンタルが強い

これらが備わっていることが必要です。

プロ野球で活躍しているピッチャーは

上記の項目の少なくとも3つは

満たしているはずです。

ピッチャーによって持ち味は違うので

全てを満たしている投手というのは

なかなか存在しませんが、

いいピッチャーには特徴があります。

例えば、プロの先発投手なら

  • 大谷翔平投手ならストレートが日本人最速で変化球も鋭い。
  • 菅野智之投手なら変化球が豊富で中でもスライダーが良くてコントロールが良い。
  • 則本昂大投手ならストレートが速くてスタミナがあって鋭いフォークボールで奪三振が取れる。
  • 菊池雄星投手はストレートが左腕最速で高速スライダーが持ち味で完投能力が高い。

などこの投手と言ったらこれ!

というものが必ずあります。

プロの中継ぎ(抑え)投手なら

  • サファテ投手は分かってても打てないストレートがある
  • 松井裕樹投手は鋭いスライダーとタイミングをずらすチェンジアップが持ち味
  • 山崎康晃投手なら右打者の手元で沈むツーシームが決め球

このように必ずわかってても打てない

ウイニングショットを持っています。

一流の投手にはそれぞれ特徴がありますが、

投手において一番大事なことは

メンタルの強さだと私は思います。

これらの素晴らしいボールを持っていても

相手打者に臆することなく投げれる

強靭なメンタルがなければ意味がありません。

プロレベルになってくると

相手打者も一流選手ばかりですから。

威圧感のある打者もたくさんいます。

それでも勝負しなければいけません。

投手に求められる性格は

負けず嫌いで図太い人です。

プロの投手になれば

絶対に打たれないなんてことはありえません。

ただ、それでいちいち凹んでいては

投手としてやっていけません。

そういう意味では図太さが必要です。

とはいえ、ずっと打たれていては

投手として役に立ちません。

打たれたとしても、

次は絶対に負けない、抑えてやる。

という負けず嫌いな性格も必要です。

投手は気持ちで負けないことが

一番大事なことですから。

マウンドに上がったら

『打てるもんなら打ってみろ!』

くらいの気持ちで投げましょう。

最終的な適正と性格としては、

『これと言った特徴を持っていること、

図太くて負けず嫌いな人』

これに該当する人はピッチャー向きですね。

番号(数字)2 : キャッチャー(捕手)

キャッチャーは恋女房とも呼ばれる

いわばピッチャーのパートナーです。

キャッチャーの適正としては、

  • ピッチャーと密なコミュニケーションをとれる
  • 頭がいい
  • 体格が大きい方が有利(最近は小柄でも可)

これらが備わっていることが必要です。

キャッチャーはピッチャーのパートナーですから

密なコミュニケーションをとる必要があります

それはピッチャーの投げたい球、

もしくはキャッチャーが要求した球を

ピッチャーに気持ちよく

投げてもらう必要があるからです。

ここにお互いの信頼関係がないと

サイン違いなどが起きたりして

ワイルドピッチやパスボールが起こります。

こうなるとピンチが拡大して

試合に負けてしまうこともあります。

こういうことがないように

日頃からコミュニケーションをとり

ピッチャーとの信頼関係を築いて

試合では気持ちよく投げさせることが

キャッチャーには求められます。

頭がいいというのは

勉強ができるとかの頭の良さではなく

状況判断や読み、

各選手のデータをインプットしとく、

このようなことです。

キャッチャーはピッチャーに

1球1球サインを送ります。

ピッチャーはそのサインに従って

要求されたボールを投げます。

その1球1球は場面ごとの状況を判断したり

先のことを見据えて要求をします。

それが間違った判断や読みだとしたら

投手が要求通り投げても

打たれてしまうことがあります。

このようなことを少なくするためにも

自チームの投手のデータや

相手打者の特徴やデータなどを

キャッチャーはインプットする必要があります。

これらのことは頭が良くないと

できないことですから、

キャッチャーには頭の良さも必要です。

体格に関しては、

昔は大きい方が良かったです。

それは本塁でのクロスプレーで

走者に体当たりをされても

ボールを落とさないように

ブロックする必要があって、

それには体格の大きい選手の方が

有利だったからです。

ただ、現在の野球では

コリジョンルールというルールが適用されていて

本塁を空ける必要があります。

これにより走者の体当たり、

キャッチャーのブロック行為は

なくなったんです。

それもあり最近では

小柄なキャッチャーもOKです。

小柄なキャッチャーは

盗塁をされた際に送球までのステップが早い

という傾向があります。

プロ野球選手で言えば、

福岡ソフトバンクホークスの甲斐拓也選手が

これに該当します。

前回も載せた動画ではありますが

ご覧になって頂けるとわかると思います。

このようなこともあるので

最近の野球では小柄な捕手も

全然問題ないですね。

最終的な適正と性格としては、

『ピッチャーと密なコミュニケーションをとり

頭がよく様々なデータをインプットして

臨機応変に状況判断やリードをできる人、

俺がピッチャーを引っ張る!

というキャプテンシーのある人』

これに該当する人はキャッチャー向きですね。

内野手と外野手の適正と向いている性格

ここまではバッテリーを組む

ピッチャーとキャッチャーについて

それぞれ書いてきました。

熱く書いてきましたので、

次回以降に内野手と外野手の

適正と向いている性格については

書いていきますね。

野球のルール一覧はこちら。

では☆

PS1.内野手(ファースト、セカンド、サード、ショート)の適正と向いている性格

PS2.外野手(レフト、センター、ライト)の適正と向いている性格