Translate(翻訳):

【野球】ポジションの適正や性格は?役割とプロ選手の例も挙げて解説!【レフト、センター、ライト(外野手)編】

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は野球のポジションについて

それぞれの適正や向いている性格を

書いていきますね。

各ポジションの英語名と番号は

下記から参照してください。

では、さっそく。

各ポジションの適正と向いている性格

前回も書きましたけど、

野球には9つのポジションがあります。

前々回はピッチャーとキャッチャー、

前回はファースト、セカンド、サード、

ショートの4つの内野手について

それぞれ書かせて頂きました。

それぞれのポジションの適正と

向いている性格については

下記記事をご覧ください。

今回は外野手の3つのポジション、

レフト(左翼手)、

センター(中堅手)、

ライト(右翼手)、

それぞれ書いていきます。

番号(数字)7 : レフト(左翼手)

レフトは三塁線の打球を捕球したり

左中間に抜けた打球を素早く処理して

走者の進塁を最小限に抑えるポジションです。

レフトの適正としては、

  • 素早く打球処理をできる選手(できれば強肩)
  • 打撃でチームに貢献できる選手

これらが備わっていることが必要です。

レフトの場合は打球処理は

レフトライン際から左中間になります。

いずれも間を抜けた打球や

フェンスまで到達したり

直接フェンスに当たる打球もあります。

これらの処理をいかに早くして

中継のセカンドやショートに送球できるかが

重要になってきます。

ここでもたついていると

二塁打が三塁打になってしまったり、

場合によってはランニングホームランで

直接失点に繋がることもあるからです。

強肩の方が中継に強い送球ができるので

強肩だと素晴らしいですね。

守備は他のポジションに比べると

少しこなすことが少ないです。

そういうこともあることから

レフトを守る選手というのは、

打撃でチームに貢献することが多いです。

横浜DeNAベイスターズの筒香選手のように

4番を打つ長距離打者もいれば、

福岡ソフトバンクホークスの中村選手のように

6番や7番でランナーを返したり

下位打線からチャンスメイクをするなど

ケースバイケースの役割を担う選手もいます。

このようにチームに対して

打撃への貢献度が高い選手が多い

ポジションでもあります。

最終的な適正と性格としては、

『素早く打球処理をできる人、

打撃で何かしらの貢献をできる人、

一見大雑把そうで機敏な動きができる人』

これに該当する人はレフト向きですね。

番号(数字)8 : センター(中堅手)

センターは守備範囲が広くて俊足巧打、

これらが求められるポジションです。

センターの適正としては、

  • 守備範囲が広い(打球判断や一歩目の早さ)
  • 強肩
  • 俊足巧打のチャンスメーカー的役割

これらが備わっていることが必要です。

中でも守備範囲が広いことが

一番ではないでしょうか?

センターの守備範囲だけで

本当に試合の勝敗が決まることもあります。

センターは左中間にも右中間にも

もちろんセンター後方や前方の打球など

外野に飛んできた打球には

高確率で追っかけます。

この時守備範囲が広いのはもちろんですが、

打球が上がった瞬間の打球方向の予測

大事になってきます。

これができないと一歩目が遅れてしまい

その一歩の差で間を抜かれたりします。

名手と呼ばれるセンターは

みんな一歩目が早いですからね。

強肩というのは言うまでもなく、

左中間や右中間に抜けた打球の返球や

犠牲フライの際のホームへの送球など

強肩であるメリットがたくさんあります。

この返球や送球一つで

流れが変わることもありますし、

球場の雰囲気も変えることができるので

強肩であるに越したことはないです。

打撃の方では1番打者だったり

上位打線に入ったりするなど、

俊足巧打な打者が多いです。

プロの選手で言うと、

埼玉西武ライオンズの秋山選手が代表例です。

秋山選手は適正を全て満たしていて

打撃ではファンはご存知の通り、

2015年に日本新記録となる

216安打を達成している素晴らしい選手です。

このレベルの1番打者になるのは

なかなか難しいですが、

秋山選手は理想の1番打者であり

センターフィールダーですね。

最終的な適正と性格としては、

『守備範囲が広く強肩、

俊足巧打のチャンスメーカータイプで

秋山選手のように真面目な性格の人』

これに該当する人はセンター向きですね。

番号(数字)9 : ライト(右翼手)

ライトはレフトと同じく、

一塁線の打球を捕球したり

右中間に抜けた打球を素早く処理して

走者の進塁を最小限に抑えるポジションです。

ライトの適正としては、

  • 素早く打球処理をできる選手
  • 強肩
  • 打撃でチームに貢献できる選手

これらが備わっていることが必要です。

基本的にはライトはレフトと同じ適正ですが、

強肩である必要があります。

ライトはレフトと違って

三塁までの距離があります。

レフトは三塁までの距離が近いので

余程の距離がない限りはレフトフライで

三塁にタッチアップされることはありません。

ただ、ライトフライの場合は定位置くらいだと

ランナーとライトの肩次第では

三塁にタッチアップされることがあります。

右中間やライト線に抜けた打球に対しても

処理が遅かったり肩が弱かったりすると

三塁打にされてしまうこともあります。

このようなことからライトの選手は

強肩であることが求められます。

プロの選手で言えば、

マリナーズのイチロー選手、

広島東洋カープの鈴木誠也選手、

阪神タイガースの糸井選手、

福岡ソフトバンクホークスの上林選手、

このように強肩のライトは多いです。

最終的な適正と性格としては、

素早く打球処理をできる人、

打撃で何かしらの貢献をできる人、

一見大雑把そうで機敏な動きができる人、

何より強肩な人』

これに該当する人はライト向きですね。

野球のポジション(英語と番号)まとめ

これまで複数の記事に渡って

野球の各ポジションについて

適正や向いている性格を解説してきたので、

ここで各ポジションの番号と

英語名と日本語名をまとめますね。

守備番号1 : ピッチャー(投手)

守備番号2 : キャッチャー(捕手)

守備番号3 : ファースト(一塁手)

守備番号4 : セカンド(二塁手)

守備番号5 : サード(三塁手)

守備番号6 : ショート(遊撃手)

守備番号7 : レフト(左翼手)

守備番号8 : センター(中堅手)

守備番号9 : ライト(右翼手)

9つのポジションそれぞれに役割があって

非常に楽しいスポーツです。

私は普段は福岡ソフトバンクホークスファンで

ホークスの試合結果の振り返りなども

行っています。

野球はルールが複雑で

少しわかりにくい部分もありますが、

まずはポジションだけでも覚えて

野球を楽しんで頂けたらと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

野球のルール一覧はこちら。

では☆