Translate(翻訳):

【野球のルール】初心者にわかりやすいように人数や基本の用語を簡単且つ具体的に解説

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

私は野球というスポーツが大好きで

プロ野球や高校野球などは

毎年盛り上がっていますよね。

私はプロ野球が主に好きですが、

高校野球も母校が甲子園に出たこともあるので

毎年気にして観ています。

ただ、野球のルールって

見ていてわからないことって結構ありません?

前回までポジションのことについて

いろいろと書かせて頂きましたが、

ルールがわからないとそれ以前の問題です。

なので今回から複数に渡って

野球のルールについて書いていきますね。

では、さっそく。

スポンサーリンク

野球の人数は?

そもそも野球って何人でするスポーツ?

って話から始まる人いると思います。

野球は9人でするスポーツです。

この9人にはそれぞれポジションがあり

9人がそれぞれ決まったポジションについて

行うスポーツです。

野球のポジション

野球が9人でするスポーツとわかりました。

では、それぞれのポジションとは

一体何なのでしょうか?

ポジションは簡単に書くと、

  1. ピッチャー
  2. キャッチャー
  3. ファースト
  4. セカンド
  5. サード
  6. ショート
  7. レフト
  8. センター
  9. ライト

これら9つのポジションがあります。

図で表すとそれぞれこの位置で

各ポジションの選手は守ります。

出典:『Wikipedia

各ポジションの名称は

野球の用語としては最低限覚える必要があるので

しっかり覚えましょう。

各ポジションの詳細については下記記事を

参照してください。

ポジションまで覚えたら

次は野球の流れについてです。

野球の流れ(具体例)

野球は2チームそれぞれ9人ずつ

攻撃と守備を繰り返します。

先攻チームは表の攻撃

後攻チームは裏の攻撃

このようになっています。

攻撃はそれぞれ9回まで繰り返し

共に9回攻守を繰り返し終わった段階で

1点でも多く得点してた方が勝利です。

言葉だけだとわかりにくいと思うので

実際のスコア表を出します。

1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
楽(表) 0 0 0 1 0 2 0 0 0 3 8 1
ソ(裏) 0 2 2 0 0 0 1 0 × 5 7 0

これは2018年4月17日に行われた

プロ野球の公式戦である

『ソフトバンクホークスvs楽天イーグルス』

のスコア表です。

楽=楽天イーグルス

ソ=ソフトバンクホークス

こう見て頂ければ大丈夫です。

今回はわかりやすく

1回、2回、3回、…。

先攻の楽天が表の攻撃、

後攻のソフトバンクが裏の攻撃、

と表記しておきました。

例えば、このスコア表を見てみると

楽天の1回表の得点は0点

ソフトバンクの3回裏の得点は2点

このようなことがスコア表からわかります。

また、各回のことを『イニング』

ということもあります。

1イニング目、2イニングス目…

とこのような感じです。

ちなみに、

計=9回を終えての得点の合計

安=各チームが打ったヒット数(次回以降の記事で紹介します)

失=各チームがした失策(エラー)数(次回以降の記事で紹介します)

こう見てください。

この試合で言えば、

楽天イーグルスが挙げた得点は3点、

ソフトバンクホークスが挙げた得点は5点、

つまり後攻のソフトバンクホークスの勝利です。

9回のソフトバンクのスコアは

『×』となっていますよね?

9回表を終わった段階で

後攻チームの方が得点が多い場合は

後攻チームの9回裏の攻撃はせずに

試合終了となります。

そのためスコア表には『×』が記入されます。

これが具体的な野球の試合の流れですね。

野球のルールと用語まとめ

今回は野球のかなり基礎的な部分を

解説してきました。

ここでもう一度おさらいとして

まとめておきますね。

  • 野球の人数は9人。
  • 野球のポジションは9つ(ピッチャー、キャッチャー、ファースト、セカンド、サード、ショート、レフト、センター、ライト)ある。
  • 先攻(表の攻撃)と後攻(裏の攻撃)がある。
  • 野球は9回(9イニングとも言う)攻守を繰り返して得点が多かった方が勝利。

これらのことを今回は覚えて頂ければ

大丈夫です。

もちろんこれだけでは

まだまだ分からないことが多すぎると思うので、

順を追って追記で説明していきます。

野球のアウトの取り方を解説しました。

最近の野球漫画のおすすめ

プロ野球や高校野球もいいですが、

オフシーズンだとやっていません。

そんな時に役に立つのが漫画です。

私は普段はそこまで漫画は読まないですが、

野球が好きになったきっかけって

漫画だったんですよ。

結構有名な漫画だと思いますが、

満田拓也さんが作者の人気野球漫画

『MAJOR』です。

私がこの漫画を知ったきっかけは

野球が大好きな父親がある日いきなり

『MAJOR』を大人買いしてきたんです。

「面白いから読んでみろ」

って言われて読んでみたら

かなり面白かったんですよ。

この漫画を読み始めた頃は

まだ野球のルールも詳しくないし

そこまで野球は好きではなかったんですが、

この漫画を読んで野球を詳しくなったし

野球がすごい好きになりました。

最近だと『ダイヤのA』も有名ですね。

『ダイヤのA』も面白いですが、

初心者が野球の楽しさやルールを学ぶなら

私は『MAJOR』がおすすめですね。

『MAJOR』で野球のことに詳しくなったら

『ダイヤのA』を読んでみると

より理解が深まるし面白いと思います。

もちろんどちらもおすすめの漫画なので、

まずは野球を観ることより

漫画で野球に触れたいという方は

読んでみるといいと思います。

というわけで、今回は以上になります。

野球のことについては

今後どんどん書いていきますので、

気に入って頂けたらブックマークや

読者登録をして頂けると励みになります。

https://milkychun.net/page-1576/

では☆



シェアもして頂けると嬉しいです!