Translate(翻訳):

【野球のルール】初心者や子供用に正式試合(コールドゲーム)と無効試合(ノーゲーム)の解説

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

私は野球というスポーツが大好きで

プロ野球はほぼ毎日観ています。

私は大好きで毎日観てるので

ルールはよくわかっていますが、

野球のルールって複雑で

実際にプレー経験がある人や

よく野球を観てる人でも

わからないことって多々あります。

当ブログではその辺りのことを

わかりやすく解説していきます。

前回は試合前練習やスコアのパターンを

解説したので、

気になる方は下記記事より参照してください。

今回は正式試合の中のコールドゲームと

無効試合、それぞれのパターンについて

解説していきますね。

では、さっそく。

野球における正式試合とは?

まず野球における正式試合とは

以下のことを指します。

  • 9イニング全てを終了(後攻チームがリードしていて9回裏の攻撃が必要ない場合も含む)
  • コールドゲームが設定されていて、審判がコールドゲームを宣告した場合
  • 延長戦で決着がついた場合(先攻チームがリードしても後攻チームがリードしてもどちらも可)
  • 引き分けが設定されている場合は引き分けも可

つまり、試合が勝敗がつく、

もしくは引き分けという形で終えれば

正式試合となります。

さて、ここで『コールドゲーム』という

見慣れない言葉が出てきたので、

解説していきますね。

野球におけるコールドゲームとは?

コールドゲームとは以下のように

記されています。

何らかの理由により、審判員が打ち切りを命じた試合のことである。

引用元 : Wikipedia

この何らかの理由については

野球ではいくつかあります。

  • 5回以降10点差
  • 7回以降7点差
  • 天候不良により途中でコールドゲーム

このように様々な例があります。

それぞれの場合のスコアボードを

実際に例として挙げていきますね。

野球におけるコールドゲームの例(5回10点差)

例えば、先攻のAチームが

5回裏を終えた時点で10点差以上をつけて

リードしていた場合はこうなります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
A 4 5 8 2 0 19
B 1 0 0 2 0 3

この場合は5回裏で試合は打ち切りで

Aチームのコールド勝ちとなります。

Bチームが5回表を終えた時点で

10点差以上をつけていた場合は

こうなります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
A 0 0 0 0 0 0
B 2 3 5 1 × 11

5回裏の攻撃は行わずに

Bチームのコールド勝ちとなります。

後攻のBチームが4回裏を終えた時点で

10点差はついておらず、

5回裏に得点を挙げて10点差になった場合は

その時点でBチームのコールド勝ちとなり

その時のスコアはこうなります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
A 0 0 0 0 0 0
B 1 0 4 2 10

野球におけるコールドゲームの例(7回7点差)

7回7点差でもパターンは同じです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
A 4 0 2 0 0 9 0 15
B 0 0 0 5 0 1 2 8

この場合は7回裏を終了した時点で

Aチームのコールド勝ちです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
A 0 0 0 0 0 0 0 0
B 0 2 2 1 1 1 × 7

この場合は7回表終了時点で

Bチームのコールド勝ちです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
A 0 0 0 0 0 0 0 0
B 0 2 0 1 1 1 7

この場合は7回裏にBチームが

7点差にした段階で試合終了となり、

Bチームのコールド勝ちとなります。

野球における天候不良でのコールドゲーム

これはプロ野球の屋外球場での試合で

たまにあります。

特に何回までということはなく、

これ以上試合続行は不可能と判断された段階で

審判がコールドゲームを宣告します。

この場合はその時点でリードしてたチームが

コールド勝ちとなります。

ただし、プロ野球の場合は

  • 先攻チームがリードしてれば5回裏
  • 後攻チームがリードしてれば5回表

このイニングを終えていなければ

コールドゲームではなくノーゲームとなり

無効試合となります。

野球における無効試合とは?

野球における無効試合とは、

先ほどの天候不良なども含む

何らかの理由により試合続行不可能と

判断された試合のことを指します。

『ノーゲーム』と言うこともあります。

先ほど記載をした通り、

プロ野球の場合は最低でも5回を終えないと

試合が成立したことにはならず、

試合途中であっても

無効試合となることもあります。

野球における正式試合と無効試合のまとめ

今回は正式試合の中のコールドゲームと

無効試合、それぞれのパターンについて

解説してきました。

ここでもう一度おさらいとして

まとめておきますね。

  • 正式試合は9回だろうと延長だろうと決着がつく試合のこと。
  • コールドゲームとは点差や天候などにより審判が打ち切りを命じる試合のこと。
  • 無効試合は試合続行と判断された試合でプロ野球の場合は5回までに中断した試合はノーゲームに該当する

これらのことを今回は覚えて頂ければ

大丈夫です。

基本は試合は正式試合となることが多く、

高校野球の予選などではコールドゲームも

見られることが多々あります。

覚えることというよりは

こういう風に言うんだ…笑

くらいに思って頂ければ大丈夫です。

次回はもう少し試合に関する詳細を

解説していきますので、お楽しみに!

野球のことについては

今後どんどん書いていきますので、

気に入って頂けたら

ブックマークをして頂けると励みになります。

野球のルール一覧はこちら。

では☆