【野球】守備位置の番号や英語と適性や特徴とコツや上達法を解説!

野球の守備位置ってたくさんあって

それぞれのポジションのことが

よくわからない方も多いですよね。

今回は野球の守備位置について

様々なことを解説していきますね。

では、さっそく。

スポンサーリンク

野球の守備位置の番号や英語

野球にはます9つの守備位置があります。

番号守備位置(英語)
1ピッチャー
2キャッチャー
3ファースト
4セカンド
5サード
6ショート
7レフト
8センター
9ライト

高校野球などを思い浮かべると

わかる方もいるかもですが、

それぞれのポジションの選手は

一桁の番号をそれぞれ付けています。

高校野球ではピッチャーは1番、

キャッチャーは2番などと決まっています。

背番号は必ずしもそうではないですが、

各ポジションの番号は上記のようになってるので

覚えておくといいでしょう。

各ポジションの詳細については

下記記事からご覧になってください。

野球の守備位置の適性や特徴

9つのポジション、

  • ピッチャー
  • キャッチャー
  • ファースト
  • セカンド
  • サード
  • ショート
  • レフト
  • センター
  • ライト

それぞれのポジションには

適性や特徴があります。

この9つのポジションは大きく分けて

3つに分類することができます。

  • ピッチャーとキャッチャーの選手 : バッテリー
  • ファースト、セカンド、サード、ショートの選手 : 内野手
  • レフト、センター、ライトの選手 : 外野手

バッテリー、内野手、外野手では

それぞれ適性や特徴が全然違います。

下記記事よりそれぞれ細かく述べてるので、

興味ある方は是非読んでみてください。

野球の守備のコツや上達法(練習法)

守備が上手くなるためには

とにかく練習をする必要があります。

野球は点取りスポーツですから、

点数を与えなければ負けることはないです。

そのためにも守備力が大事なんですよ。

野球は投手と打者に目が行きがちですが、

守備でファンを魅了する選手もたくさんいます。

<埼玉西武ライオンズ 源田壮亮選手>

<埼玉西武ライオンズ 秋山翔吾選手>

<福岡ソフトバンクホークス 上林誠知選手>

守備力があれば1点を防げるので、

守備力を甘く見てはいけません。

ただ、なかなか守備練習ができなかったり

コツや上達法がわからない人もいるでしょう。

守備を上達させるには、

  • 各ポジションに合った上達法(練習法)
  • 腕のあるノッカー

この2つが必要不可欠です。

実際に私がおすすめの方法を紹介してるので、

興味ある方は下記からそれぞれご覧ください。

野球の守備位置についてのまとめ

野球の守備位置について

様々なことを解説してきました。

野球は他のスポーツと比べると

ルールは結構複雑ではありますけど、

覚えると非常に楽しい競技ですから

当ブログが少しでも参考になっていれば

私としては幸いです。

では☆

スポンサーリンク

人気の関連記事(一部広告)