野球のキャッチャー(キャッチング,スローイング)のコツ&練習法を動画で紹介!

今回は野球のキャッチャーのポジションにおける

キャッチングとスローイングのコツや練習法を

紹介していきますね。

では、さっそく。

キャッチングのコツや練習法

キャッチャーとして大事なキャッチング、

このキャッチングの技術次第で

審判の判定が変わることもあります。

まず、キャッチングの基本としては、

「ミットが流れないようにすること」

これが基本中の基本です。

とにかく大事なことなのでもう一度言います。

「ミットが流れないようにすること」

これが基本中の基本です。

悪い例としては、

「左肘が下がった状態でインコースを捕る」

これをやってしまうと、

インコースにボールが抜けてきた際に

ミットが後ろに流されてしまいます。

そうなるとコースはストライクだとしても

審判にストライクと言われません。

左肘が下がった状態だと

アウトコースにボールが来た際に

ミットが外側に流されます。

これではどうしようもないので、

ミットが流されないようにしましょう。

ミットが流されずに動かない状態は、

実際のプロ野球選手のキャッチングを

見て頂ければ幸いです。

スローイングのコツや練習法

スローイングは、

  1. 左膝を二塁方向へ倒す(コースにもよるが、小さくステップを入れられたら入れる)。
  2. 右足を二塁方向へ垂直になるように小さく一歩前へ素早く踏み出す。
  3. 左足を二塁方向へステップして送球する。

このステップで成り立っています。

今年スローイングでファンを沸かせたのは

『甲斐キャノン』で有名となった

ソフトバンクホークスの甲斐拓也選手です。

甲斐選手のようなプロ野球選手は、

  1. 左膝を二塁方向へ倒す(コースにもよるが、小さくステップを入れられたら入れる)。
  2. 右足を二塁方向へ垂直になるように小さく一歩前へ素早く踏み出す。
  3. 左足を二塁方向へステップして送球する。

この1と2の動きを省いて

3の動きのみで盗塁を阻止します。

プロ野球選手レベルだと

それくらいのことも可能ですが、

少年野球や中学野球レベルまでは

しっかり一連の動きをすることが大切です。

そうしないとケガのリスクもありますから。

スローイングの基本については、

実際に元プロ野球選手が教えているので

こちらの動画をご覧ください。

野球のキャッチャー(キャッチング,スローイング)のコツ&練習法のおすすめDVD教材

そうは言ってもこれだけでは

キャッチングやスローイングを

完璧にマスターできません。

本気でもっと上達させたいなら

しっかりした教材がないと身につきません。

下記記事では実際にキャッチャーとしての

様々な技術を習得できるDVD教材を

紹介していますので、

興味がある方は参考にしてください。

キャッチングやスローイングは

キャッチャーとしての基本ですから、

是非参考にして頂いて

もっと野球が上手になって頂ければ幸いです。

では☆