野球のキャッチャー(サイン,配球)の基本やコツと練習法を紹介!

今回は野球のキャッチャーのポジションにおける

サインや配球について紹介していきますね。

では、さっそく。

スポンサーリンク

キャッチャーのサインの基本と全体のサインの数

キャッチャーとピッチャーの

いわゆる”バッテリー間”のサインは、

「ピッチャーの数」だけあります。

これはそれぞれのピッチャーに応じて

サインが異なるため、

ピッチャーの数だけサインがあります。

プロ野球クラスになると

一つのチームにピッチャーは数十人いるので、

その数だけサインがあることになります。

サインと言うと、

チーム単位でもサインがあります。

  • 送りバント
  • 盗塁
  • ヒットエンドラン
  • 待て
  • フィニッシュサイン
  • スクイズ
  • セーフティーバント
  • プッシュバント
  • バスター
  • ランエンドヒット
  • ヒットエンドラン
  • バントエンドラン
  • ダブルスチール
  • バスターエンドラン
  • セーフティースクイズ
  • ディレードスチール
  • 取り消し
  • 偽装スクイズ

思いあたるだけでもこれだけあります。

守備の際はベンチからのサインを

キャッチャーが受け取って、

キャッチャーから守備陣に

サインを伝達することもあるので、

キャッチャーにおいてサインは重要です。

キャッチャーの良い配球とは?基本を紹介!

キャッチャーはピッチャーにサインを出して

配球を組み立てます。

ずばり良い配球とは、

『打者を打ち取れる可能性が高い配球』です。

どこに投げれば絶対打ち取れる

ということはあり得ないですが、

打ち取れる可能性の高い配球はあります。

打ち取れる可能性の高い配球とは、

  • 打者が的を絞りづらい
  • 打者を翻弄する配球をする

主にこの2つです。

打者が次に投手がどこに投げてくるか

わからない配球だったり、

打者がキャッチャーの描いた通りに

打ち取られていく配球です。

もちろんピッチャーとの共同作業なので、

  • ピッチャーの能力(球種や球速)と状態(調子)
  • 打者の能力やデータ(得意コースや苦手コース)
  • 試合展開

これらが絡んできます。

いくらいい配球をしようと思っても

ピッチャーが思った通りに投げなかったり、

打者の能力やデータ次第では

なかなか上手くいきません。

ピッチャーにもプライドがあるので、

『投げたい球を投げさせる配球』もあります。

これはピッチャーが伸び伸び投げれるので

ピッチャーによってはおすすめです。

ただ、やはりキャッチャーが

良い配球をわかっていないと

どうしようもないですから、

配球の勉強は絶対にすべきですね。

野球のキャッチャー(サイン,配球)のコツ&練習法のおすすめDVD教材

そうは言ってもこれだけでは

サインや配球を完璧にはマスターできません。

本気でもっと上達させたいなら

しっかりした教材がないと身につきません。

下記記事では実際にキャッチャーとしての

様々な技術を習得できるDVD教材を

紹介していますので、

興味がある方は参考にしてください。

サインや配球もキャッチャーとして

絶対に必要な要素ですから、

是非参考にして頂いて

もっと野球が上手になって頂ければ幸いです。

では☆

スポンサーリンク

人気の関連記事(一部広告)