【野球】盗塁とは?スタートのタイミングやタイムアップのコツを紹介!

本日の人気セレクション

今回は野球における盗塁について

解説していきますね。

では、さっそく。

野球の盗塁とは?

盗塁の定義は以下のようになっています。

盗塁(とうるい)は、野球における攻撃側走者の進塁方法の一つ。走者が、安打、刺殺、失策、封殺、野選、捕逸、暴投、ボークによらないで、1個の塁を進んだときに盗塁が記録される[1]

引用元 : Wikipedia

  • 一塁に出塁したランナーが二塁を盗むこと
  • 二塁ランナーが三塁を盗むこと

これらを盗塁と言います。

プロ野球選手には盗塁の上手な選手が

数多く存在します。

盗塁は攻撃手段の一つであり、

非常に有効的な戦術です。

盗塁のスタートのタイミングやタイムアップのコツ

盗塁はただ足が速いだけでは成功しません。

プロ野球選手でも足が速い選手はいますが、

その中で盗塁が上手い選手は

ほんの一握りです。

盗塁のスタートを切る際に

大事なことが2つあります。

  • 盗塁でスタートをする際に体が突っ立ってしまうとスピードが乗りにくいので、低い姿勢のままスタートを切ること
  • 頭の位置を変えずにスタートを切れるとスピードに乗れる

この2つを意識することで

盗塁のスピードアップにも繋がります。

プロ野球選手も低い姿勢のまま

頭の位置を変えずにスタートを切って

加速している選手が多いです。

そして、盗塁のタイミングですが

『行ける!と思った時に勇気を持ってスタートする』

これが非常に大切です。

盗塁で最も大切なことは

『勇気』と言われてるくらいですから、

自信を持ってスタートを切ることが重要です。

失敗したらどうしよう…

という考えもわかりますが、

そんなネガティブな考えでは

なかなかいいスタートも切れません。

自分に自信を持って

「絶対に盗塁を成功させる!」

という強い意志を持って盗塁はしましょう。

ファイターズの西川選手のように

高い盗塁成功率を目指して、

日々練習をしていきましょう。

野球の盗塁のコツ&練習法のおすすめDVD教材

そうは言ってもこれだけでは

盗塁を完璧にはマスターできません。

本気でもっと上達させたいなら

しっかりした教材がないと身につきません。

下記記事では実際に盗塁の様々な技術を

習得できるDVD教材を紹介していますので、

興味がある方は参考にしてください。

盗塁技術は足の速い選手には

絶対に必要な要素ですから、

是非参考にして頂いて

もっと野球が上手になって頂ければ幸いです。

では☆