野球のピッチャーの投げ方(ピッチングフォーム)やコントロールのコツを紹介!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は野球のピッチャーにおける

投げ方やコントロールのコツについて

紹介していきますね。

では、さっそく。

ピッチングフォームにおける軸足の役割

ピッチャーにおいて軸足の使い方は

非常に大切になってきます。

軸足の使い方がしっかりしていないと、

  • コントロールが安定せず、不安定な投球になる
  • 球速が出ない
  • 調子の波が激しくなる

このように良くないことが多いです。

軸足を安定させることで

いい投げ方(ピッチングフォーム)になるので、

しっかりマスターしていきましょう。

軸足の使い方をマスターすることでコントロールも良くなる!

いいピッチングフォームをマスターするには、

「軸足にタメる」ことが大切です。

これは軸足の股関節にシワができるくらい

体重をかけていくことです。

これは実際に動画をご覧頂くと

イメージしやすいと思います。

【野球少年必見!】 岩隈久志が伝授する、素人でも剛速球を投げる秘訣とは? 「ポイントは軸足の使い方!」

軸足の股関節に体重をかけることは

非常に重要なことです。

これをしっかりすることで

ピッチングフォームが安定してきて、

コントロールも良くなってきます。

軸足が上手く使えずにコントロールを乱すピッチングフォーム

軸足が上手く使えないピッチングフォームは

3つあります。

  1. 膝が折れるピッチングフォーム : 抜け球が多くなったり、腕の振りが安定しなくなる。そうなることでピッチャーとしての生命線であるコントールがなくなり、球速も落ちます。
  2. 骨盤の向きが早く変わってしまうピッチングフォーム : 力がかからず、力が抜けやすくなり骨盤の向きが変わってしまいます。
  3. 軸足の膝が割れる(外側に動く)ピッチングフォーム : 投球の際に次の動作に移り辛くなり、その途中で開く影響が出てきてしまいます。

それぞれデメリットはありますが、

どれも投手として致命傷になります。

いずれかに当てはまってしまう投手は

今すぐ矯正していきましょう。

野球の投げ方(ピッチングフォーム)やコントロールのコツ&練習法のおすすめDVD教材

そうは言ってもこれだけでは

投げ方(ピッチングフォーム)やコントロールを

完璧にはマスターできません。

本気でもっと上達させたいなら

しっかりした教材がないと身につきません。

下記記事では実際にピッチングフォームや

コントロールの様々な技術を

習得できるDVD教材を紹介していますので、

興味がある方は参考にしてください。

ピッチングフォームや軸足の使い方は

ピッチャーに絶対に必要な要素ですから、

是非参考にして頂いて

もっと野球が上手になって頂ければ幸いです。

では☆