【野球】ピッチングの手首の使い方や体重移動のコツや練習法(動画)を紹介!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は野球のピッチングにおける

手首の使い方や体重移動のコツや練習法を

紹介していきますね。

では、さっそく。

ピッチングにおける手首や腕の使い方

理想的な手首や腕の使い方をして、

リリースの瞬間にパワーを伝える方法は

以下のようになっています。

  1. 肘が前に出ていく(胸が十分に張りながらホーム方向を向く。投げる腕は自然と肘から出てくること。)
  2. 肘を支点として前腕を振り始める(肘が耳付近を通過して、肘が支点になって前腕を振り始める。同時に、グラブ側の腕をひねりながら抱え込んでいくことで、さらに腕の振りが加速すること。)
  3. 肘が伸びていく(前腕を振ることで肘が伸びていく。伸び切る寸前に前足より前の位置でそれまで曲げていた手首を伸ばしていく。手首を伸ばしつつ人差し指と中指でボールを押し出すこと。)
  4. リリース(手首が伸ばし人差し指と中指でボールを押し切ってリリースすること。)

実際にメジャーリーガーである

ダルビッシュ投手の動画を見ると

非常にわかりやすいです。

ピッチングにおける手首や腕の使い方で注意すること

手首や腕の使い方で注意すべき点を

いくつか紹介しておきます。

  • 手の甲をバッターや三塁方向に向けて肘を上げられているかどうか(これを意識することで、肩や肘への負担が減ります)
  • テイクバックの腕の軌道(最も自分が投げやすい「トップ」の位置を作ることが大切)
  • 胸の動きを使えているかどうか(グラブ側の腕を巻き込む動作をすれば、胸を閉じるパワーが腕に伝わり効果的)
  • ステップをして腰を前に押し込めているかどうか(腰を前に押し込むことで、しっかりとパワーが伝わる)

これらのことを注意して、

手首や腕の使い方の参考として頂ければ

私としては幸いです。

ピッチングにおける体重移動のコツ

体重移動がしっかりできていないと

いいボールが投げられないというくらい、

ピッチングにおいて体重移動は重要です。

軸足の使い方の詳細については

下記記事をご覧ください。

体重移動のコツとしては、

まずは軸足でしっかり立つことです。

軸足でしっかり立ててないまま投球をすると、

体重の乗った力のあるボールは投げれないです。

軸足でしっかり立つための練習として、

「軸足に5秒前後体重を乗せてから投球する」

という練習方法があります。

これを繰り返すことで

嫌でも感覚が慣れてきて、

軸足でしっかり立てるようになります。

軸足でしっかり立てるようになったら、

フィニッシュは自由な足で立てるようにする

これが大切です。

これは次のことを意識する必要があります。

  1. 軸足側に乗せた体重を「一・二・三」とバウンドするようにしながら一気に投げる
  2. 後ろ足の膝が内側を向きすぎると、回転円が小さくなってしまいパワーが十分に伝わらないので注意

この2つをしっかり意識しながら

最後は自由な足で立ってフィニッシュです。

ただ、これは下半身を鍛えないと

なかなかできることではないです。

よくピッチャーに対して

「下半身をしっかり鍛えてこい」

と言うのはこれも理由の一つです。

ピッチャーは下半身が強くないと

なかなかできないポジションですから、

体重移動をしっかりやるためにも

下半身は鍛えていきましょう。

体重移動に関しても

ダルビッシュ投手の動画は参考になるので、

ご覧になってくださいね。

ピッチングの手首の使い方や体重移動のコツと練習法のおすすめDVD教材

そうは言ってもこれだけでは

ピッチングにおける手首の使い方や

体重移動のコツや練習法を

完璧にはマスターできません。

本気でもっと上達させたいなら

しっかりした教材がないと身につきません。

下記記事では実際に、

ピッチングにおける手首の使い方や

体重移動のコツや練習法を

習得できるDVD教材を紹介していますので、

興味がある方は参考にしてください。

ピッチングにおける手首の使い方は

ピッチャーに絶対に必要な要素ですから、

是非参考にして頂いて

もっと野球が上手になって頂ければ幸いです。

では☆