【野球】バッティングの手首の使い方や体重移動のコツや練習法(動画)を紹介!

今回は野球のバッティングにおける

手首の使い方や体重移動のコツや練習法について

解説していきますね。

では、さっそく。

バッティングの手首の理想的な使い方

バッティングの手首の使い方ですが、

結論としては

「手首はできるだけ使わない」

これが望ましいです。

この理由としては、

手首を使わなくてもバットのヘッドは

勝手に返るからです。

手首を使わずにグリップを出せば

ヘッドが残ることになります。

そうなるとスイング距離も大きくなるので、

手首はあまり使う必要はありません。

強いスイングを生むためには

手首を使わないようにしましょう。

バッティングで手首を自ら返すとどうなる?

バッティングで自ら手首を返すと、

  1. 手打ちになってしまったりして、バッティングの一連の流れを止めてしまう
  2. 弱いゴロなどが多くなり、インパクトが弱くなってしまう

これらの弊害が生まれます。

ヘッドもすぐ下がってしまいますから

ボールに当たりにくくもなります。

こういうこともあるので、

手首はなるべく使わないようにしましょう。

バッティングの体重移動のコツ

体重移動のコツの前に

重心移動との違いを紹介します。

  • 体重移動 : 左右の足にかかる体重の割合を変えること
  • 重心移動 : 体の重心を移動させること

これはよく混同しがちですから

しっかり違いを把握しておきましょう。

この違いを踏まえた上で、

体重移動のコツを2つ紹介します。

  1. ステップの際に体重移動をすること
  2. 投手側の足(右打者は左足、左打者は右足)を内捻させること

この際に、つま先を開かずに

内側に体重をかけると自然に投手側の足を

内捻させることができます。

そうすることで投手側へ体が流れずに

壁を作ることができます。

バッティングの壁の画像はこちら

つま先が投手の方へ向いてしまうと、

膝がつま先の方へ流れてしまいます。

そうすると上半身も投手の方へ流れて

体重移動ができなくなるので、

そうならないようにしましょう。

体重移動をする際に

打者にとって適切なステップ幅があります。

それは、

肩幅より少し広いくらいと言われています。

あまりステップ幅を広げてしまうと

体重移動が難しくなるので、

そこは注意してくださいね。

バッティングの体重移動などは

プロ野球選手の動画も参考になるので、

実際にご覧になってください。

バッティングの手首の使い方や体重移動のコツと練習方法のおすすめDVD教材

そうは言ってもこれだけでは

バッティングの手首の使い方や

体重移動の基本は完璧にはマスターできません。

本気でもっと上達させたいなら

しっかりした教材がないと身につきません。

下記記事では実際に、

バッティングの手首の使い方や体重移動のコツと

練習方法を習得できるDVD教材を

紹介していますので、

興味がある方は参考にしてください。

バッティングの手首の使い方や体重移動の基本は

バッティングに絶対に必要な要素ですから、

是非参考にして頂いて

もっと野球が上手になって頂ければ幸いです。

では☆

人気の関連記事(一部広告)